« décembre 2014 | Accueil | février 2015 »

31/01/2015

レストア中_2

 お雛さんの道具だろう「御十三揃」という、昔の化粧道具のミニチュアが出てきた。昔、お雛さんのセットがあって、今は姪の所に行っているのだが、取り残されたようだ。というのも壊れていたからか。
 中の衣桁とかバラバラになっていたのだが、接着し、隙間は埋めた。塗装の修復は、合成うるしを使うか、カシューを使うか、それとも塗料を買わずにラッカーかエナメルを使うか考え中。
御十三揃 やっかいなのは、止めてあった糸。右端の盥のように、各道具は糸で台に括ってあったのだろうけど、元の配置がわからん。
 いっそ、載せておくだけでいいと思うのだが、そうなると台の穴をどうにかせにゃならん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

信仰は侮辱すべきでない

 ローマ教皇が、「他の人の信仰を侮辱してはならない」という意味のことを言ったそうだ。報道では「もし友人のガスバッリ氏が私の母のことをののしったら、パンチが飛んでくるだろう。それは普通のことだ」とも書いてあるんで、倫理としていけないんじゃなくて、当然に報復されるだろうからいけない、という趣旨だったのか、どうもわからんことが多いニュースだった。ともかくも、例の仏週刊紙が襲撃された件を念頭に置いたものだろうけど、でも、ここからは、仏ともイスラムとも関係ない話。
 教皇はもちろん進化論を肯定しているだろう。教皇が選ばれ、教皇を選ぶ枢機卿だってそうだろう。アタリマエだ。十何億人の信仰を指導する立場なんだから相応の知性をお持ちだ。聖書の書かれた時代には進化論は提唱されていなかったんで、聖書が進化論を踏まえていないのは当然で、聖書の作り方が手書きから木版印刷に、活版印刷になり、電子印刷になったように、その読み方だって時代によって変わるのは当然で、規範としての聖書は、文理解釈ではなく論理解釈すべきものなんだろう。
 別に、生活の規範がフィクションであってもかまわないわけで、私だって、バカボンのパパを生き方の規範にしているくらいである。
 もちろん、カトリックだけではなく、他のキリスト教徒だって、学校を運営しているし、科学者の中にもキリスト教徒は大勢いる。聖書を規範とした信仰を持つ人たちの多くは進化論を肯定しているだろう。
 ところがである、一方で聖書の記述を理由に進化論を否定する人たちもいるらしい。その差は何なのか。キリスト教の神学についての知識はないけれども、一方で聖書を規範とする信仰を持ち、進化論を肯定する人たちがいる以上、常識的に考えれば、それは信仰の問題ではなく、読解力であったり、認識力であったり、思考力の問題ではないのか、私にはそう思えるのだ。
 なので、本人は「信仰のゆえ」と進化論を否定しているかもしれないが、どう見ても「知性のゆえ」に肯定できないとしか思えない。ひょっとしたら、この手の連中には、私はヒト、Homo sapiensであって、子羊、Ovis ariesではないとか反論したら、わけがわからなくなるかも知れない。
 「他の人の信仰を侮辱してはならない」、私もそのようにしている。でも、「信仰の故に」のつもりで進化論を否定している自称キリスト教徒を侮辱したって、それは、聖書を規範とする信仰を侮辱しているわけではなく、規範を理解できない知性を侮辱しているわけなんだが。
 ついでに、例えば、ネーミングライツや名誉博士号を買って、それを吹聴する。それが自称発明家なら侮辱していいけど、「信仰」の指導者だったら侮辱してはいけないのだろうか。これとて、信仰を侮辱しているわけではないのだが。
 牟田口廉也に言及しても、とある新興宗教の祭神になってる東條英機や木村兵太郎に言及しても、普通には「侮辱」するような言説になるわけだが、後者だけが信仰の侮辱になる、というのも変だし。
 元の教皇の言葉とは無関係なこんなことを書いてるのも、こういう「知性の問題」を他の差異にすり替えるということに、どうにもうんざりしていることがある。専門研究者の見解と、学問研究の成果に値しない与太話と、どちらを肯定するかは知性の問題のはずである。なのにそれをイデオロギーの差異とすり替えて、政治的に意見が分かれているなんぞという。おかげで、私なんぞは、どちらかといえば右翼的信条を持ち、それゆえに「専門の研究者」という権威を尊重し、研究者の意見に拠る傾向があるのだが、かようなすり替えによって、サヨクよばわりされたりすることもある。
 他の人の信仰やイデオロギーを侮辱はしない。ただ、アホにはアホと言うてるだけである。アホ言うもんがアホやと言われれば、そうやと答える。それだけである。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/01/2015

