« novembre 2012 | Accueil | janvier 2013 »

31/12/2012

今年の野良鳥(2012年)

コミミズク 1月には種別のフォルダが66だった。昨季はそこらの冬鳥が不作で、海辺、湖辺、川縁にちょいちょい行ってたので、結果、種類だけが増えたようだ。そんなプチ遠出の帰りに見かけたのがコミミズク。カラスに追われて地上近くを飛んでた。カラスがいなくなって、降りたあたりに行くと、杭の上におった。

オオワシ 2月も週末には、湖岸によく行った。湖北のオオワシといえば、山の中腹に留まっているのを大人数が見上げていて、飛ぶと一斉にシャターを切るというのが定番だが、昨季は他に人のいない状況で見られる機会もあった。この日は、他を回って戻ってくると、湖上の防波堤の上でお食事中で、湖岸から遠いこともあって、皆さん、お帰りを待ちに山の麓に行ってたのだが、グズグズしてたおかげで、ちょうど雪山を背景にお帰りになる場面に遭遇した。

ウミアイサ 3月になると、ミソサザイが囀りだすんで、お山にも行く回数も増えるが、伊勢の海というか浜にも数度、ところで伊勢の海と伊勢が浜、どっちかが柏戸でどっちかが清国のとこだけど、覚えてない。海から遠いもんで、珍しくもない海鳥でも見るとうれしい。その伊勢の海というか伊勢ヶ浜にいたウミアイサ。湖にだっているけれど、ちょうどペアで飛んでた。

コマドリ 4月になると、そこらの山にも、寂しかった冬鳥に代わって、旅鳥や夏鳥がやってくる。この春はコマドリが豊作だったようで、これまでに見た所ではだいたい見られた。中でも、ナラ枯れ対策で大規模に広葉樹が伐採されて、明るくなりすぎて、今年は来ないだろうと思っていた所にも来ていた。なので、だいたいが明るいところじゃ見られないコマドリがけっこう明るい所で見ることができた。

サンコウチョウ 5月になると、ちょっと時間があけば、近所のお山で、オオルリ、キビタキ、ヤブサメ、サンコウチョウと同じようなのばかりを見てる。以前にもおったけど、登山道の真上で巣を作り始めたサンコウチョウがいた。以前の例もそうだったが、巣は作っても、その巣はあきらめて、他所で無事に子育てをしてたようだ。

アカショウビン 6月には山に入るとアカショウビンの鳴き声が聞こえる。声はすれども姿は、というのがよくあるパターンだが、今年は3カ所でその姿を見ることができた。でも、1カ所は道路のすぐ傍で営巣してたもんでギャラリーが集まりすぎて営巣放棄したらしい。2カ所は、翌月になってすぐ近くでクマが目撃されて、行くに行けず。

イワヒバリ 7月は種別フォルダが19と今年最少。上旬はまだクマが出る前でアカショウビン、その他には近所の山の夏鳥と、そんなのばかり見ていた。そんな中、東京に行く用事のついでというか、長野周りで行ったことがあって、フツーの観光だったけども、その際にこのイワヒバリの他に、ライチョウ、カヤクグリ、ホシガラスの高山の皆さんを見た。でもホシガラスはバスの中から見ただけで撮れず、翌月も伊吹山で見たけど撮れず。

ダイシャクシギ 8月もテキトーに近所のお山に行ってたけど、ついでがあって行った海岸では、雨が降っていてメインの目的は見られなかった。でも、その後に晴れてきたので、寄った別の浜辺では秋のシギ類がおって、もう誰もいない海水浴場や周辺を歩きまわってた。オバシギ、ソリハシシギ、トウネンらがいたが、中でも目立ってたのは数羽のダイシャクシギ。昨冬にも三重で見たのだけど、その際はいるというのを聞いていたので、今回のように知らずに行って見られた方が、やっぱりうれしい。

ミサゴ 9月は。そこらの市街地の公園にも夏鳥が降りて来て、お山じゃタカが飛ぶわけで、そういうのも見てたけど、なぜか水辺の印象が強い。今年はアジサシが大量に近くに飛来し、さらにクロハラアジサシが全国各地で見られたらしい。そんなアジサシ類を見ていた時に魚を獲っていたミサゴ。

