« octobre 2010 | Accueil | décembre 2010 »

30/11/2010

今日の野良鳥(11月30日)

アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
ビンズイ
ビンズイ
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/11/2010

今日の野良鳥(11月29日)

アオジ
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes
ジョウビタキ ジョウビタマじゃなくて、ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ ゴジュウカラ、Sitta europaea

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

27/11/2010

今日の野良鳥(11月27日)

ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。木漏れ日が当たりスポットライト状態。
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni
アトリ
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。ヘビーローテーションだけど書いてなかったが、こっちが♂。
マヒワ マヒワの♀。
マヒワ マヒワの♂と♀。
マヒワ
マヒワ すぐ近くで1羽だけで水を飲んでた。「ファミリー」の結束が堅いマヒワなのに。
マヒワ ひわのしり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26/11/2010

今日の野良鳥(11月26日)

ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ ゴジュウカラ、Sitta europaea

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/11/2010

今日の野良鳥(11月25日)

ヒシクイ
ヒシクイ ヒシクイ、Anser fabalis。亜種のオオヒシクイ。
マガン マガン、Anser albifrons
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
ホオジロガモ
ホオジロガモ
ホオジロガモ ホオジロガモ、Bucephala clangula。♂。
ホオジロガモ ホオジロガモの♀。
ミヤマガラス
ミヤマガラス
ミヤマガラス ミヤマガラス、Corvus frugilegus
コクマルガラス
コクマルガラス
コクマルガラス
コクマルガラス コクマルガラス、Corvus dauuricus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/11/2010

今日の野良鳥(11月24日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。ここんとこ2・3時間コースばかりなので、近場が多く、クロジ、ゴジュウカラ、マヒワのヘビーローテーションになってる。で、クロジだが数が減っているようで、今日、現れたのは1羽だけ。陽のあたり具合で微妙に色が変わってるけど。
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。遠くで水を飲んでたけれど、ケツを向けたまま。でもひさしぶり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/11/2010

今日の野良鳥(11月23日)

ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の紅葉(11月23日)

紅葉
紅葉
紅葉

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/11/2010

今日の紅葉(11月22日)

紅葉

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/11/2010

今日の紅葉(11月21日)

紅葉
紅葉

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(11月21日)

コガラ コガラ、Parus montanus
ミソサザイ ミソサザイ、Troglodytes troglodytes
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/11/2010

今日のトンボ(11月20日)

オオアオイトトンボ
オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/11/2010

今日の野良鳥(11月19日)

アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/11/2010

今日の野良鳥(11月18日)

 今日もゴジュウカラ、Sitta europaea。というか、ゴジュウカラだけ。
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/11/2010

今日の野良鳥(11月17日)

ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ ゴジュウカラ、Sitta europaea

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

16/11/2010

今日の野良鳥(11月16日)

ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
アトリ・マヒワ アトリと手前のはマヒワ。
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
アトリ・マヒワ マヒワとアトリ。
マヒワ
マヒワ マヒワの団体さん、、、、の一部。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/11/2010

今日の野良鳥(11月15日)

カケス
カケス
カケス カケス、Garrulus glandarius。近所の公園でドングリを集めていた。熊森真理教に盗られる前に、集めて蓄めこんでほしいもんだ。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。クロジの♀とどうちゃうんやが気になり、寄って撮ってみた。
イカル イカル、Eophona personata。市街地にも目立つようになった。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。増加中。
マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus。まだたくさんいる。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ゴジュウカラ ゴジュウカラ、Sitta europaea。今年の「なんでこんなとこにおるんや」の今のところ、第2位。
ゴジュウカラ 上りのゴジュウカラ。
ゴジュウカラ 下りのゴジュウカラ。お尻に赤茶色の模様があるので、ウンコタレという別名もあるらしい。
ゴジュウカラ お馴染みのエビぞり。
ゴジュウカラ エビぞりしてこっちを睨むゴジュウカラ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/11/2010

今日の野良鳥(11月14日)

 短時間しかなかったので「定点観測」の近所の山麓。
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。またまた、飽きずに。藪の中にいるのがクロジらしくていいのだけど、なかなかうまい具合被さらない。
 ルリビタキ♂の青もベニマシコ♂の赤も、成鳥らしい色になるには数年かかるらしい。なので、クロジ♂もモノトーンのグレーになるには何年かかかるのかもしれない。それで、どれが何年目かはわからないけれど、色の出具合の違うのを撮ってた。最後の2枚は♀だろうけど。
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ クロジは冬中いるはずなんだが、昨年、ここにいたのは短期間だった。熊森すれば(※1)い続けるかもしれないけど、熊森しそう(※2)だし、止めておく。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
ヒガラ ヒガラ、Parus ater

※1 野生生物を餌付けすること。よい子はマネしちゃダメよ。
※2 目論見とは違って他の生物の餌になったり、生態系を撹乱すること。わるい子もマネしちゃダメよ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/11/2010

今日の野良鳥(11月13日)

アオジ
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。クロジとは違うのも。
ジョウビタキ
ジョウビタキ
ジョウビタキ
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。そこらじゅうにいる。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。茂みの中だけど来てた。
マミチャジナイ
マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus。まだ、ようけいる。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

12/11/2010

長すぎ?