OA-4M

 なぜに,その昔の食堂車のメニューだの予約券だのが出てきたかというと、探し物をしていたから。
 なぜ探し物をしてたかというと、久しぶりにプラモデル作ったから。頼まれモノというか、こっちから志願したわけだけど。ところが、久々なんで、道具類とかに行方不明のやつがいて、それを探していたからだ。
 プラモデルだし、そんなに大きくないし、部品点数も少ないし、実際にかかった時間はわずか。でも、金属製の鉄道模型だとハンダでくっつけるんで、付ければすぐに次の工程に移れる。ところがプラスティックだと接着した所が固まるまで、次の作業に移れない、なので、1日に数分しか作業できなかったりする。
 接着や塗装の場合は、揮発性の高い有機溶剤を使用するのだが、やっかいなのはマーク類。マークには印刷面の下に接着成分が含まれていて、溶剤としてジハイドロジェン・モノオキサイドという常温では液状の物質を使用する。こちらは揮発性が低いために、貼った所にすぐに触るとマークがずれたりするんで、貼っていくに従って、持つとこがなくなり、中断を余儀なくされる。さらに、この溶剤は金属を錆びさせるので、金属製の道具に付着しないように扱わないといけない。
 こういう、事情と道具探しとかの時間がかかって、実質数時間の作業に1ヶ月近くかかってしまった。
 で、作ったのがこれ。
OA-4M
OA-4M
 なんで、こんな地味な機体がセレクトされて送られてきたのかは不明。
 基本的に、説明書の通り組み立てただけ。でも依頼主のとこには幼児がいて、触るだろうから、折れやすい、取れやすい部品とかは、最初から切り取ってしまった。ピトー管、後方警戒アンテナ、アレスター・フックとかがないのはそのため。キャノピーは開閉が選べるのだが、壊れやすいので、閉じた状態で固定。
 その分、手間が省けるかというと、そうでもなかった。エアーブレーキも説明書のような開状態では外れやすいので、閉状態で固定したのだが、外形を整形するための接着剤の乾燥待ち時間が必要になる。
 水平尾翼や脚カバーも、塗装してから接着した方が、楽だし見栄えもいいのだが、強度を高めるため、先に接着してから塗り分けてるんで、マスキングの手間がかかったり。
 しかし、海軍機というと、F-14デビューの頃まではハデハデだったのに、えらい寝ぼけたような塗装になったもんだ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(1月29日)

トラツグミ 先日にも見かけた裏山のトラツグミ、Zoothera daumaだけ。今日はミミズを食うてた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28/01/2015

今日の飛びモノ(1月28日)

ノスリ
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus。以前はけっこう近くを飛んでたのに、今シーズンは川の対岸の上ばかり。
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。真上を通過。
ガルフストリームIV
ガルフストリームIV 今日、最も近かったのはガルフストリームIV。といっても、ノスリやミサゴより遠いけど、ファインダーに収まりきれないとこを飛んでた。
UH-1 遠くを飛ぶUH-1の変態。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27/01/2015

ハンドスコッチ

 ハンドスコッチ、もしくは「手歯止め」というらしいが、車輌が勝手に動き出さないように、車輪と地面の間に挟んでおく道具である。
ハンドスコッチ 普通はこのように使う。
 ところが、今日、あまり見かけない止め方をしている車を見かけた。
ハンドスコッチ どのように乗降するか、気になったが、乗ってた人は降りた後だった。
 手前に、そのハンドスコッチが置いてある。タイヤと地面が接していないのに、どのように使うのか、それも気になった。
ハンドスコッチ このように使うらしい。初めて知った。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/01/2015

昨日・今日の野良鳥(1/24・25)

アカゲラ
アカゲラ 今日もいた、というかいつもおるんだけど、裏山のアカゲラ、Dendrocopos major。あいも変わらずで、先日よりも遠いのだけど、陽があたってて、いかにも冬枯れの雑木林というとこなんで。
アオゲラ ついでにアオゲラ、Picus awokera
トラツグミ 裏山のトラツグミ、Zoothera dauma。裏山の向こう側の麓の公園におって、こっち向かんかな、と思ってたら、犬つれたおばはんが来たもんで、逃げてもうた。
イカル イカル、Eophona personata。この時期、公園に大量におるのだけど、今期は見ないな、と思ってたら、裏山で群れてた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/01/2015