ノジコ 10月には、秋の渡りのノビタキ、ノジコ、ノゴマあたりがおる「野」に行くのだが、いくらでも見られるのはノビタキばかり。ノジコは藪から藪に飛ぶのは見られても、ほとんど撮れない。そんな中で逆光の灌木に一瞬留まったノジコ。ノゴマは見られず。

ウソ 今季はムギマキが早かったようで10月から飛来してたようだ。その時からよく見たのがヒガラとキクイタダキで、11月には、どこにでもおるという状態で、クロジとのヘビーローテーションに。また豊作のようなのはウソで、お山に行くとよく鳴いてるし、見かける。その中で、低木の種を食ってるウソの一群がいて、しばらく見てたら、見通しのええとこに出てきたのがおった。こっちが動かないと、アトリ科は食うのに夢中でいくらでも近づいてくるようで、タテ方向はほとんどトリミングなし。

ギンザンマシコ 12月で、というより今年もっとも驚いたのは、このギンザンマシコ。ウソを見に行って、ついでにお山のマシコ類も豊作なようなのでハギマシコくらいならおるだろうと思ってたのが、いたのはこのギンザンマシコとオオマシコ。そのハギマシコは今期は来年まわし。なお、この時にいたのは総勢5人で、今回載せた12枚では最多。やっぱりトリさんを見るには少人数がいいようだ。

 結局、年間を通じて種別のフォルダは189だった。なので見たのは、種別フォルダにないハシボソガラス、トラツグミ、ショウドウツバメやらを入れて、200種弱というところだろうか。
 ほとんどが以前にも、その折々にも載せた絵ばかりだと思うんで、クリックするとちょい大きめの絵が出るようにしてみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/12/2012

歳末の野良鳥(12/27・29)

キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
オオマシコ
オオマシコ オオマシコ、Carpodacus roseus
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/12/2012

今日の野良鳥(12月25日)

ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ
ソリハシセイタカシギ ソリハシセイタカシギ、Recurvirostra avosetta
ミユビシギ ミユビシギ、Calidris alba
ハマシギ
ハマシギ ハマシギ、Calidris alpina
セグロカモメ セグロカモメ、Larus argentatus
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

三連休の野良鳥(12/22〜24)

 どこかに遠出したわけでもなく、近所の。
キクイタダキ
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
オジロビタキ オジロビタキ、Ficedula albicilla
イカル
イカル
イカル イカル、Eophona personata
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/12/2012

かわくまもなし

 「廓文章」の伊左衛門、文字を書いた着物で出てくる。これは、故紙を着物に仕立てた「紙衣」を模したもんで、つまりは落ちぶれて、そんな着物しか着られないという表現になっている。
 今の子が、洗いざらしや破れたり擦り切れたりというデザインの服を着ているように、そういうビンボーの象徴である反故紙の「紙衣」を模した着物をわざわざ作るという人も昔にはおったそうで、反故染めといったとか。
 百人一首の書かれた反故染めの長襦袢の小咄があって、胸のところに「こひぞつもりてふちとなりぬる」、袖のところに「わがころもではつゆにぬれつつ」肩のところに「みかさのやまにいでしつきかも」とか。
 尻に「けふここのへににほひぬるかな」、帯の下、上前が「あふさかやまのさねかずら」。そして、めくってみた下前には「ひとこそしらねかわくまもなし」。
 それはともかく、「あふさかやま」ではないけど、サネカズラ。
サネカズラ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/12/2012

今日の野良鳥(12月21日)

