« avril 2014 | Accueil | juin 2014 »

31/05/2014

今日の蝶・トンボ(5月31日)

 今日もチョウやトンボ。別にむしブログに方針変更したわけではないのだが。
 短時間だったので、また裏山に行っただけで、この時期にはこれといったトリはおらん。チョウやトンボもこれといったのはおらんのだけど、今まであまり興味を持って見てないし、あまり貼ってないしで、まだマンネリが救われる気がする。
クロイトトンボ クロイトトンボ。
サラサヤンマ 留まってたサラサヤンマ。何か撮っても張り合いがないけど。
オオヤマトンボ オオヤマトンボ。留まらんしホバリングもせんやつも、それはそれで困ったもんだけど。
コシアキトンボ コシアキトンボ。
モンシロチョウ 姿やさしいモンシロチョウ蝶。
 以前もたまに蝶を撮って貼ってたけど、昨年6月後半くらいから、やたら増えてる。理由は3つほど。
 トリを撮る際に、別にトリを探して歩いているわけではない。ただボーっと歩いているだけ。そして何か動くモノがあったり飛んでたりすると、何者かと見て、トリさんなら撮る。なので、見た時に「なーんやチョウチョや」ということがよくある。ところがチョウも撮るようになると、「なーんやチョウチョや」が「あっ、チョウチョや」に変わるわけである。ガッカリが期待に変わるので、これはオトクだ。
 もうひとつは、100mmマクロf2.8というレンズの出番を増やすため。けっこう評価の高いレンズなのだ。でも、付け替えて撮ることは少なくて、トリ用のレンズでそのまま撮ってる方が多いけど。
 さらに、昨年の初夏、林道でたまたま遭った知人が、小さな薄紫の蝶を撮ろうとしてた。私は、小さな薄紫の蝶といえば近所でやたらいるヤマトシジミだとばかり思ってたのだが、ルリシジミで「綺麗」だそうだ。それで、後々、小さな薄紫の蝶もちゃんとチェックすると、近場でもいろいろいるようなのだ。
ヤマトシジミ その近所にやたらいるヤマトシジミ。
アカシジミ 今日も見かけたアカシジミ。飛んでる時には同じに見えても、裏山には似たようなのが3種いるらしい。昨年は2種しか撮ってないんで、要チェック。
ミズイロオナガシジミ ミズイロオナガシジミ。樹の周囲を白くて小っこいのがヒラヒラしてたんでウラギンシジミやろと思ったけど、留まったのを見ると違った。
 樹上性のシジミチョウでは最もありふれた種らしいけど、これまで撮ったことがないということは、ウラギンシジミだと思って見てた中にもけっこう混じってたんだろなと思う。
ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ このミズイロオナガシジミ、上向きに留まっては、すぐに下を向く。尻尾を頭に見せるための習性なんだろうか。
ヒオドシチョウ ヒオドシチョウ。春に越冬組らしきのを見かけたが、今年生まれらしいのがようけいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良魚(5月31日)

ナマズ トンボ見てたら、足元をナマズが泳いでた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のモリタマ

モリアオガエルの卵塊 そういや今年初めて見るモリアオガエルの卵塊。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/05/2014

けふのてふ(5月29日)

 裏山を通ってのかいもん。チョウチョだけ今期初遭遇がおった。
ヒメキマダラセセリ ヒメキマダラセセリ。今期初遭遇。
アカシジミ
アカシジミ アカシジミ。今期初遭遇。
アカシジミ と、思ったら、別のとこでやや小さいアカシジミもおった。
アカシジミ さらに、茂みの中にも別のアカシジミ。
テングチョウ 春先からやたら見かけたテングチョウ。ここんとこ擦り切れたようなのばかりだったが、今日は新しいのがようけいた。新しい世代のようだ。TeNGu The Next Generation。
ミスジチョウ ミスジチョウ。今期初遭遇。
ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ ゴマダラチョウ。半月くらい前から近所の公園の樹の高いとこでヒラヒラしとるのは見てたけど、今日は地べたで吸水しとった。
ヒカゲチョウ ひなたのヒカゲチョウ。
サトキマダラヒカゲ ひなたのサトキマダラヒカゲ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/05/2014

今日の蝶・トンボとか(5月27日)