シマヘビ 木に昇って日向ぼっこしていたシマヘビなんだけど、長すぎるような気がする。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

今日のトンボ(11月12日)

マユタテアカネ マユタテアカネ。
アキアカネ アキアカネ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/11/2010

今日の野良鳥(11月11日)

クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。エンギがいいんで今日も見に行った。昨年は、この場所には2・3羽しかいなかったが、今年は10羽近くいるようだ。その中でも最も「クロジらしい」の。
クロジ
クロジ これも♂成鳥のクロジだが、所々に褐色が混じる。先日に載せたのはこれかもしれない。でも光線の加減でずいぶんと色が違って写る。
クロジ 若い♂なのか、まだ残念な色合いだけど、これはこれで面白い。
クロジ
クロジ クロジの♀か。今日の光線だとアオジとは微妙に違う写り。
アカハラ アカハラ、Turdus chrysolaus。最近よく見るマミチャジナイかと思ったが眉がない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/11/2010

今日の野良鳥(11月10日)

 めったに行かない田圃に、夏以来久々に行ってみた。なので、どのあたりに注意を払えばいいのか要領がわからんが、いつもの田圃よりは見晴らしが効くんで助かった。
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ チョウゲンボウ、Falco tinnunculus。着いたらいきなり田圃際のアパートの軒下から飛び出し、その後も何度か見たが、同じのか違うのかは不明。
コチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ コチョウゲンボウ、Falco columbarius。ひたすら電線に留まって、下をトラックが通っても飛ばない。
コチョウゲンボウ どっちかわからん。
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/11/2010

今日の野良鳥(11月9日)

シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。一昨日と同じ木で同じ個体かもしれないけど。
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。♂。また冬モノが来てた。昨シーズンもも同じ日に同じ場所で見たのが最初。
クロジ 一緒にいたのでクロジの♀だろう。アオジとどう違うんかわからんけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/11/2010

今日の野良鳥(11月8日)

ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。急増中。
モズ モズ、Lanius bucephalus。睨まれた。
ハイタカ ハイタカ、Accipiter nisus。だと思うが、遠くを何か抱えて飛んでた。
ハイタカ 十数分後に現れたハイタカ。そのうのあたりが膨らんでいる。別個体かもしれないが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良蛙(11月8日)

ニホンアマガエル アマガエル。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良亀(11月8日)

ニホンイシガメ ニホンイシガメ。田圃にいた方々も川に引き揚げてきて、上流域でよく見る。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/11/2010

今日の野良鳥(11月7日)

 買い物に行くのに、遠回りして寄った近所の公園の冬モノ。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius。これは冬モノちゃうけど。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。♂もいたけど半分隠れてたんで、♀だけ撮った。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。昨シーズンは近所に来なかったので、今年初。


 撮ってる合間に、どこかのおばはんたちが黒いビニール袋で覆ったゴミを、山中に投棄してるのを見たので、公園の管理事務所に連絡。そのあたりにいるノラ猫の駆除も依頼したが、ノラ犬より厄介らしい。ルリビタキやトラツグミが来ると隠れる場所なので、ミカンの皮でも置きに行きたいところだが、ゴミを捨ててると通報されるかな。1

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/11/2010

特定の電磁波による健康被害

 電磁波、それも人工的に発生した、ある周波数帯によってのみ健康に被害を受ける人たちがいる。私も、このような症状は不思議だなぁと思っていたのだが、あるエピソードによって理解が出来た。
 イスラム教徒に豚肉を食わせると、吐き気や動悸、めまいなどの症状を起こすという。もちろん、豚肉と知っていれば食べないので、騙して食べさせて、後で知らせると、このような症状を起こすらしい。本当にこういうことがあるのかはわからないが、ありうるエピソードだと思う。極度の精神的ストレスが、突然の身体の変調を招くのはありうると思うからだ。
 そうなると、同じ作用によって、人工的に発生した特定の周波数帯の電磁波で身体の変調が起こっても不思議ではない。送電線や携帯電波基地局によって変調が起き、強出力の無線機で会話中のトラックが通っても平気な理由もよくわかる。
 このような特定の電磁波によって、平穏な生活を阻害されている人たちが、安心して暮らせるようにするには、どうすればいいか。例えば、近くに携帯電話の電波塔が建設されようとする時に、どうするか。それはイスラム教徒が豚肉を強制的に食べさされなくていいのと同じで、電波塔は、憲法で保障された信仰の自由を侵害するわけで、許されることじゃないし、反対する人々もそう主張すればいいんじゃないかと思う。
 けれども、問題は、信仰を理由とする人が見られないのに、似非科学を理由とする人が散見されることだ。現実に被害が起きているわけであり、何とかしなくちゃいけないと思うのに、似非科学のおかげで、その深刻さが理解されないのは問題だろう。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

