« novembre 2015 | Accueil | janvier 2016 »

31/12/2015

今年の野良鳥(2015年)

 今年撮ったトリは123種、ソウシチョウは入れてない。この5年間で、189、188、165、132、そして123種とコンスタントに減っている。今年だとムクドリ、ケリ、オオバン、カイツブリ、カワウとか、しょっちゅう見てるのに撮ってないのもあるからだけど。
 例によって、各月からセレクトして、クリックしたら大きめの画像が出るようにしてみた。
ウソ 今年最初に撮ったのはウソ。5日になって初めてカメラを持って出かけたが、近所の山だけど、やや上の方まで行って見た。他は裏山とか大賑わいの河川敷。
アカハラ あいかわらず、大賑わいの河川敷の他は、裏山。そんななかで近所の私設の植物園で越冬していたオオアカハラ。生け垣越しなので撮りにくかったけど、東日本にゃ普通におっても近所じゃそうおらんので、ちょいちょい見に行った。いつ行ってもおったし、他にも行ったらおったという人が何人かおる一方で、何度か行ってもいないという人もけっこういた、
クロサギ 交通が不便なために昨年は行かなかった早春の越前海岸。一昨年には見かけなかったクロサギを今年は見かけた。他には前月同様に河川敷だったり、時間のない時はオオアカハラだったり。
ノジコ 4月は近所ばっかりだけど、春の渡りのシーズンなんで、何なとがおるし、トリがおらんでも蝶々トンボの類も出てくる。そんな夏鳥の通過ポイントに行ったらノジコがおった。秋に100羽近くがおる湿原に行っても芦の中でそう見られんのに、たった1羽だけだけど、砂に埋まった砂防ダムの水に降りて来て、近くでゆっくり見られた。
ミソサザイ 夏鳥のゆっくり組が来る時期なのだが、今年はやたら早かったようで、行っても、おるのはもう繁殖に入ってる先発組ばかり。そんな中で遭遇したミソサザイの巣立ち。そういや、毎年だと3月によく撮るミソサザイを今年は撮ってないんで、ミソサザイのお子ちゃま。
コサメビタキ コサメビタキは春秋には普通に見られるが、ごく近所で繁殖するのはそう多くない。出かけて撮ったのはオオアカゲラとサンショウクイくらいなんだが、レンズを向けてると、走って寄って来るあほがおった。さらにその場所では、後に行った人に聞くと、繁殖が予想されるのにあちこちで音を流してるは、ミミズやミールワームがそこらじゅうに撒いてあるは、と悲惨な状況になったらしい。そんなんで、この頃から、その場所はもちろん、トリを撮ってる人が寄ってそうなとこにも行くのが嫌になってた。
ウグイス そんなんで、あまりトリは撮らずに、飛んでて留まらん光沢のあるトンボを何とかちゃんと撮ろうとが、近所で蝶々トンボの類ばかり撮ってた。なので撮ったトリも少ないのだが、巣立って日もない幼鳥を見た中でウグイス。
ホトトギス 近所のトケンといえば9月の渡り途中のツツドリというのが相場で、ホトトギスは近所の山麓で夏中、時には夜も鳴いてるくせに撮らせてもらえない。ところが今年は、近くの公園で8月にホトトギスに遭遇、10月にカッコウに遭遇した。鳴かぬならツツドリと見分けがつかんホトトギス、だけど。
チョウゲンボウ 9月は秋の渡りが始まるわけだけど、今年はタカの渡りを見に行ってないし、そこらで見るのはノビタキとサメビタキ3種ばかり、水鳥を見に行ったけど、これといったのはおらずに、むしろイトトンボを撮ったりしてた。その際に上空でホバリングしてたチョウゲンボウ。
クマタカ 10月の年中行事というと山栗を運ぶカケス。ところが今年はほとんど飛んでないなぁ、と思ったら上空をクマタカが通過して行った。後半からは、たぶんオオムシクイ、ヒガラ、そしてキトンボとゴイシシジミのヘビーローテーション。
クロジ 近所でヒガラ、クロジ、ルリビタキのヘビーローテーション。他にも冬モノは来てるんだろうけど、あまり出かけてない。出かけて何もおらんでも、蝶々トンボの類を撮ってりゃいいか、という季節じゃなくなったということもあるし。
ベニマシコ 昨年も12月はサボってたけど、今年も。始めは11月の延長でヒガラ、クロジ、ルリビタキのヘビーローテーション。31日になって、やっと近所以外の冬モノでもと、ベニマシコくらいおるやろと行ったとこに、ベニマシコくらいしかおらんかった。そして、今年の初めがそうだったように、帰りに寄り道してコミミズク。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年のトンボ(2015年)