 早い目にかいもんに出かけ、近所で短時間。場所はだいぶ違うけど、一昨日と同じようなのがいただけ。
ダビドサナエ ダビドサナエ。さすがに近所にコサナエはおらん。
ハラビロトンボ ハラビロトンボ。今が最盛期か。
サラサヤンマ サラサヤンマ。例によって留まらん。
ダイミョウセセリ ダイミョウセセリ。近所のは後翅の模様がクッキリしてる。
クロセセリ 
クロセセリ クロセセリ。一昨日なら大発見でも、今日は普通種。
キタテハ キタテハ。
アカタテハ アカタテハ。
サトキマダラヒカゲ サトキマダラヒカゲ。一昨日はどっちか迷ったけど、近所には専らこっち。
クロヒカゲ クロヒカゲが葉っぱの向こうにいたんで、回り込もうとしたけど、林の中に飛んでった。
マイマイカブリ マイマイカブリ。クロヒカゲの消えた林に這うとった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良苺

クサイチゴ? こっちが食える方で、
ヘビイチゴ? こっちが食わないのがいい方だっけ?
 違ってたらアカンので、食ってない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/05/2014

今日のトンボ(5月25日)

オオイトトンボ オオイトトンボじゃろか。
モノサシトンボ 目盛りが付いとるんでモノサシトンボか。
サラサヤンマ
サラサヤンマ
サラサヤンマ 虎模様のトンボがやたら多いんで、飛んでると見た目では何者かわからん。なので撮ってみるわけだが、今日、多かったのはサラサヤンマ。
サラサヤンマ
サラサヤンマ 留まってるサラサヤンマもおった。
コサナエ これはだいぶと小っこいんで、当然、違う。でもやっぱり撮ってみないことにはわからない。どうもコサナエのようだ。
コサナエ 留まってるコサナエもおった。
オオヤマトンボ 大きいのは前部サラサヤンマかと思ったら、違うのもおった。ドラえもんみたいな顔してるんでオオヤマトオンボか。でも、今のドラえもは大山のぶ代と違うらしいのだが。んこいつは留まってるのは見かけなかった。
クロスジギンヤンマ これも撮ってわかった。クロスジギンヤンマ。
クロスジギンヤンマ 繋がって留まってるクロスジギンヤンマがいたので、もう飛んでるギンヤンマらしきのは撮らずにスルーした。
ハラビロトンボ
ハラビロトンボ ハラビロトンボ。
ハラビロトンボ ハラビロトンボは、つい太っ腹がわかるように撮るんだけど、正面顔もおでこのブルーがくっきりしてオモロイ。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

けふのてふ(5月25日)

ダイミョウセセリ ダイミョウセセリ。後翅の白斑があるようなないような。
イチモンジセセリ イチモンジセセリ。
コチャバネセセリ
コチャバネセセリ コチャバネセセリ。
クロアゲハ クロアゲハ。
モンキアゲハ やたらよく見るモンキアゲハ。
カラスアゲハ
カラスアゲハ カラスアゲハ。
クモガタヒョウモン 今日も見かけたクモガタヒョウモン。今日は裏だけ。
クロヒカゲ クロヒカゲ。
サトキマダラヒカゲ サトキマダラヒカゲ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(5月25日)

 今日も期待してたのはおらず。それどころか撮ったのは通り過ぎて行ったミサゴだけ。なのでトリさんを撮った時間は1秒もない。後はチョウチョやトンボを撮ってた。
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/05/2014

今週の野良鳥(5/20〜23)

ヨシガモ ヨシガモ、Anas falcata。越夏中。
カルガモ カルガモ、Anas poecilorhyncha
キアシシギ キアシシギ、Tringa brevipes。今週も滞在中。
カワガラス カワガラス、Cinclus pallasii。この日は、期待してたのはおらず、結局撮ったのは、チョウとカワガラスと…
キセキレイ キセキレイ、Motacilla cinerea。とトンボだけ。
センダイムシクイ
センダイムシクイ
センダイムシクイ センダイムシクイ、Phylloscopus occipitalis。山麓で弁当の常連。
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina
カワラヒワ カワラヒワ、Carduelis sinica

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/05/2014

今日の蝶・トンボ(5月22日)

アオサナエ 今日も見かけたアオサナエ。
モンキアゲハ モンキアゲハ。よく見る。
クモガタヒョウモン クモガタヒョウモン。ツマグロヒョウモンと違うというだけで一翻。見られる時期と場所がそう多くないというので二翻、でも表だjけで裏を撮ってないんで満貫には届かず。
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ 
アオバセセリ アオバセセリ。晴れたり曇ったり時雨れたりだと、何とも微妙に色が変わって映る。それにどうせオオルリとミソサザイが鳴いてるだけだったので、やたらようけ撮ってもうた。
アオバセセリ 猿みたいな顔。
アオバセセリ ケツ写。後翅端を頭に見せかけているのか、そういや後翅端の痛んだ個体がいたな、と思ったものの。
アオバセセリ
アオバセセリ 意識して撮ったわけじゃないけど2個体が映ってた。やっぱり翅の痛みは後翅端からが多いようだ。死体収集癖のあるマニアは、こういう個体には興味がないだろうが、ワタシ的にはこういうのを撮っておかなくちゃ、と思うんだけど、その場じゃなかなか考えが及ばない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/05/2014

