« décembre 2010 | Accueil | février 2011 »

31/01/2011

今日の野良鳥(1月31日)

ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。マヒワやレンジャクのおかげで目立たないけど、今冬はルリビタキもやたらに多く感じる。以上のは全部、別の個体だし、他にも数羽見かけた。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。胸の模様は黒くて普通のツグミだけど、腹から下は赤茶色。噂に聞くヨジョウハンツグミというやつか。
ハギマシコ
ハギマシコ ハギマシコ、Leucosticte arctoa。昨日のお山にはもうほとんどいなかったけど、今日は別の所で、2〜30羽くらいの群が田圃の上を飛んでた。どうも降りてた空き地というか休耕田でおじさんが作業を始めたようで、降りて来ずに飛び去った。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良猿

ニホンザル 道路横断中。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/01/2011

今日の野良鳥(1月30日)

ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ ハギマシコ、Leucosticte arctoa
カヤクグリ カヤクグリ、Prunella rubida。藪に飛び込んだので、出てくるかと待ってたがあまりにさぶいので、早々に諦めて下山。
レンジャク まだ明るいので、先日のはまだいるかと寄り道してみたらおった。
ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica。テレビで「小太り」と言われたらしいが、半分は羽毛でございます。
キレンジャク
キレンジャク キレンジャク、Bombycilla garrulus
キレンジャク 地べたにこぼれた実を食べはじめたキレンジャク。
キレンジャク ツグミと水を飲むキレンジャク。
レンジャク ゴレンジャク。赤2、黄3。
レンジャク ジュウイチテンゴレンジャク。赤8.5、黄3。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28/01/2011

今日の野良鳥(1月28日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。今日も。
マヒワ ちょっとバック。
マヒワ
マヒワ マヒワの団体。
アオバト アオバト、Treron sieboldii
ヒレンジャク
ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica
キレンジャク
キレンジャク
キレンジャク キレンジャク、Bombycilla garrulus
レンジャク
レンジャク
レンジャク
レンジャク ヒレンジャクとキレンジャクの詰め合わせ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

27/01/2011

昨日・今日の野良鳥(1月26・27日)

ハシビロガモ ハシビロガモ、Anas clypeata
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
カワラヒワ・マヒワ カワラヒワとマヒワ。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
カヤクグリ
カヤクグリ
カヤクグリ
カヤクグリ カヤクグリ、Prunella rubida

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/01/2011

今日の野良鳥(1月25日)

メジロ メジロ、Zosterops japonicus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma
イカル イカル、Eophona personata
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
アオゲラ アオゲラ、Picus awokera

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/01/2011

今日の野良鳥(1月24日)

 先日にそっぽをむかれたままだったカヤクグリ目当てだったものの、現れず。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ミソサザイ ミソサザイ、Troglodytes troglodytes
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans
カケス カケス、Garrulus glandarius
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ ハギマシコ、Leucosticte arctoa

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/01/2011

今週の野良鳥(1/18〜22)

マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。あいかわらず。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
イカル イカル、Eophona personata
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ ゴジュウカラ、Sitta europaea。今年になって載せてないけど、まだ、市街地に迷い込んだまま。
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans。今冬は現れるのが遅かったけど、おった。
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ ハギマシコ、Leucosticte arctoa。昨冬は見てないんで2年ぶり。
カヤクグリ カヤクグリ、Prunella rubida。同じく、昨冬は見てないんで2年ぶり。なので、こっちを向いてくれんままいなくなったけど載せとく。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/01/2011

昨日の野良亀(1月21日)

ニホンイシガメ 1月やいうのに歩いてた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/01/2011

きのうのきのこ?

きのこ? きのこだと思うけど直径30cmくらいあった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/01/2011

ついにパチモン現る

たくあんこっぺ 近所のコンビニで売っていた「たくあんこっぺ」。炊くあん入りマヨをサンドしました、って、どうみても、つるやのサラダパンのぱちもん。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

14/01/2011

今日の野良鳥(1月14日)

イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius
ミコアイサ ミコアイサ、Mergus albellus
マガン マガン、Anser albifrons
ヒシクイ
ヒシクイ ヒシクイ、Anser fabalis。亜種のオオヒシクイ。
コハクチョウ
コハクチョウ コハクチョウ、Cygnus columbianus
オオワシ
オオワシ
オオワシ
オオワシ オオワシ、Haliaeetus pelagicus

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

官房長官

 枝野官房長官だって。一部で話題になってたこの方は,官房長官じゃなく、駅弁になってた。
鱒寿司

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/01/2011

今日の野良鳥(1月12日)

