« novembre 2013 | Accueil | janvier 2014 »

31/12/2013

今年の野良鳥(2013年)

キレンジャク 1月には種別のフォルダが72で、昨年より多い。でも、これといって「何を見た」という記憶がない。コホオアカを見つけたくらいか。ズグロカモメ、オオハシシギ、ビロードキンクロ、カラムクドリとか、まともに撮ったのは初めて、というのもいたけど、あらかじめ、いると聞いてたのを撮っても、あまり記憶に残らない。
 近所ではレンジャクが多かった。その中からキレンジャクを。

ウズラ 2月に載せた中で、ネットで最も反響が大きかったのは野生のスクール水着なんだけど、他にも見に行こうと人は誰もいなかった。ところが同じ場所におったウズラは、2月半ばには他に撮る人も1人いたくらいだったのに、月末になると、何ややたら人が来るようになった。それで行かなくなった。
 なお、翌月半ばくらいから、餌付けする馬鹿まで現れる始末。野生なのか家禽の逃げ出したのかわからんウズラだけど、3月半ば以降は、厳密には野生でなくなったようだ。

コクガン 昨年も3月には、伊勢の海というか伊勢ヶ浜で撮ったカモ科を載せたけど、今年も同じとこの別のカモ科。
 かなり以前に、えんぶりのついでに、氷点下の時折吹雪く八戸の海岸で撮った時にはさぶかったけど、ここじゃ楽に撮れる。

クマタカ 4月になると、そこらの山に旅鳥や夏鳥がやってくる。でも、これまでで最も近くに寄ってきたというだけで、留鳥を載せておく。もう10メートルも違う場所から撮ってたら、バックに満開の山桜が入ったのに、そううまくはいかん。

サンショウクイ 5月は、やってきた夏鳥代表でサンショウクイ。昨年はノジコを見かけた里山に行ってみたのだが、ノジコはおらず。なぜか、その山では初めて見かけるサンショウクイがおった。
 このサンショウクイは、いつも見かけるというか、繁殖している山の方。

ヤブサメ 6月くらいから、あまり出かけなくなった。半ば過ぎからは、近所のチョウチョ・トンボばっかり。そんでも、そこらの山の様子見には行ってたわけで、ちょうど巣立ったばかりのヤブサメの団体がウロウロしてて、やたら近くに寄ってきたのん。


ササゴイ 7月も近所の山のいつもの鳥ばかりで、特に印象深いのはない。ちょっと違うとこも見ておこうと暑い中を河原に出かけたらササゴイがおった。オイカワの婚姻色が綺麗だったので載せておこう。

ミサゴ 8月、昨年にダイシャクシギを載せたけど、やはり夏の18切符の定番で同じ所に行ってみたものの、これというのはおらんかった。しょっちゅう見かけるミサゴだけど、この時には、ごく近くで留まってたので。

コサメビタキ 9月は秋の渡りのシーズンが始まるけど、今年は低調。夏には、秋になればまた出かけようかと思っていたのが、その気もなくなったしまった。コサメビタキは撮ったけど、エゾビタキもサメビタキも今年は撮ってない。

カケス そんな調子で10月も低調。ノジコも見に行ったけど、例年より渡りのピークが数日ずれて撮れず。そんなわけで、10月の例年恒例の栗を運ぶカケス。

クロジ 11月には冬鳥も入ってくるのだが、今度は、天候と出かけられるタイミングがあわずに、まだまだ低調。でも、例年のことなので、近所のお山のクロジは見に行った。夏の台風による沢の増水で、あたりの光景が一変していたし、例年より半月くらい来るのは遅かったけど、一応、来ていた。

ミヤマホオジロ 12月も、ほとんど出かけてない。イスカでもという気はあるのだが、交通が不便というのと、人が多すぎとおいうので、行けてない。そこらの山にも、種子食の鳥が好みそうな種子がまだ付いたままで、これといった冬鳥もまだ到着してないようだし。そんなんで、昨日に撮ったミヤマホオジロ。

 昨年もそうしたけど、その折々にも載せた絵ばかりだと思うんで、クリックするとちょい大きめの絵が出るようにしてみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年のトンボ

 今年、撮ったトンボ。特に探したりしないで、出会ったのだけだとこんなもん。このサイズの画像だと、何かわからんやつも多いけど。
今年のトンボ
今年のトンボ
今年のトンボ
 夏からほとんど出かけてないので、やっぱりヒメアカネやルリボシヤンマとか毎年撮ってるのがないし、アオイトトンボやエゾトンボの類やサナエちゃんも少ない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年の蝶

 今年、撮ったチョウ。特に探したりしないで、出会ったのだけだとこんなもん。
今年の蝶
今年の蝶
今年の蝶
 夏からほとんど出かけてないので、スミナガシほか毎年撮ってるのがない。その分、いつもは見かけても撮らない近所のがけっこういる。といっても、春から初夏のはない。この時期にシジミチョウは近所にもっといるはずなんだが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

歳末の野良鳥(12月30日)

 餅だの味噌だのそばだのを買いに行ったついでにみかけたミヤマホオジロ、Emberiza elegansだけ。ペアで越冬中。
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ
ミヤマホオジロ

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/12/2013

今月中旬の野良鳥(12/10〜19)

 特にどこにも出かけてないんで、買いもんや用事のついでに見かける、近所に普通におる面々。
ハイタカ ハイタカ、Accipiter nisus
ジョウビタキ
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
アトリ
アトリ
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla
イカル
イカル
イカル イカル、Eophona personata
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/12/2013

黑部峡谷鉄道ED8

 黑部峡谷鉄道には乗ったことがない、見たこともない。宇奈月には何度か行ってるのだけど、なぜか、宇奈月温泉にも黑部峡谷にも行かず、その手前をウロウロしたり、地ビールを飲んだりしただけ。
 その黑部峡谷鉄道をかつて走っていた機関車の模型のキットがあって、かなり古い製品で、各所に不満があって放置していたけど、やっと作り上げた。
 実物は、以前に降りたこともある下立駅の近くに保存されているらしいのだが、見ていないし、さらにキットの頃より後に改装されているようで、各部に違うところがある。
 最大の不満は、Z形のパンタグラフで、上下しない固定だった。それを可動するようにしたり、隙間を埋めたり、左右が逆の機器箱を加工した程度。
黑部峡谷鉄道ED8
 塗色は橙と栗色らしい。黑部峡谷鉄道は元々、関西電力の施設だったわけで、今の関西電力の作業車が橙と栗色なので、その色を参考に塗った。
黑部峡谷鉄道ED8

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今週の野良鳥(12/5〜8)

モズ
モズ
モズ モズ、Lanius bucephalus。年中いるけど、晩秋が似合う。倒木の上でキョロキョロしとった。
モズ 近くの茂みにミソサザイがおると思ったら、モズも気付いてて、攻撃姿勢。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。お山におったのは走り回る爺ちゃんがいないので、ゆっくりしとるが、遠かった。
コイカル
コイカル コイカル、Eophona migratoria
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。久々に行ったお山では、いろいろおったが、撮ったのはこれくらい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/12/2013

昨日・今日の野良鳥(12/3・4)

シジュウカラ シジュウカラ、Parus major
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
メジロ メジロ、Zosterops japonicus
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
ルリビタキ  ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« novembre 2013 | Accueil | janvier 2014 »