今日の蝶・トンボ(5月20日)

ホシミスジ
ホシミスジ ホシミスジ。
クロアゲハ
クロアゲハ クロアゲハ。
クロイトトンボ クロイトトンボ"。すぐに留まるのに飛んでるのを撮ることもないんだけど。
ベニイトトンボ ベニイトトンボ。もういた。
アオモンイトトンボ? 青いとこがないんでわからんやつ。
ショウジョウトンボ ショウジョウトンボ。赤くなってる。
ショウジョウトンボ ショウジョウトンボ。産卵してる。
ヨツボシトンボ ヨツボシトンボ。産卵してるのをよく見かけるのはこれ。
アオサナエ
アオサナエ アオサナエ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/05/2014

昨日・今日のすれ違い

 昨日は書店で行われたイベントに寄ってきた。告知されてたblogに「行こうかな」とブコメしたら、それを他所で紹介した人がいて、それにイベント出演者が★を付けたんで、行かないわけにゃいけない。
メレ子はん このblogには、虫の写真を載せたりもしているが、私とて「虫屋」でも「虫マニア」でもないわけで、虫を撮ったらその時に調べる程度の「ときどき昆虫学」なのだ。そういう虫素人なので、虫へのアプローチが全然違う人の話というのは興味深いものがあった。
 最後に本の紹介と、とある予備校の生物の先生が、生徒にこの本を紹介したもんで、生徒が虫の研究に進路を変更したがった、というエピソードが紹介された。そんな先生は堅実を旨とする土地にはいられんだろうな、と思ったのものである。そして、サイン会と「出演者と自由にご歓談ください」という、会議のレセプションパーティーみたいなことになった。
 さて、このイベント、出演者には「シークレット・ゲスト」もいらしたのだが、この本に書かれた人で旅費不要の人だということは、容易に予想できたところである。
バッタ博士 世界的に有名な「バッタ博士」である。
 それで、ぜひバッタ博士に聞いて見たいこともあったのだけれど、サイン会に長蛇の列ができていたのと、帰って麻婆豆腐を作るつもりで、挽肉や豆腐を持っていて、それが傷んじゃいけないんで、さっさと帰って来てしまった。

 人間が感じることのできる電磁波は一般的には波長が400 nmから800 nmくらいまでのものらしい。他の電磁波も感じると自称する人もいるらしいけど。このうち、波長に敏感なのは、420nm,、534nm、564nmあたりにピークがあるらしい。ということで、人間はピークの感覚の狭いあたりの波長に特に敏感ということで、人の顔色を伺ったりするらしい。
 言い方を変えれば、人間の感じる色は、電磁波の一部にすぎなくて、赤から黄、緑の範囲に敏感ということになる。ずいぶん色の範囲が広いようだけど、敏感な範囲だから「広い」と感じるだけだろう。
 一方、トリさんでは、その感じる波長の範囲が違うし、波長に敏感なピークは4カ所らしく、敏感な波長も違うらしいのだ。そんなわけで、トリさんが見てる色というのは、人間とは違うわけで、どんなものなのか想像が付きにくい。
 さて昆虫である。人間には同じ色に見えるチョウの♂と♀が、そのチョウ自身には違う色に見えるという話を聞いたことがある。それでバッタはどうなんだろう、と、バッタ博士の口演を聞いてて思ったんで、聞いてみたかったのである。
 バッタ博士はバッタに食われたいという望みがあって、緑の服を着られるそうだ。人間には同じ「緑」でも、バッタには食うべき「緑」に見えないってことはないんだろうか。もちろん専門家なので、そのあたり抜かりはないとは思うが、他の生物の色覚というのは、どのように知ることができるんだろうか。

 さて、昨日の今日であるが、路上で、それも別当町近くで、バッタ博士とすれ違った。日本では運転手がいないためか。自分で車を運転されていた(こいでおられたと言うべきか)。一瞬すれ違った際に昨日のお礼を言われた。あんなにたくさんの聴衆を覚えてられるか、おそるべしバッタ博士である。
 なので、今後もどこかでバッタ博士に遭遇する機会はあるだろうし、その際には、ぜひ聞いて見たい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(5/17・18)