ふなずしがなくてもふなばしがあるじゃないか

 またまた先日の鮒鮓の関連エントリーである。
 先のエントリーは、都民に対して挑発的なタイトルであったが、ブクマを見ると、むしろ千葉出身者の反発を買っているようだ。なぜ滋賀名産に千葉出身者が反発するのか、と考えた時、滋賀と千葉の共通点が多いことに気付いた。
 ともに漢字も仮名も2文字で2音節である。佐賀もそうだがローマ字では4文字、ヘップバーン式では滋賀と千葉はともに5文字である。
 さらに県土がともにドーナツ状である。円形ではないにしろ、位相幾何学的には同一形状である。滋賀は外側に「山地」があり、「可住地と農地」があって、中央は「水面」という構造になっている。千葉は逆に最も外側に「水面」があり、「可住地と農地」があって、中央は「ゴルフ場」という構造だ。
県の構造 ちょっとした買い物に行くのに、県庁所在地に行かずに県境を越えるということも共通点だし、身分証明には、免許証や保険証、パスポート以外に、滋賀ではHOPカードが、千葉ではマツモトキヨシポイントカードが使用できる。
 滋賀では新幹線の新駅計画があったが中止された、千葉では新幹線の新線計画があったが中止された。滋賀といえば八景であり、千葉は八犬伝。滋賀県民は「ヨイト、ヨイヤマカ、ドッコイサノセ」と聞けば踊り出すし、千葉県民は「なのはな体操」の音楽を聴かせると踊り出す。京都や大阪への滋賀の殺し文句は「水やらへんで」であり、東京や横浜への千葉の殺し文句は「醤油やらんぺ」だ。
 かように似ているのに、なぜに、というか、似ているがゆえに、滋賀に対抗心があるのではないか。でも、滋賀には「ふなずし」があるのに、千葉には「ふなばし」しかない。なので「ふなずし」に「ふなばし」の人が反発するのではないだろうか。
 そういえば、同じ2文字で2音節の県、佐賀では先日の知事選挙で、酷い候補が落選した。滋賀の知事は誰か知らんけど、小沢と組んで晩節を汚したとはいえ、あの嘉田氏の後継だそうだ。千葉はあの自称剣道2段だ。また、千葉には500m以上の山もなく、クマもいない、いるのは着ぐるみのネズミくらいだ。ここらも、千葉の滋賀コンプレックスを刺激しているのか。
 しかしである。ふなずしの効能がトンデモっぽいと言えども、トンデモ具合ではふなばしの市議にとうていかなわない。自信を持ってほしいものである。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

食べに行きたいスシ

 昨年の4月、琵琶湖に花見に行った時に撮った写真で、おばちゃんが獲ったフナを洗っている。
ふな このフナを食ったわけではないが、先日に食べた鮒鮓も、同じようにこの頃から作り始められていたのだろう。
 前エントリーでは、「江戸ずし」というか「早ずし」に挑発的なタイトルを付けたけれど、実は「早ずし」は嫌いではない。むしろ好きだ。ファースト・フードである「早ずし」の伝統を、現在、最も引き継いでいるのは「回転ずし」であろうけど、わりと食べに行く。
 中華料理、といっても一様ではないが、北京の大衆食堂で麵条料理を注文する際に、削って作った麵か、引っ張って作った麵か、ジェスチャーで聞かれたことがある。この引っ張って作った麵を「拉麺」というらしい。そして、北京には、中国各地の「拉麺」だけではなく、日式料理を食わせる店もあって、食わんかったけど、日本式の「拉麺」も置いてあった。その日式の「拉麺」、つまりは日本の中華そばから、チキンラーメンとかインスタントラーメンが生まれ、さらにはカップヌードルとかカップ麵が考案されたわけである。
 そして、インスタントラーメンは時々は食べるし、カップ麵も食べる。それぞれ製造には手間もかかっているだろうし、カップ麵だって、けっこういいお値段のものもある。カップラーメンはニセモノで中国の拉麺がホンモノという気はない。それぞれに意義はあるし、シチュエーションによってはうまいとも思う。
 同じように、本来のなれ鮓だけがホンモノという気はない。冷凍、冷蔵技術の発達した今日、「早ずし」もバラエティ豊かだし、うまいのも多いし、いくらすぐに作れるといっても。なれ鮓とはまた違う手間もかかってるだろうし、かなりいいお値段がするのも納得できる。そして、好きな食べ物のひとつでもある。ちびるほどうまいという東京駅地下のすし屋も行ってみたい。
 ただ、カップ麵は「拉麺」を代表するものではない。時として「早ずし」が日本料理の代表みたいなことや、カリフォルニアロールのような外国で考案された「すし」をバカにしたようなことなどを書いているのを目にする。そうすると、そら違うんちゃうか、と思うのだ。
 好きなすし、というか食べに行きたいすし、というとあげないといけないのはスシ24だ。トワイライト・エクスプレスの食堂車はスシ24という。車体の横っ腹に書いてある。
トワイライト・エクスプレス
トワイライト・エクスプレス この食堂には、「ダイナー・プレヤデス(Diner Pleiades)」というたいそうな名前が付いている。
 なお、上野発の夜行列車「北斗星」の食堂車もスシ24で、こっちは「グランシャリオ(Grand Chariot)」という名前がついている。
スシ24
 以前に、トワイライト・エクスプレスのスシ24で晩ご飯を食べた時のメニューが出てきた。ちなみに予約制で、乗車券や寝台券と一緒に「みどりの窓口」で予約する。一緒に写っている切符がそう。
ダイナー・プレヤデスのメニュー なので、選ぶためのメニューではなく、その日のコースの内容が書いてある。
 かつては特急列車には必ず食堂車がついていた。戦後の1949年に復活した東海道本線の特急列車は、翌1950年には「つばめと改称した。食堂車もマシになった。いわゆるブルートレインが走り出した1950年代末、食堂車はナシになったが、1960代末には食堂車がなしという特急も走り出してる。そして、JRになってからは食堂車のある列車の方が珍しいわけで、このスシ24もこの3月には列車ごとなくなってしまうらしい。
 それまでに北海道に行く予定もないし、あっても切符が取れないだろうし、結局、もうスシに食べに行くことはなさそうである。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/01/2015

