« 桜が咲くら(3月28日) | Accueil | 今日のつくし(3月30日) »

29/03/2013

今日のかもめ(3月29日)

カモメ
カモメ カモメ、Larus canus
ウミネコ ウミネコ、Larus crassirostris。カモメとは嘴の先が違う。目つきも悪い。背中のグレーも濃い。
ウミネコ 今日のウミネコは飛んでなかったので、先日に撮ったウミネコ。カモメと違い、尾羽に黒いラインが入っている。
 このウミネコもカモメ科カモメ属であるけど、カモメではない。本来、和語で「かもめ」と書くのを、カタカナでカモメと書く場合、種名と解釈されるからだ。すもももももももものうちだし、スモモもモモももものうちだが、スモモもモモもモモのうちではない。
 まあ、別にどうでもいいようなことだ。(ただし、生物を教えてる人は除く。)
 カモメは冬鳥だがウミネコは基本的に留鳥。つまり、本州だと冬には両方ともいるが、夏にいるのはウミネコということになる。
 さて、1933年9月24日、僧侶で仏教学者の足利瑞義が横浜港からハワイに旅立った。そこには多数のかもめがいたそうである。この時期ならウミネコだろう。その光景を見送りに来ていた姪の武内俊子が見て作詞したのが「かもめの水兵さん」ということらしい。別に「カモメの水兵さん」じゃないからいいのだ。
 JR九州の博多と長崎の間に特急「かもめ」が走っている。
かもめ 現在は交流専用の電車で運行されているが、2000年までは国鉄時代に作られた交直両用電車も使われており、その正面には絵入りのマークが掲出されていた。その時の画像を探すのも面倒なので、wikipediaから引っ張ってきた。
 右はそのマークのアップだけど尾羽に黒い線が入っている。つまりウミネコである。でも、特急「かもめ」であって「カモメ」じゃないからいいのだ。JR東日本の特急「かもしか」よりマシ。
 なお、1953年から1961年まで、京都・博多間を運行していた特急「かもめ」の最後部にもかもめの絵が入ったマークが掲げられていたが、尾羽の黒い線はない。
 

|

« 桜が咲くら(3月28日) | Accueil | 今日のつくし(3月30日) »

Commentaires

神奈川県のシンボルはカモメのようです。

http://www.pref.kanagawa.jp/promotion/profile/song.html

Rédigé par: kuroneko | le 30/03/2013 à 09:39

You made some good points there. I did a search on the subject matter and found most guys will approve with your blog.

Rédigé par: Nauru wczasy | le 31/03/2013 à 22:04

 東京都はユリカモメらしいですね、神奈川の方がひとまわりデカイ。
 ちなみに大阪は百舌鳥。2枚どころか100です。市じゃなくて府だけど。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 02/04/2013 à 01:00

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/57063728

Voici les sites qui parlent de 今日のかもめ(3月29日):

« 桜が咲くら(3月28日) | Accueil | 今日のつくし(3月30日) »