« septembre 2011 | Accueil | novembre 2011 »

28/10/2011

今週の野良鳥(10月24〜28日)

メボソムシクイ
メボソムシクイ メボソムシクイ、Phylloscopus borealis
オオルリ オオルリ、 Cyanoptila cyanomelana。♀、まだいた。
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。♀、まだいた。
ムギマキ ムギマキ、Ficedula mugimaki。♀みたいな色合いだが、下尾筒と紛らわしいながらも尾の基部のサイドに白斑が見えるので、若い♂か。
ムギマキ
ムギマキ
ムギマキ ムギマキの♀。
アトリ
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
キバシリ キバシリ、Certhia familiaris
ノスリ はるか遠くを飛んでたので、よーわからんけど、たぶん、ノスリ、Buteo buteo
オオタカ かなり遠くを飛んでたので、よーわからんけど、たぶん、オオタカ、Accipiter gentilis
Spizaetus nipalensis
Spizaetus nipalensis
Spizaetus nipalensis 的が大きいけれども、これも遠くを飛んでた。
Spizaetus nipalensis 上の方でちょっかい出してるのは、よーわからんけど、たぶん、ハシブトガラス、Corvus macrorhynchos

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/10/2011

今日のトンボ(10月24日)

ナツアカネ ナツアカネ。
ノシメトンボ ノシメトンボ。
キトンボ
キトンボ キトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良花(10月24日)

イモカタバミ
名称不明の花
アケボノソウ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/10/2011

今日の野良鳥(10月22日)

オシドリ
オシドリ
オシドリ
オシドリ オシドリ、Aix galericulata
オシドリ
オシドリ
オシドリ オシドリのぱたぱた。
カイツブリ カイツブリ、Tachybaptus ruficollis
ハイタカ ハイタカ、Accipiter nisus

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

21/10/2011

昨日・今日の野良鳥(10月20・21日)

キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。まだいる夏モノ。
ノジコ ノジコ、Emberiza sulphurata。撮れん秋モノ。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica。いらした冬モノ。
ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ ニュウナイスズメ、Passer rutilans。冬モノの団体さん。でも主役になるのは4月になってから。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のAKB(10月21日)

アケビ この頃は開ききって皮だけになったのしか見かけないアケビだが、わりと形を保っているのがあった。でも高すぎて採れない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の弁当(10月21日)

今日の弁当 昨日の晩に作ったオレンジ鶏はむ、昨日の晩の残りの鮭ハラスのバジル焼き、ニラ入り卵焼き、レタスと漬け物。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

オレンジ鶏はむ

 2年ほど前に一部で話題となった低温調理の「鶏はむ」だけど、だんだんアレンジしたりで、最近、作ってるのをメモ。
オレンジ鶏はむ まずは鶏肉に塩胡椒。そしてオレンジマーマレードを塗って、1日、冷蔵庫に放置プレイ。この時、うちではペットボトルに入れた水道水も冷蔵庫に入れている。
オレンジ鶏はむ そして、塩胡椒が多い場合は軽く洗い流し、さらにオレンジマーマレードを塗りたくって、ジップロックの類の袋に入れる。そして、少量の醤油を入れたオレンジジュースを注ぎ込む。オレンジジュースを入れることで、中の空気が抜きやすい。
 なお今回は急ぎ働きのため肉を縛ってない。縛る必要は全くないんだけど。
 さて、この低温調理、タンパク質が63℃から凝固を始め、68℃から水分を分離し始めるということから、その温度以下で調理をすることで、柔らかくジューシーな肉料理が出来るという所がポイントであり、2年前に話題になった際は、ジップロックに入れて75℃の湯に浸ければ、だいたいそれくらいの温度になるので、冷めないように1時間、ということだった。そのために、鍋に入れたまま発泡スチロールの箱に入れたり、保温電気釜にいれたりした人がいたわけである。
 うちでは、電源を切ってもある程度保温のできる電気ポットがあったので、それを使用している。
 もうひとつ、温度計がないので75℃が計れない、という人もいた。「そんなもん百均ショップで売ってる」と思ったが、その人の近所には百均ショップがなく、へたすりゃ船か飛行機がないと行けないのだった。
 実は、うちにも温度計はない。
 そこで、電気ポットで1500mlの湯を沸かし、電源を切り、ジップロックに入れた材料をほりこみ、冷蔵庫で冷やしておいた水を注いで2000mlにして、蓋をしている。沸かした湯が作業中に95℃くらいに冷めるだろう。冷蔵庫で冷やした材料と水は5℃くらいだろう。荒っぽい計算では、全体の平均は72.5℃くらい。そして。1時間放置している間に67.5℃くらいになるんではないかという計算である。
オレンジ鶏はむ 1時間後に取り出したのがこれ。すぐに食べてもいいが、食べないのなら、冷やすこと。冷えるとオレンジソースがゼリー状になるはず。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/10/2011

昨日・今日の野良鳥(10月18・19日)

カワセミ 路傍のカワセミ、Alcedo atthis
ハイタカ 遠方のハイタカ、Accipiter nisus
カワガラス 水中のカワガラス、Cinclus pallasii
ノビタキ 樹上のノビタキ、Saxicola torquata
ビンズイ 久しぶりのビンズイ、Anthus hodgsoni
ノジコ 逆光のノジコ、Emberiza sulphurata

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

18/10/2011

今日の野良花(10月18日)

オタカラソウ
名称不明の花
アキチョウジ
ホトトギス
アケボノソウ
アケボノソウ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

このごろのきのこ(10月15〜18日)

名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ
名称不明のきのこ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今週のトンボ(10月12〜18日)