コチドリ
コチドリ コチドリ、Charadrius dubius。河原におったペア。
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。先日のはいかにも昨年生まれという感じだが、今日のはそうでもない。別個体だろうな。
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキの♀。いますぐおっけーよという姿勢でやってきた。火照った身体を冷やしたいのか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今週のトンボ・蝶が(5/12〜18)

ヨツボシトンボ ヨツボシトンボ。
ショウジョウトンボ ショウジョウトンボ。
ヒメクロサナエ ヒメクロサナエ。
ダビドサナエ ダビドサナエ。
ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ ニホンカワトンボ。
モンキアゲハ モンキアゲハ。
ナガサキアゲハ ナガサキアゲハ。
ウスキツバメエダシャク ウスキツバメエダシャク。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/05/2014

今日の野良栗鼠(5月17日)

ニホンリス
ニホンリス ニホンリス。サンコウチョウの声がしたんで回りを見回してたら頭上におった。
ニホンリス 会う日はよく会うもんで、かなり離れたとこでも、遠くの樹にしがみついてるのがおった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/05/2014

今週の野良鳥(5/14〜16)

キアシシギ
キアシシギ キアシシギ、Tringa brevipes
ヤマガラ ヤマガラ、Parus varius。ふつーの。
ヤマガラ ハゲのヤマガラ。店長さんを紹介しようか、と思ったけど、糸状菌あたりのせいかも知らんし、そうなら院長さんの輌分か。
オオルリ
オオルリ
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina
キビタキ
キビタキ やっぱりキビタキ。若い。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/05/2014

昨日・今日の野良鳥(5/10・11)

ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ
ブッポウソウ ブッポウソウ、Eurystomus orientalis
ムギマキ
ムギマキ ムギマキ、Ficedula mugimaki。昨日はちょいちょい行く里山だけど違う山道を通ってみた。いるだろうものはいたけど、皆、遠い。撮ったのは、遠いながらも、ここで春に見るのは初めてのムギマキだけ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/05/2014

今日の蝶トンボが(5月10日)

ツバメシジミ ツバメシジミ。
アサヒナカワトンボ アサヒナカワトンボ。どっちゃかわからんはずだけど、近くに「ニシカワトンボ」と書いた案内標識があった。
ウンモンスズメ
ウンモンスズメ ウンモンスズメ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の弁当(5月10日)

弁当 ポーク卵、サラダ菜とキュウリ。昨日の残りの焼いたシャケのほぐし身と大葉のまぜごはん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/05/2014

昨日・今日の蝶・トンボとか(5/8・9)

ナミアゲハ ナミアゲハ。
アオスジアゲハ アオスジアゲハ。
モンキアゲハ モンキアゲハ。フツーの蝶がフツーに見られるようになってきた。
ジャコウアゲハ ジャコウアゲハ。なぜかボロボロになってた。
アサギマダラ アサギマダラ。これもボロボロ。
コミスジ コミスジ。
ムラサキシジミ・ミドリカミキリ ムラサキシジミとミドリカミキリ。
アオモンイトトンボ アオモンイトトンボ。
ヒメクロサナエ ヒメクロサナエ。
オナガサナエ オナガサナエ。
ギンヤンマ ギンヤンマ。時節柄、クロスジかと思ったけど、撮ってみたらただのギンヤンマとかくにん、よかったかはわからんが、見てわからん際は撮ってみるもんだ。
シオカラトンボ
シオカラトンボ シオカラトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(5/8・9)

ゴイサギ ゴイサギ、Nycticorax nycticorax
コルリ
コルリ
コルリ
コルリ
コルリ
コルリ
コルリ コルリ、Luscinia cyaneかくにん。よかった。まだ若い個体らしく、翼が青くなっていない。
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。毎年、夏の定番だけど、昨年秋の台風の増水のせいで、背景が微妙に変わってる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/05/2014

今日の蝶・トンボ(5月7日)

スジグロシロチョウ スジグロシロチョウ。今年初遭遇。モンシロチョウに混じって飛んでるのは、もうツマキチョウじゃなくて、こっち。
アサヒナカワトンボ どっちかわからんカワトンボ。
アジアイトトンボ アジアイトトンボ。
クロイトトンボ
クロイトトンボ クロイトトンボ。
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ
シオヤトンボ シオヤトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昨日・今日の野良鳥(5/6・7)

 トリさんは5月に入っても全然ダメ。長いののヒットで運を使ってしまってるからか。
コサメビタキ
コサメビタキ コサメビタキ、Muscicapa dauurica。
ムギマキ ムギマキ、Ficedula mugimaki。先月見かけた♀は暗くてダメ、今回の♂はあっちゃむいとる。
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。
ホオジロ
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の長いの(5月7日)