都民よ、これがすしだ。

 鮒鮓もろた。食うた。
鮒鮓 風邪が治った。
 くれた人も、鮒鮓食ったら風邪が治ったそうだ。
(個人の体験です。効能を示すものではありません)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/01/2015

今日の野良鳥(1月21日)

 一昨冬のことである。河川敷で越冬していた野生化したスクール水着を発見した
 その時のエントリーに「ところでスクミズってミミズクに似てますね」というコメントをした人がいた。その時にも、同じ河川敷にミミズクも越冬している答えておいた。昨冬は、秋の増水で河川敷が洗われ、おそらく餌となる小動物もいなくなったのだろう、ミミズクは見られなかった。
 そしてこの冬である。かつてスクミズが越冬していた1.5kmくらいの範囲、その上流1kmちょっとの所にミミズクが飛び回っている。「スクミズってミミズクに似てますね」というコメントの慧眼というか先見性に感心するほかない。ミミズクは本来は夜行性でいても見つかりにくい。そこでミミズクを探す人に言っておこう。明るいうちに「スクミズ」を探せ、と。
 というわけで、またまたミミズクである。一週間毎に行ってるけど、特に当てもなく他のとこに行ったら、そこで出会った知人がミミズク見に行くというので、便乗した。なので、コミミズク、Asio flammeusだけ。
コミミズク
コミミズク
コミミズク 今日は、昨年の初回にも数枚撮ったけど、この橙色っぽくて、胸の縦線の短い個体が綺麗なんで、中心に、と思ったけど、あんまし飛んでくれない。
コミミズク
コミミズク たまに留まってるとこに他の個体が近づくとスクランブル発進するんだが、その後どっちがどっちかわからんようになってるうちに着地しはる。
コミミズク 近づいて来る方というのは、人気ナンバー1の白っぽい個体。
 人気ナンバー1なのは、やたら人の近くに留まるし、近くをゆっくり飛ぶから。つまりは撮りやすい。なので、寄ってきはると撮るし、歩留まりもいいしで、どっちがお目当てなんや、ちゅうことになる。
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク 近いということは、バックにピントを取られることもなく、またポイント測光にしてれば、バックが地上か空かで露光設定を変えなくてすむ。留まってる場合はもちろん、飛んでても、ケータイやゲーム機でも充分に撮れる。
 その意味でも、コンデジでも撮れたスクミズに似てる。ただし、野生化していないスクミズは撮らない方がいいと思う。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/01/2015

ここんとこの野良鳥(1/18〜20)