 今年のトンボ。縦長のはクリックで大き目の絵が出るようにしたから、蝶と微妙にレイアウトが違う。
アオイトトンボ科
ホソミオツネントンボアオイトトンボ科コバネアオイトトンボ
カワトンボ科
カワトンボ科アオハダトンボカワトンボ科
モノサシトンボ科・イトトンボ科
モノサシトンボ科・イトトンボ科アベニイトトンボ
イトトンボ科ホソミイトトンボイトトンボ科
ヤンマ科
ヤンマ科
アオヤンマヤブヤンマオオルリボシヤンマ
ヤンマ科
サナエトンボ科・ムカシヤンマ科・オニヤンマ科
サナエトンボ科
サナエトンボ科アオサナエサナエトンボ科
サナエトンボ科
メガネサナエサナエトンボ科・ムカシヤンマ・オニヤンマ
ヤマトンボ科・エゾトンボ科
トラフトンボエゾトンボ科・ヤマトンボ科
トンボ科
トンボ科
トンボ科ミヤマアカネ
キトンボトンボ科
トンボ科
 とりあえずは撮ったのは74種、去年より増えてし、蝶おり多い。日本にいる蝶は約300種類ほどらしい、一方、トンボは200種類ほど。母数にこれくらいの差があるので、例年だと出逢うのも蝶の方が多い。
 成虫で越冬するトンボは、ここらでは3種だけ。蝶はもっと多い。今年も4月末に最初にトンボを撮ったけど、その時点ですでに蝶は何種か撮ったし、夏くらいまでは蝶の方が多かった。ところが9月5日13時26分、ルリボシヤンマを撮影した時点で、蝶とトンボが65種づつの同数と並んでしまった。
 もっとも1時間ちょっと後の14時41分、ゴイシシジミが現れた。春というか初夏には見てなかったけど、年に何度か発生するので今年初遭遇になる。それを撮ったので、この日は蝶がリードしたまま。
 そして、12日、メガネサナエ、オオサカサナエを撮って、ついにトンボが1種リードし、その後もデッドヒートを繰り返すが、結局、トンボが1種だけ多かった。
 昨年より増えたのには、出不精が幸いしてるという理由がある、これまで撮ってないトンボのうち、フタスジサナエ、アオヤンマ、ヤブヤンマ、トラフトンボとかは、いつもは他に出かけて行かなかった時期に裏山に行ったらおった。
 とはいえ、近所に普通におるはずのサナエちゃん2種を撮ってないし、以前に見かけたけど、今年は遭わんかったサナエちゃんも2種おって、どうもサナエちゃんが手薄のようだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

今年の蝶(2015年)

 今年、出逢った蝶。73種だけど、春型と夏型の違いが大きいのは、両方とも載せた。近所にたまたまおったのばっかりなんで、そう珍しいのはおらん。
2015年の蝶
2015年の蝶
2015年の蝶
2015年の蝶
2015年の蝶 見たけど撮れんかったのが2種、近所にいるはずのオオムラサキややムラサキツバメになぜか遭ってなかったりする。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(12月31日)