オオアオイトトンボ オオアオイトトンボか。
ナツアカネ ナツアカネ。
アキアカネ アキアカネ。
ノシメトンボ ノシメトンボ。
ネキトンボ ネキトンボ。
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ ミヤマアカネ。胸の模様や尻の先が写るようにしなくていいので楽。それにメリハリがあって綺麗なんで好きなんだけど、大量にいる場所は冬鳥しか面白くないし、他であまり見ないんで、シーズン終盤にしか撮れない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/10/2011

先週末の野良鳥(10月13〜17日)

ツツドリ ツツドリ、Cuculus saturatus。曇天の頭上。
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
ノゴマ
ノゴマ
ノゴマ
ノゴマ
ノゴマ ノゴマ、Luscinia calliope。春には見てないので1年ぶり。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/10/2011

ミュージアム・ピーマン

青椒牛肉絲 タダというか無料のピーマンで青椒牛肉絲を作った。
 一定区域の環境や生態を保全したミュージアムというのがある。その場合、よほどの人跡未踏の地でもなければ、自然そのままの生態ではなく、ある程度に人の手の入った里山や田園が含まれてしまうわけで、そういう所では、農産物が目的ではなく、環境の維持のために農作業が行われていたりする。
 そういう所で作られたピーマンが、来客に無料で配布されていたのを貰った。つまりは、環境ミュージアムの生態系の一環としての青椒牛肉絲。
 残念ながら、すぐには再度行かないんで、有機肥料として生態系に還元することは出来そうにない。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

12/10/2011

今日の野良蛙(10月12日)

ニホンアカガエル ニホンアカガエル、Rana japonica。いかにも赤蛙という赤味の強い個体。
シュレーゲルアオガエル シュレーゲルアオガエル、Rhacophorus schlegelii。いかにも青蛙という碧の鮮やかな個体。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(10月12日)

ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquata。あいもかわりもせず。
アリスイ
アリスイ
アリスイ アリスイ、Jynx torquilla。遠慮がちな位置に留まってると思って見たらノビタキじゃなかった。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

11/10/2011

今日の野良鳥(10月11日)

オシドリ
オシドリ オシドリ、Aix galericulata。♂、来とった。
オシドリ オシドリの♀。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

08/10/2011

今日の野良鳥(10月8日)

カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii。カラスの範疇ではない。
カケス
カケス
カケス カケス、Garrulus glandarius。カラス科。例によって栗採りするとこ。
Spizaetus nipalensis 渡りの季節だからか、遠くを飛んでたけど遠すぎてわからん。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

07/10/2011

昨日・今日の野良鳥(10月6・7日)

コサメビタキ
コサメビタキ 今日もコサメビタキ、Muscicapa dauurica
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ 昨日のノビタキ、Saxicola torquata
ノビタキ 今日のノビタキ。遠いとこにいたけど、一緒に撮ってた人の執念が呼び寄せたようだ。
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus。チョウゲンボウが飛んでるなぁと思って撮って、会った人には「チョウゲンボウが飛んでた」と言ったけど、後で見たらハヤブサだった。ごめんね。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

06/10/2011

今日の飛びもの(10月6日)

UH60 たぶんUH60。こっちは遠くを飛んでただけ。
AS332 エアロスパシルAS332シュペルピューマ。
AS332 向こうからもこっちを覗いてる。
AS332 そのうち、このAS332"は荷物を吊り下げて運び出した。
AS332 周囲は山なのに、何も人のいる真上を、荷物をブラ下げて飛ぶこともないだろうに。
 クレーンとかだと「吊り荷の下に入るな」とかでガードマンに止められるわけで、貴重な体験ではあるのだが。
AS332 送電鉄塔の脇に荷物を運んでいるんで電力会社がチャーターして飛ばしているんだろうか。そうなら、いくら東京電力じゃないにしろ、何かと電力会社に風当たりの強いご時世に、ええ度胸してはりまんなぁ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

栗ごはん

栗ご飯 栗採りするカケスを見てたら、食いたくなったので栗ごはんを作った。市販の混ぜて炊けばいいだけのを使った手抜き。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/10/2011

昨日・今日の野良鳥(10月3・4日)

ノビタキ
ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquata
ノビタキ さすがに彼岸を一週間以上も過ぎると彼岸花もクタクタでノビタキが留まっても絵にならん。
カワラヒワ
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica
モズ モズ、Lanius bucephalus。「もーずが枯れ木で鳴いている」ちゅうやつ。
カケス カケス、Garrulus glandarius
カケス
カケス
カケス
カケス
カケス いつもはすぐ隠れるカケスだが、栗採りする時期が見るにはいいようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

街路樹の痕跡

街路樹の痕跡 伐られた街路樹の痕跡といえば、普通は根元が残るんだけど、幹の途中だけが残っていた。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

02/10/2011

今日の野良鳥(10月2日)

ヒヨドリ ヒヨドリ、Hypsipetes amaurotisに立ち向かう蟷螂。
エゾビタキ
エゾビタキ エゾビタキ、Muscicapa griseisticta。1回見たきり。
コサメビタキ
コサメビタキ
コサメビタキ コサメビタキ、Muscicapa dauurica。ようけいた。
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。やたら現れた。
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

01/10/2011

今日の野良鳥(10月1日)

ミサゴ
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus
モズ モズ、Lanius bucephalus
ショウドウツバメ
ショウドウツバメ
ショウドウツバメ ショウドウツバメ、Riparia riparia
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ ノビタキ、Saxicola torquata

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« septembre 2011 | Accueil | novembre 2011 »