 近所の、あいかわらずフツーにおるの。
アカゲラ
アカゲラ 裏山のアカゲラ、Dendrocopos major。葉っぱもすっかり落ちたけど、天候がよろしくなく、そう撮りやすくはならない。
アオゲラ 裏山のアオゲラ、Picus awokera
アオゲラ 裏山の別のアオゲラ。えらい大きな音で突いてて、近くかと思ったら、えらい遠いとこにいた。枯れ木に空洞が出来てるのか。
アオゲラ
アオゲラ
アオゲラ 公園のアオゲラ。2ヶ月以上おるけど、アオジやアオサギと違って、今だに追いかけられてる。
モズ モズ、Lanius bucephalus。ごはんを木の枝に刺して食ってる。食べ残すと「はやにえ」になる。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。裏山におったやつ。うちの前や隣の庭をウロウロしてるのもおるんだけど、うちを出る時にはカメラを出してないんで、撮ってない。
ルリビタキ 公園のルリビタキ、Tarsiger cyanurus。今シーズンはお山に大量におって、そっちばかり撮ってたんで、公園のは初めて。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/01/2015

あづき正月

 15日は小豆正月。ということでぜんざいを作って食べた。そしてぜんざいには塩こんぶなのだ。
ぜんざい ところが市販の塩こんぶ、ぜんざいに付ける程度の量では売ってない。写真に写っている塩こんぶですら多すぎで、この半分でいいのだが、それでも売ってた袋のホンの一部なのだ。
 残った塩こんぶはどうするか。そもそも塩こんぶというのはぜんざいのついでにしか食わない。そして、ぜんざいというのも、そう食う頻度は高くない。
 それで思いついたのが、春になって土筆を摘んできたら、軽く塩抜きした塩こんぶと炊けばいいんではないかということ。まだ2ヶ月半も先のことなので、忘れないよう書いておこう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/01/2015

今日の野良鳥(1月14日)

コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク コミミズク、Asio flammeus。またまただけど、とりあえずは見られるし、シャターも切れるんで、帰りに寄り道。
 毎回、なるべく違う個体を中心に撮るようにしてるけど、人気があるのは1回目に多く載せた個体のようだ。見栄えがするのは前回の。今日のはギャラリーは少ないけれど、見ていて前2回のより面白い。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus。
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

13/01/2015

昨日・今日の野良鳥(1/12・13)

アオバト アオバト、Treron sieboldii。近くで作業をしてたので、降りてくるのを待つのはやめ。
トラツグミ
トラツグミ
トラツグミ トラツグミ、Zoothera dauma
ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。9日のとは別のお山の。昨年11月から度々載せてる個体だけど、だいぶ近づいて来るようになった。
ルリビタキ
ルリビタキ 年末には青くないのがいた場所だけど、青いのがいた。
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/01/2015

今日の野良鳥(1月9日)

Spizaetus_nipalensis
Spizaetus_nipalensis ここんとこ遭遇するタカは皆遠い。だったら撮らなきゃいいようなもんの正月の鷹はエンギモノなんで。
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。この冬やたら多いんで、中には近寄ってくるのもいる。お山におった別の個体。
マヒワ
マヒワ
マヒワ
マヒワ マヒワ、Carduelis spinus。先日も見かけたが、お山に行くと大群で飛んでる。まだ高い樹上におるんで、撮りやすい低いとこにくるのは、先になりそう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/01/2015

今日の野良鳥(1月7日)

 出かけた先で成果のないまま、結局、帰りに寄ったミミズクの枚数が多い。
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク コミミズク、Asio flammeus。先日も、といっても去年だけど、撮ったので、なるべく違う絵と思ったけど、同じ場所で同じもんなんで変わり映えせん。
ノスリ ノスリ、Buteo japonicus。えらい遠い。
ハイタカ ハイタカ、Accipiter nisus。えらい遠い。
ハイタカ・ハシボソガラス ハイタカとハシボソガラス、Corvus corone

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/01/2015

今日の野良鳥(1月5日)

 うちの周りの雪も溶けてきてたので出かけたけど、やっぱり市街地を離れると積もってる。他にもおったけど、足許が気になって、気付くのも遅れるし、撮るにも遅れてしまう。
モズ
モズ モズ、Lanius bucephalus。冬のモズは要注意なんだけど、やっぱしモズ。
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。昨冬は見かけただけで撮ってない。11月にも1羽見かけたけど、今日は団体でおった。もたもたしてても逃げないので撮りやすい。
ホオジロ ホオジロ、Emberiza cioides

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/01/2015

坊さんが2人

凧と独楽 うちの前の積雪で、どこにも出かけようという気がおこらん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« décembre 2014 | Accueil | février 2015 »