 3週間ぶりのトリさん。
オカヨシガモ オカヨシガモ、Anas strepera
コミミズク コミミズク、Asio flammeus。今年最後で今期初。
コミミズク
コミミズク
コミミズク
コミミズク 別個体のコミミズク。
コミミズク 東芝RPU-3011ユニットクーラー、東洋電機製造PT-4805B-M下枠交差形パンタグラフとコミミズク。
モズ モズ、Lanius bucephalus
ベニマシコ
ベニマシコ
ベニマシコ
ベニマシコ
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus。
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/12/2015

今日の野良鳥(12月9日)

カワセミ カワセミ、Alcedo atthis。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08/12/2015

今日の野良鳥(12月8日)

 本八日未明来襲、とのニュースもあったが、またいつものとこで、いつものトリ。他に行くには短時間だし、ここなら、暗くて寒いけど、同じもんでも何なとは見られるし。
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
メジロ メジロ、Zosterops japonicus。今日は余計なオマケが付いてきた。オマケの方が多かったけど。
ミソサザイ ミソサザイ、Troglodytes troglodytes。冬のミソサザイは撮る気にならんと言いつつ、今日も撮ってる。
 撮る気にならん大きな理由は、ミソサザイが冬の季語だから。ミソサザイの「旬」といえば早春の囀りなのになぜ、と思ったら、冬に人家近くにいるからだそうで、まさに「老人や病人が余技とし、消閑の具とするにふさわしい」俳句の世界だと思ったから。そんなんで、消閑の具としてトリを見てる方としても、今年のように早春の山中であまり撮ってないと、冬に人家近くで撮って載せるのは、何となく恥ずかしい。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。先日はおらんかった青くないのが、今日はいた。鳴かんし地味だしで、気がついたらもう水に浸かってた。
ルリビタキ ところが青くないルリビタキがもう一個体現れた。こっちは雨覆いの青みが全くない。この後、追っかけあい。新しく来たのか、以前から2つおって入れ替わりで現れてたのか、わからん。
ルリビタキ 青いルリビタキは、青くないのがいなくなってから出てくる。
キセキレイ キセキレイ、Motacilla cinerea
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。これがいる間は、とりあえず行くアテがない時は、この山麓だろうな。


ソウシチョウ ソウシチョウ ソウシチョウ 今日はメジロと一緒に来たので、すぐには追い出すわけにもいかず、撮ってみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/12/2015

今日の蝶・トンボ(12月7日)

ウラギンシジミ ウラギンシジミ。越冬中。
アキアカネ たぶんアキアカネ。まだがんばってはる。

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

05/12/2015

今日の野良鳥(12月5日)

 ぼちぼち他にも行こうかな、とも思うのだけど、今おるもんは冬中おるやろし、ゆっくりでもええか、と相変わらずの近場。同じもんしかおらんけど、行動にちょぼっとは変化がある。
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater。ここんとこ、どこでも見る。
ミソサザイ ミソサザイ、Troglodytes troglodytes。この山麓のレギュラーメンバーで、いつも、そこらで鳴いてるんだけど、撮っても被写体ブレで歩留まりが悪いし、やっぱり早春にならんと撮ろうという気にならん。今日は苔の上に乗ったんで撮ってみたが、ちゃんと撮れん。
ルリビタキ
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。いつもの青いの。青くないのは見なかった。他所に行ったんかな。
ルリビタキ ルリビタキもコムラサキを食うようだ。
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。いつもいたのはこの成鳥♂と若い♂、♀の3羽だたけど、他にもおって増えてた。
クロジ
クロジ
クロジ 成鳥♂だけど、茶色味が残ってるという、よく見るパターンのクロジが、もう2羽おった。
クロジ 若い♂のクロジも2羽。たぶん上で半分隠れてるのが、前からいた方。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/12/2015

今日の野良鳥(12月1日)

ヒガラ
ヒガラ
ヒガラ ヒガラ、Parus ater
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
アトリ アトリ、Fringilla montifringilla

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« novembre 2015 | Accueil | janvier 2016 »