 そういや今期はまだ、最もポピュラーなマシコをあまり見てないと、おるとこに行ってみた。短時間だけどいろいろおった。でも「どーんどーんてーんてーん、どんてんてん」とどんてんまんが歌いっぱなし。
ケリ 土堤のケリ、Vanellus cinereus
ケリ 一羽のケリが長いミミズみたいなのを引っ張り出したら、もう一羽も飛んで行く。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ベニマシコ
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus。白ヒゲの成鳥♂。
ベニマシコ
ベニマシコ ヒゲのないやや若い♂。
ベニマシコ 目先だけ赤い、1年生の♂。
ベニマシコ
ベニマシコ ベニマシコの♀。
ベニマシコ ベニマシコは草の種をよく食ってるけど。
ベニマシコ
ベニマシコ ベニマシコはヨシを割って中にいるアブラムシの類も食う、というオオジュリンみたいな採餌もする。数年前に見て知ったけど、今日もしてた。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala
オオジュリン
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus。ヨシを割って中の虫を食う代表。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/12/2012

今日の野良鳥(12月20日)

ウソ
ウソ
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。♂。せっかく今年はウソが豊作のようなので、いろいろ見ておこうと雪中のウソ。
ウソ ウソの♀。
ウソ 麓のウソは、寒さもゆるいのかスマート。
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ 最初はイスカかと思ったけど違った。ギンザンマシコ、Pinicola enucleator。お山のマシコも豊作のようだが、こんなのまで来てるとは。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

19/12/2012

今日とかの野良鳥(12/19・17)

ツクシガモ
ツクシガモ
ツクシガモ
ツクシガモ
ツクシガモ ツクシガモ、Tadorna tadorna
タゲリ タゲリ、Vanellus vanellus
タシギ タシギ、Gallinago gallinago。やと思う。
オオハシシギ
オオハシシギ オオハシシギ、Limnodromus scolopaceus。やと思う。
ミサゴ・ノスリ 遠くで、ミサゴとノスリが追いかけあいをしてた。
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。別の個体。
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus。追いかけあいの後、やや近くまで来た。
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ヒガラ・シジュウカラ ヒガラとシジュウカラ、Parus major
アトリ
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/12/2012

昨日・今日の野良鳥(12/14・15)

アカゲラ 裏山のアカゲラ、Dendrocopos major
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
ヒガラ ヒガラ、Parus ater。
ミソサザイ ミソサザイ Troglodytes troglodytes
 この3種に続けて会うと、ヤブサメにもいてほしいところだけど、冬はいない。
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ 裏山のウソ、Pyrrhula pyrrhula。他所のウソばかり載せてたけど、裏山にもウソはおる。けれど、公園の一部なんで、けっこう人通りもあり、今日のような悪天候だと出てきてたんだろうけど、まともに撮れん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/12/2012

今日の野良鳥(12月13日)

オオマシコ
オオマシコ
オオマシコ
オオマシコ
オオマシコ オオマシコ、Carpodacus roseus
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ ミヤマホオジロ、Emberiza elegans

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/12/2012

昨日・今日の野良鳥(12/11・12)

ノスリ
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus
トラフズク トラフズク、Asio otus。茂みの中で寝とった。ほとんど見えてないけど、今日、見たうちに入れていいのか。
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus。ヒノキにいるのはよく見るけど、撮ったのは今期初かも。
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。♂。
ジョウビタキ ジョウビタキの♀。なぜか近所で見るのは♂ばっかりで、♀を撮るのは今期初。
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus。よく鳴いてたけど見たのは♀だけ。でも♀を撮るのは今期初なので、いいのだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/12/2012

しもばしら

霜柱 先日のお山、おそらくイノシシだろうが、掘り返して土が軟らかくなってた所に霜柱ができてた。
シモバシラ シソ科の多年草のシモバシラ、Keiskea japonica。枯れた茎に霜柱が出来てる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

竜田川

ちはやふる 「ちはやふる」だそうだ。下に描かれてるのは、おからを断っている豆腐屋なのか。元相撲取りにしては華奢にすぎるけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/12/2012

今日の野良鳥(12月10日)

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ヒガラ・ヤマガラ ヒガラとヤマガラ、Parus varius
ヤマガラ・シジュウカラ ヤマガラとシジュウカラ、Parus major
オジロビタキ
オジロビタキ
オジロビタキ オジロビタキ、Ficedula albicilla

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/12/2012

昨日・今日の野良鳥(12/8・9)