イカル イカル、Eophona personata
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/01/2011

今日の野良鳥(1月11日)

カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、Podiceps cristatus
バン バン、Gallinula chloropus
ユリカモメ ユリカモメ、Larus ridibundus
ケリ ケリ、Vanellus cinereus
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ ホオアカ、Emberiza fucata。数人、撮ってる人がいた。
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ コホオアカ、Emberiza pusilla。ホオアカに1羽混じってたけど、堤防の草むらに飛んでった。先記事に書いたオッサンが自慢たらしそうに「堤防に餌撒いた」と言うんで、早々に引き上げ。餌付けしてる連中は多いが、普通はコッソリやってる。見ず知らずの相手に自慢げに言うて、アホか。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鼠(1月11日)

ヌートリア
ヌートリア 川の中の島にいたのを見ていると、泳いで渡ってきて近づいてきた。熊森(※1)されてる動物の挙動だ。その後、近くで、ワシが(鳥の)餌を5キロ堤防に撒いたとか言ってるオッサンがいたので、ヌートリアにも誰かが熊森(※1)してるんだろうか。それとも熊森(※2)したのだろうか。
※1、野生生物に餌付けすること。
※2、他の生物に餌付けしようとしたが、結局ネズミの餌になること。
 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/01/2011

異文化理解のある方法

 クジラは魚じゃない。コウモリは鳥じゃない。多くの人が知ってると思う。
 ひょっとしたら「クジラは魚だろ、コウモリは鳥だろ。」と思う人がいるかもしれない。だって、クジラは水中生活し形態も魚との共通点が多い。夕暮れ時にコウモリが空中を飛んでいるのを見て、鳥だと思っても不思議はない。
 でも、おそらく「クジラが魚じゃないのは知ってるが、コウモリは鳥だろ」とか「クジラは魚だろ、コウモリが鳥じゃないのは知ってるが」という人は、いないだろうと思う。というか、いないだろうと思っていた。ところが、そうでもないらしい。
 「クジラは魚じゃない」と知っている、といっても、小学生くらいなら、先生が、あるいは親が言ったから、「クジラは魚じゃない」というのを信じた、ということがあるだろう。でも、普通は、動物の分類は表面的な形態じゃなくて、内部的な要因による。進化の系統によると書ききれないのが不自由なところだが、まあ、そういうことを理解することで、「クジラは魚じゃない」ということがわかるようになる。それがわかれば「コウモリは鳥ではない」ということもわかる。
 世の中のことを理解するというのは、すべてこのように、別々のことであっても、それを「断片」として知るだけではなく「系」として認識することであり、その「系」は、経験した事実と整合するってことだと思う。わかるってことは、知ったことが、自分の認識の「系」に組み込まれるということだと思っていた。だから「クジラが魚じゃないのは知ってるが、コウモリは鳥だろ」という人はいないだろうと思っていたわけだ。

 ところが、そうでもない人もいるんだと思うようになったのは、とあるピーマン嫌いのぺんぺん草好きな人のブログを通じて知った人が、(あくまで「通じて知った人」で、その本人ではない)、科学も宗教も真偽がわからないことを説明するわけで、信じるという点で同じだということを言ってたからだ。
 科学って信じるものだったのか、それじゃ小学生が「先生が言ったから、クジラは魚じゃない」と信じるのと同じじゃないか。「動物の分類のお約束から、クジラは魚じゃない」とわかるのが科学じゃないのかと、ずいぶん不思議に思った。まあ、この方は、経済学の体系を知らずとも、知ってるその用語を使用する方だったので、「科学を信じる」という表現も、同じように体系ぬきで知ったこと断片だけでも、知ったつもりになってるのかなと納得したのだが。
 まあ、私だって、ブルーバックスとかを読んでさえ、全部がわかるってわけじゃない。でも、わからないけど信じるってわけじゃない、あくまで、わからないから「へーそう」と、とりあえずは知っておくだけ。なので、それが否定するような説を読んでも、やはり「へーこういうのもあるの」と、やはり、とりあえずは知っておくわけだ。
 それで、その時は、科学と宗教って話だったんだけど、むしろ私としては、この時から、どうも世の中には、私の「わかる」と同じような理解の仕方をする人と、全く違う理解の仕方というか「信じ方」をする人がいるようだ、と思うにいたったのだ。「気づき」ってやつかも知れんね。