ジムグリ
ジムグリ ジムグリ、Elaphe conspicillata。ジムグリ自体はもちろん初見ではない。けれども、これまで見たのは、派手な模様の幼蛇や若い個体がほとんどで、模様の消えた、1メートルは超えてると思われる立派な成蛇は初めてで、最初は何者かわからんかったほどだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

連休中のお弁当。

 フィールドでお弁当を食べてる間に、何やら出てきて、撮り逃す、というのはよくあることだ。なので知人には「昼食はおにぎりに限る」と言ってる人もいる。でも、ここんとこのように「成果」のない時には、お弁当が楽しみなのだ。とはいえ、コンビニでおにぎり100円セールとかやってて、手間とか考えるとそっちの方が安上がりなんで、隔日程度にしか作ってないけど。
弁当 タンドリー風チキン。うちにはタンドリーはないので、ヨーグルトやカレースパイスでたんどりしといた鶏肉を焼いたもの。
 夏野菜サラダ。市販のサラダにゴーヤスライスとかが入ってたのがあって、前日に食た残りにキュウリを足した。
 卵焼き。
 ご飯のトッピングは「はてぶ」経由で見た「万能薬味」とじゃこをゴマ油と醤油少々で炒めたもの。この「万能薬味」は万能だけあって、何に対しても専用薬味ほどうまくない。でも、こう加工するとご飯にあうんよ。
弁当 鶏はむオレンジ仕立て。鶏の胸肉に塩とマーマレードをすり込み下ごしらえしておき、オレンジジュースとジップロックに入れて、8〜90度の湯に1時間浸けといたもの。
 卵焼き。オニオンとレタスとキュウリのサラダ。
 ご飯のトッピングはしいたけと大葉とじゃこをゴマ油と醤油少々で炒めたもの。小ナスときゅうりの浅漬け。
弁当 ラフテー。自分で作ったんじゃなくて市販の解凍品。
 ピーマンとしいたけの炒め物。サラダ。
 ニラ入り卵焼き。ニラ玉のだしを少なめにして卵焼き仕立てにしたもの。
 ご飯のトッピングは「万能薬味」とじゃこをゴマ油と醤油少々で炒めたもの。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/05/2014

今日の野良鳥(5月3日)

サンショウクイ
サンショウクイ
サンショウクイ
サンショウクイ サンショウクイ、Pericrocotus divaricatus。どんてんまんが歌ってたんで撮ってもダメ。
キバシリ
キバシリ
キバシリ キバシリ、Certhia familiaris。ペアでウロウロしてた。まだ営巣してないようだ。
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina。どんてんまんが歌ってても、よう鳴いてた。
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelana

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

けふのてふ(5月3日)

ルリシジミ 栃の木の多い場所、春、ということでルリシジミを見かけたら要チェックらしいのだが、ただのルリシジミのようだ。
ミヤマセセリ ミヤマセセリ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/05/2014

今日の蝶トンボ(5月2日)

ツマキチョウ ツマキチョウ。あちゃこちゃで飛んでた。ところで、手前側の前翅、腹側が見えてるはずなのに、背中側の模様になってる。こんなのもおるんか。
ツマキチョウ 普通の♀の背中側。
ツマキチョウ 合体中のツマキチョウ。
トラフシジミ トラフシジミ。川の向こう。
アオスジアゲハ アオスジアゲハ。
ツマグロヒョウモン ツマグロヒョウモン。
アサヒナカワトンボ どっちゃかわからんカワトンボだけど、今期初。
ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ ヒメクロサナエ。川岸からわらわらへろへろ大量に飛び出しては杉の梢に留まってた。地べたに留まるのもいる。これでサンコウチョウが来ても大丈夫。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

黒くて長いの

シマヘビ
シマヘビ ヘビにはけっこう黒化型がいるらしい。で、黒いとアオダイショウ、シマヘビ、ヤマカガシの区別が付きにくい。この方は真っ黒けというわけでもないし、いらっしゃる場所とかから、どうやらシマヘビ、Elaphe quadrivirgataの黒化型のようだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/05/2014

今日の野良鳥(5月1日)

メダイチドリ
メダイチドリ メダイチドリ、Charadrius mongolus
オオソリハシシギ
オオソリハシシギ オオソリハシシギ、Limosa lapponica
チュウシャクシギ
チュウシャクシギ チュウシャクシギ、Numenius phaeopus
コアジサシ
コアジサシ コアジサシ、Sterna albifrons
セッカ
セッカ
セッカ セッカ、Cisticola juncidis

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

純粋階段

純粋階段 近所のスーパーにあった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« avril 2014 | Accueil | juin 2014 »