ホシハジロ ホシハジロ、Aythya ferina
アカハジロ
アカハジロ
アカハジロ アカハジロ、Aythya baeri
キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus
アカハラ
アカハラ アカハラ、Turdus chrysolaus。例年は春秋に見るのだけど、今年は夏と冬に見てる。
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。載せるのは今期初かも。
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。今年はウソが多いようだ。杉村リストとか刺青の件とか、ウソと言えば橋下というほどご活躍のようだけど、お山のウソが多いのは無関係。
 キクイタダキも多くて、もはや撮りにくそうだとカメラを向けないけれど、ウソはまだ今期3回目なんで撮った。ウソの多い年の通例でアカウソ、P.p.rosaceaが多い。
ウソ
ウソ これくらい赤いと、ひょっとしてと期待するのだけど、やはりアカウソの範疇だろう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/12/2012

昨日・今日の野良鳥(12/6・7)

 近所の変わり映えせんの、というか、近いとこで短時間でも撮りやすい「安近短」。
オシドリ オシドリ、Aix galericulata
ハジロカイツブリ ハジロカイツブリ、Podiceps nigricollis
カワセミ カワセミ、Alcedo atthis
アカゲラ アカゲラ、Dendrocopos major
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus
アオジ
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/12/2012

今日の野良鳥(12月5日)

 近所のお山だけど、いつもの山麓じゃなく、上の方に行ってみた。曇天でさぶかった。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。コムラサキの木に成ってた。
ウソ
ウソ
ウソ ウソの♂。
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ 先日のウソは♂しか見なかったけど、今日は♀もいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/12/2012

今日の紅葉(12月4日)

紅葉
紅葉
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(12/3・4)

キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus。買い物ついでに、しばらくは人が多くて行ってなかった近所の公園。ここは針葉樹の低い枝が少ないんで、低い樹で撮るんで「らしくない」背景になる。
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。お山より近くでは撮れるんだけど、面白くはない。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
オジロビタキ
オジロビタキ オジロビタキ、Ficedula albicilla
イカル イカル、Eophona personata。昨日の山麓にいたの。
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。昨日の山麓に、チェーンソーがうなっても、まだいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/12/2012

今日の野良鹿(12月3日)

 寒くて起きてしまったので、ちょい近所の山麓の様子見。
山麓
山麓 えらい靄ってる。
ニホンジカ
ニホンジカ ニホンジカがおった。
 早くから、枯死した木の伐採をしていて、チェーンソーがうなってるので、鳥さんはほとんど見ずに引き返した。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/12/2012

昨日・今日の野良鳥(12/1・2)

ヒシクイ
ヒシクイ ヒシクイ、Anser fabalis
コハクチョウ
コハクチョウ
コハクチョウ コハクチョウ、Cygnus columbianus
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
ミサゴ
ミサゴ
ミサゴ
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の博物館

 なぜか今日は博物館に行ってきた。どこの何博物館かは見ての通り。なお名古屋から来た同行者は、この博物館の設立時の準備室長は立派な人で尊敬してるのに、何でまた(地元の)あんな奴と組むのかわからん、と言うてはりました。
館外の風景 館内から見た外の風景。遠くのお山はやや冠雪。
サケ科 生け簀には旨そうなのがようけいた。アマゴだったか、サケ科の魚。
トウヨシノボリ 豊登でもなく、芳乃里でもなく、トウヨシノボリ。飴煮にする。
ギギ ギギ。
ナマズ ナマズのアルピノ。
ナマズ 管に入ってるナマズ。
オオサンショウウオ わけわからんけど、巨大なオオサンショウウオの頭から前足くらいまで。
外国の魚 イシダイみたいだけど、東南アジアの淡水魚。
チョウザメの類 キャビアの元。
カイツブリ カイツブリ。普段は写してない部分。
オオサンショウウオ 標本もあった。オオサンショウウオ。
骨格標本 骨格標本。「ワニ」ちゅう表示があったけど、何ワニやねん。
トンボの標本 今日のメインの目的、トンボの標本。
便器 どういう趣旨の展示か忘れたけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« novembre 2012 | Accueil | janvier 2013 »