 世の中に「手品」という芸がある。その「手品」を見せられて、その「手品」自体のタネ・シカケは知らなくとも、他の「手品」から、それにも「タネ・シカケちょこっとある」ということはわかる。さらに、「人間はウソをつくことが出来る」ということを知っていれば、「超能力」というのは、本人の自己申告が異なる「手品」の一種であることが誰でもわかると思っていた。でも、ウソをつく能力のある人間がウソをついていないと「信じる」ことが出来る人なら、それが解明されていない人間の能力であるという理解に到ることができるようだ。
 ある夜に、四足歩行を行う、馬に似ているが、より小さく、顔も首も短い動物が道路を歩いているのを見たとする。それが鹿であることがわかるのは、その形態のみからではない。他の鹿と見間違える動物であるより、また錯覚であることよりも、近所で度々、鹿を目撃しているという体験や、鹿の生態についてわかっていることから、はるかに可能性が高い。なので、視覚情報だけから「鹿だとわかる」のではなく、系としての認識の結果から「鹿だとわかる」わけである。
 ただ、鹿に仮装した人物が歩いている、鹿のロボットの動作実験を行っている、という理由は排除できない。なので、100%の確度ではない。このことは忘れがちなので、気をつけないといけないところだが、鹿であるよりも、確度は極端に低い。なので「鹿だとわかった」と見なせる。
 しかし、ある夜に、昔の人が「かっぱ」と呼んだものと合致しているものを見たとする。しかし、それが実際に「かっぱ」であると判断するわけにはいかない。なぜなら、それを「かっぱ」の形態と視覚は認識したとしても、そこに「かっぱ」がいるというのは、私の認識系の中には組み込み難いから、それが「かっぱだとわかる」わけにはいかない。でも、やはり、世の中には「かっぱ」を見たと思うことができる人がいるようだ。

 知人などから「あの人の書いてることはわからん」ということを聞くことがある。難しくてわからん、のではなく文意不明の類だ。   
 「わかる」というのは、自分の認識の「系」に組み込むこと、という人が、断片だけを信じることができる人の文を読むと、えてしてこうなる。認識の方法が違うからで、いわば語彙は同じでも文法の違う文を読むようなものだ。
 「クマは生態系の頂点です」という文があったとしよう。これは事実を述べただけであって当為性を述べてるわけではない。しかし、当為性を認めるなら、生態系で維持可能な生息数以上のクマは淘汰されて当然ということになる。一方、それ以上の数のクマを棲息させるために給餌しようとすれば、この文の当為性を否定しなくちゃいけない。なので「クマは生態系の頂点です」と「クマに給餌する」という文が順接として書かれると、自身の認識の「系」に生態系という概念がある人が読むと、「わけがわからん」になるわけである。
 でも「クマは生態系の頂点です」というのは、単にそういうコトを知ってるというだけで、生態系の概念がないと考えれば、意味は通じるわけである。「クマは生態系の頂点です」だからクマさんはエライ、そのクマさん可哀想、「クマに給餌する」になると。「生態系の頂点」にない動物はエラクないので、外来生物による生態系の撹乱があっても、ほっときゃいい、ということにもなる。
 この世に「クジラが魚じゃないのは知ってるが、コウモリは鳥だろ」という類の人がいるということがわかれば、このような文だって、ある程度、意味がとれるようになった。

 おそらく世間のトンデモの類は、かような、知ったことを自身の認識の「系」に組み込むことでモノゴトを理解するのではなく、断片を知っただけでも、それを信じることの出来る人によって共有されてるんじゃないかと思う。なので、トンデモ同士はひっつきもっつきするんだろう。
 基本的な理解の方法論は違うけれども、知ってることの多寡ではないし、断片内での方法論は論理は成立していることもあるわけであり、たぶん、日常生活や狭い領域での理解や火山学には支障がないんだと思う。
 陰謀論や「ネットで真実を知った」の類も、それ自体はひとつの「系」をなしている。でも、より大きな認識の「系」には組み込めないというのがほとんどだろう。陰謀や「ネットで真実を知った」を否定するわけじゃないけど、ウィキリークスが暴露したコトは、当事者の反応があり、メディアや専門家が後追いするのに、ほとんど誰もが無視するような、断片的な「真実」もネットでは知ることもできるし。それでも信じちゃうことが可能な人がいるわけである。
 勝手に「系」として理解しようとはしない、というのが、こういう人たちの意見を読むことの基本だろうと思う。読んでもたいした意味もないだろうけど。