04/11/2010

今日の野良鳥(11月4日)

カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii
ミソサザイ ミソサザイ、Troglodytes troglodytes
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。先週から声だけは聞いてた冬モノ。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica。冬モノ、今期初目見得。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。先週からよく見かける冬モノ。♀を載せるのは今期初。
コマドリ
コマドリ コマドリ、Erithacus akahige。秋モノのラストグループ。遠かったけれど、ヤマカガシが隠れた杉の枝や葉を踏み分けて近づく気にもなれんかった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の鎌首

ヤマカガシ まだ活動してるヤマカガシ。本州の蛇で最も猛毒を持ってるnおだが、全くオソロシイ気がしないのは、この顔のせいもあるか。

| | Commentaires (7) | TrackBack (0)

02/11/2010

今日は「実践自然保護」

 用事を早い目に終わらせて、一昨日に言及した団体かどうかわからないが、以前にドングリ泥棒が目撃された公園に行ってきた。休日の早朝に一箇所で、平日の昼頃に苑内で分散して目撃されているそうだ。まずは、公園管理者に対策をお願いしてきた。
 さらに、私はたまにしか行かない所なので、連日、早朝から望遠レンズを持って苑内にいる人たちに、ドングリ泥棒を見かけたら制止すること、犯行現場を撮影すること、管理者に通報することなどを頼んできた。
 そのついで撮った方々。
オオタカ
オオタカ オオタカ、Accipiter gentilis。樹の上でよく見えないけれど、本当の絶滅危惧種がいた。狂信的な団体が根拠も示さず絶滅すると言ってるわけではない。
 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づく国内希少野生動植物種であり、環境省発行のレッドデータブックにおいて絶滅危惧II類に選定されており、2006年における全国の繁殖個体数は約2000と推定されている。
 そして、市街地の公園にいることで誰でもわかるように、市街地の公園に落ちているドングリが食物連鎖を通じて、その生命を支えているわけである。
□追記
 書かなくてもわかるかと思うけどタイトルの「実践自然保護」というのは、かの団体というか熊森協会が使っているのが馬鹿っぽくてオモロイんで使っただけで、冗談です。
 かの団体、きちんとしたフィールドワークの経験や体系的知識がないのがコンプレックスなのか、やたら「実際に動いてる」ことを強調してるんですね。そこらあたりが、中等教育レベルの「公民」の知識も得ようとしないけれど、マンガやネットで知った「しんじつ」で、政治活動とやらを「実践」してるからエライと思ってるような連中と似ていて、なんだかなーと思うところです。


マミチャジナイ
マミチャジナイ
マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus。昨日と違う場所だけど、同じ市内なので品揃えは似ている。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/11/2010

今日の野良鳥(11月1日)

 午後、遅い目に腫れてきたので、今日もエノキの類の樹上でのヒヨドリvsツグミ軍団の抗争を見物。
ツグミ
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。図体はデカイがヘタレで、逃げ足が速く、抗争が静まった頃に出てくる。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。気は強いが、本隊到着前らしく数が少ない。
マミチャジナイ
マミチャジナイ
マミチャジナイ
マミチャジナイ
マミチャジナイ マミチャジナイ、Turdus obscurus。ツグミ軍団の最大勢力で、ヒヨドリに追われて低木の下に逃げ込んでも、すぐに再出撃する執念深さで主力。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

あんこうの季節

 秋に、あ、こんな所にいたんだと夏鳥を見かける。でも、次に行っても渡ってしまってもう見られず、初夏に再度、来るまで待つことになる。冬鳥でも同じパターンがある。
 今夏よく載せたサンコンチョウ、昨冬よく載せたベニマシコは、このパターンで、前シーズン末期に見かけて、翌シーズンになってよく見に行ったわけである。
 そういう例に近いのが3月に載せたアンキモなのだ。
 参考にした記事が公開されたのが3月9日。1回は作ってみたものの、以降、近所の店でアンキモを売っているのを見かけることはなかった。
 そして、われわれは7ヶ月待った。最後の一月は熱烈に待った。もう待てぬ。というところで店頭にアンキモを発見。
アンキモ 今回のあしらいは三つ葉。

| | Commentaires (2) | TrackBack (1)

« octobre 2010 | Accueil | décembre 2010 »