« janvier 2013 | Accueil | mars 2013 »

26/02/2013

今日の野良鳥(2月26日)

 「えんべりざ」ばっかり。もちろんホオジロもおったし、アオジとオオジュリンもおったけど。
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ
ホオアカ ホオアカ、Emberiza fucata。今シーズンはコホオアカは見てるのにホオアカは見てなかったので、ホオアカも見てきた。
コホオアカ
コホオアカ コホオアカ、Emberiza pusilla。いつものだが、今日は行ったのが遅く、その上、出てきたのも4時をすぎてから。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica。コホオアカはコカシラダカといった方がええんちゃうかと思うのは、冬羽しか見てないからか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のてんどん

 今日のお昼は天丼。何しろ付近には天丼屋しかない。そしてメニューは天丼と天とじ丼だけ。
天丼 うまかったからいいけど、量も多い。その後、トリさんを見に行ったけど、どんてんマンが歌いっぱなし。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

この3日の野良鳥(2/24〜26)

メジロガモ メジロガモ、Aythya nyroca。ついでがあったので行ってみたが、別の池に人だかりがしてる。今日はそっちにいるのかと思って行ったら、オオタカの幼鳥が時々飛ぶのを待ってる人だった。慌てて戻って、ゴシャゴシャの中で寝てるのを見つけた。
メジロガモ
メジロガモ
メジロガモ ほどなく起きだしたメジロガモがそこらを泳ぎだしたのを一人で見てた。泳いで潜るだけだから、もう地元の人は飽きてしまったようだ。
ミコアイサ ミコアイサ、Mergus albellus
バン バン、Gallinula chloropus
オオバン オオバン、Fulica atra
ノスリ
ノスリ
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus
ヒバリ
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/02/2013

今日の野良水着

 たまに行く河川敷でヨシ焼きが行われた。ヨシ原の保全のために必要であり、各地のヨシ原でもヨシ焼きは行われている。
 そこで気になるのが、河川敷で野生化して越冬していた「スクール水着」である。なので見てきた。
スクール水着 まず、最上流にいた個体であるが、生息地あたりは焼かれていなかったが、見当たらない。と思ったら、以前とは20メートルくらい離れた藪の陰にいた。隠れていたようである。
スクール水着 2番目に見つけた個体の生息地付近も焼かれてなかった。「スクール水着」は無事で、今日は地上ではなく、樹上にいた。
 ところが最初に見つけた個体の生息箇所は焼かれていて、あたりには燃え残ったヨシや雑草しか見当たらない。
燃え後 生息地のあたりには、あきらかに植物ではない燃えかすがあった。これがあの「スクール水着」の燃えかすとは断定できないが、可能性は高そうである。
 いくら野生化しても「スクール水着」にとって、自然界で越冬するのは過酷であったようだ、ってヨシ焼きは人工だけど。2個体が無事であったことでヨシとすべきか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/02/2013

今日のサラダ

うずら卵 ここんとこ、たまにウズラに出会うんで、サラダにうずら卵水煮を入れてみた。他はキャベツ・レタス・ピーマン・オニオン・ホワイトアスパラガスとか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/02/2013

昨日・今日の野良鳥(2/21・22)

ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。河原に降りてた。
カワラヒワ・マヒワ カワラヒワ、Carduelis sinicaと一緒に地べたで餌を突いてるマヒワ、Carduelis spinus
マヒワ
マヒワ
マヒワ 地べたのマヒワ。
ウソ
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula
ウソ
ウソ ウソが豊作のシーズンはアカウソが多いのだが、やっとタダのウソに遭遇。
ウソ
ウソ 赤いの、というか赤っぽいのもおるけど。
ウソ
ウソ ウソの♀。おでこに何か付いてる。インドのウソか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/02/2013

今日の野良鳥(2月20日)

 狩猟シーズンも終わったし、お山の様子も見に行こうと思うのだが、お天気がモヒトツ。なのでまたも南の河原。
ウズラ
ウズラ ウズラ、Coturnix japonica。今日もいた。
ハイタカ ハイタカ、Accipiter nisus
ハイタカ 別個体のハイタカ。
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus
ベニマシコ
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus
コホオアカ
コホオアカ コホオアカ、Emberiza pusilla。いつもの。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica。彩かになって赤がはっきりしてきた。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。やはり彩度が上がってきてる。
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

きょうのやじう

シベリアイタチ
シベリアイタチ イタチ。かなりの「大物」なので、大陸型だろう。シベリアイタチ、Mustela sibiricaの亜種チョウセンイタチか。
タヌキ
タヌキ
タヌキ タヌキ、Nyctereutes procyonoides

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/02/2013

今週の野良水着

 11日のことである。河原をなんかおらんかと歩いていた。そうするとヨシが刈られた跡に何かいる。
スクール水着 どう見ても「スクール水着」である。なんでと思ったが、まあ河原に廃棄物が落ちていることは、そう珍しいことではない。twitterで紹介したけど、一人が「お気に入り」に登録しただけであった。
 さて、昨日16日。同じ河原というか、川からやや離れた河川敷だが、200メートルほど離れた所を歩いていると、今度は道ばたの雑草に、またもや「スクール水着」がいた。「スクール水着」は自力移動できないはずだし、見た目も先日のものとは別個体のようだ。後に確認したら、11日に初認した個体は同じ場所に生息していた。
スクール水着 しかし、事態はこれで終わりではなかった。
スクール水着 その上流、1.5kmほどの所にも「スクール水着」がいたのだ。肩紐の色が白ではなく紺色、内貼(というのか?)が白ではなくベージュと、それまでの2個体とはあきらかに別種である。
 この河川敷が野生の「スクール水着」の越冬地になっているとは考えにくい。おそらく遺棄された「スクール水着」が野生化したと考えられるが、それでも観察難易度はけっこう高いのではないだろうか。それが2種3個体も生息しているということはどういうことなんだろう。謎である。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(2月17日)