どうでもいい追記。
 とある人と、ある異文化の人に関し、「彼は、便意兵は違法だから、それによって裁判なしの処刑の違法性が阻却されるって考えてるけど、言語能力が乏しいんで表現できないんじゃないの」という話をして、「彼の中では、両者の違法性は同次元なんだけど、前者は法制上の違法性、後者はよりメタレベルでの人道上の違法性だから、相殺できるもんじゃないのが理解できないんじゃないのかなぁ」という趣旨のことを話そうとしたら、「便意兵ちゃう便衣兵や」と突っ込まれた。まあ「系」で理解するちゅうても、ゲリらちゅうくらいやし便意兵やろという、こういうヘンな系で間違いもするわけで注意したいところではある。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/01/2011

今日の野良鳥(1月9日)

 ここ数日は、昼過ぎに出かけ、それで日が落ちかけに買い物をして帰るというパターンなので、つい近場の同じ所ばかり。なので目新しいものもいない。
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma。じっと眺めてたら、今日はえらい近づいてきた。
イカル イカル、Eophona personata。池の中から突き出た枯れ枝に留まってる。
イカル そのまま沈んでいく。
イカル そして飛んでいったけど、イカルの水浴びにはこういうパターンもあるんだろうか。
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。あいかわらず。
マヒワ 樹上もだいぶボウズになってきたようで。
マヒワ 地上に落ちた実をついばむようになってる。
マヒワ・カワラヒワ マヒワとカワラヒワが混じって拾い食い。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。水を飲むのは別々のようだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

サラダ餅

 餅と大根というのは相性がいいようだ。餅と大根おろしというのは、きなこや海苔と醤油とともに、餅の食べ方の代表だろう。
 先日に大根の漬け物を貰った。それで大根漬けを千切りにして、マヨネーズと少々のマスタードを和えて、餅に付けて食ってみた。
サラダ餅 他の食べ方に飽きたら試す価値はあると思う。不味くはないよ。
 なんでサラダやねん、とは思うだろうけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/01/2011

今日の野良鳥(1月8日)

カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica
アオジ
アオジ
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。アオジには実は2種類あるのでは、と思うことがある。山道や河原にいる方々は、えんべりざの類の中でも最も撮りにくく、こちらが見つける前に、そこらの藪の中に隠れてしまう。一方、市街地の公園にいる連中は、人の通る横で地面をついついており、2mくらいまで近づいても知らん顔。
トラツグミ
トラツグミ
トラツグミ
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/01/2011

今日の野良鳥(1月7日)

ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。♂。
ジョウビタキ ジョウビタキの♀。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ルリビタキ ルリビタキ。尾っぽの割に肩に青味がないし、若い♂じゃなくて♀だろう。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
マヒワ マヒワと上はカワラヒワ、Carduelis sinica
マヒワ
マヒワ マヒワの団体さん。
ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica
キレンジャク
キレンジャク
キレンジャク キレンジャク、Bombycilla garrulus
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus。遠くを飛んだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

06/01/2011

今日の野良鳥(1月6日)

エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
トラツグミ
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/01/2011

今日の野良鳥(1月5日)

ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
カシラダカ
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica
イカル
イカル イカル、Eophona personata
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/01/2011

今日の桜かな

桜? 桜なんだろうか。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月4日)

カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。♂。
ジョウビタキ ジョウビタキの♀。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の残雪

林道 お山の様子を見に行ったが、途中で倒れた樹が道を塞いでいる。通れないこともないんだが、あちこちで、樹上で凍った雪の固まりがドサッと落ちてるんで、引き返した。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

02/01/2011

今日の野良鳥(1月2日)

ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica
ヒレンジャク ニレンジャク。
ヒレンジャク サンレンジャク。
ヒレンジャク ヨンレンジャク。
ヒレンジャク ゴレンジャク。
ヒレンジャク ロクレンジャク。
ヒレンジャク ナナレンジャク。
ヒレンジャク ハチレンジャク。
ヒレンジャク ニジュウイチレンジャク。
ヒレンジャク ヨウケレンジャク。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

01/01/2011

今日の野良鳥(1月1日)

ケリ ケリ、Vanellus cinereus。最後じゃなくて、今年最初がケリというのも変だけど。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
クイナ クイナ、Rallus aquaticus
チュウヒ チュウヒ、Circus spilonotus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のアテ

鮒鮓 鮒鮓。「寿司」や「鮨」よりも「鮓」がいいだろう。オオワシの西500mくらいのところで作ったらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

大晦日の雪

駅前の像 雪に埋まった像。笠を被せれば何か運んで来てくれるだろうか。でも、美女三姉妹とか届けられても困るし。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« décembre 2010 | Accueil | février 2011 »