キジ キジ、Phasianus versicolor
ハシビロガモ
ハシビロガモ ハシビロガモ、Anas clypeata
ミコアイサ
ミコアイサ
ミコアイサ ミコアイサ、Mergus albellus
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
オオワシ
オオワシ
オオワシ
オオワシ
オオワシ
オオワシ オオワシ、Haliaeetus pelagicus。鴨を見てたら、湖上を通過して行った。
オオワシ 後で見たら、いつものオオワシの定位置、というか枯れ木の方におった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/02/2013

今日の野良鳥(2月16日)

ウズラ ホオジロとカシラダカが地べたで餌をつついてるんで、一回り小さいのもおらんかと見てみたら、1回り以上にデカイのが現れた。
ウズラ
ウズラ
ウズラ ウズラ、Coturnix japonica。普通に考えりゃ家禽化されたのが逃げ出したんだろうけど、こんなとこまで来るかと思うし、一方で野生のウズラが越冬してても不思議はないとこだし、見た目じゃ区別はつかん。
バン バン、Gallinula chloropus
ケリ ケリ、Vanellus cinereus。みみずくおるかと 眺めてみても ミミズ食うケリ いるばかり ああコリャコリャ。
ヒバリ
ヒバリ
ヒバリ ヒバリ、Alauda arvensis
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/02/2013

今日の野良鳥(2月15日)

 午後、買い物に行こうと思ったら雨も止んでたので、裏山の麓に寄ってみた。今季、豊作組が2種。
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ
キクイタダキ キクイタダキ、Regulus regulus
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/02/2013

今日の野良鳥(2月14日)

ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。場所は違うけど今日もいた。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ コホオアカ、Emberiza pusilla。いつもの。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rustica。他のカシラダカとは離れ、ホオジロとコホオアカと一緒に行動してるもんで、いつのまにかコホオアカと入れ替わってたりする。
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus。今日はやたらバリバリ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/02/2013

昨日・今日の野良鳥(2/12・13)

サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン
サカツラガン サカツラガン、Anser cygnoides。ついでがあれば見に行こうかなと思ってたのだけど、そんなに都合良く「ついで」はない。で「えらい人慣れして、人に餌もろてるし、早よ行かなガチョウになるで」と言われたんで見てきた。
 餌を貰ってると言っても、1時間毎に「はい3秒連写して」というような愚劣な餌付けが行われてるわけじゃなくて、近所の爺ちゃん婆ちゃんが、そこらの鴨や鳩みたいな感覚でパンの耳とかをやってるわけで、相手が絶滅危惧種だとかそんなことは気にしてる様子もない。それに人慣れというより人は無視してるみたい。
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。寝てるサカツラガンも起きて見るんで、人よりは警戒してるようだ。
ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica。今更なんだけど、昨シーズンは見てないし、その前は大量に見たけど、実はヤドリギに来たのは見てない。
ヒレンジャク
ヒレンジャク ということで、ヒレンジャクらしい「納豆うんこ」は久しぶり。
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

11/02/2013

昨日・今日の野良鳥(2/10・11)

オシドリ
オシドリ オシドリ、Aix galericulata
ミサゴ
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus
ミサゴ 中州で獲った魚の頭だけ食って、残りはお持ち帰り。
ノスリ
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus
ハヤブサ ハヤブサ、Falco peregrinus。近くを飛んだ時には間に合わず、遠くに行ってから。
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
コホオアカ 今日のコホオアカ、Emberiza pusillaは、ほとんど、こんな状態。
コホオアカ 一瞬だけ出てきたけど。
カシラダカ カシラダカ、Emberiza rusticaばかりが目立ってた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/02/2013

今日の野良鳥(2月9日)

ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。@地べた。
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ
ハギマシコ ハギマシコ、Leucosticte arctoa。ようやくこの冬5種めの猿子。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/02/2013

今日とかの野良鳥(2月6・8日)

ミサゴ
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。今日は低空飛行。
ヒガラ ヒガラ、Parus ater。近所におるのは変わり映えせず。
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica。ここんとこ渡りのオオカワラヒワがやたら増えた。
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus
ホオジロ・コホオアカ 先週も見たコホオアカ、今日はホオジロとおった。
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ
コホオアカ コホオアカ、Emberiza pusilla。風が強くてあまり上には出てこん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/02/2013

昨日の野良鳥(2月2日)

ヒシクイ ヒシクイ、Anser fabalis
ヒシクイ・マガン でかいのがヒシクイ。小さいのがマガン。
マガン
マガン
マガン
マガン マガン、Anser albifrons
シジュウカラガン
シジュウカラガン
シジュウカラガン シジュウカラガン、Branta canadensis
オオハクチョウ オオハクチョウ、Cygnus cygnus
オジロワシ オジロワシ、Haliaeetus albicilla。入り江の向こう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« janvier 2013 | Accueil | mars 2013 »