« février 2016 | Accueil | avril 2016 »

31/03/2016

今日の野良鳥(3月31日)

 一昨日と同じとこ、一昨日と同じもんをちゃうレンズで撮ってみただけ。
シロハラ シロハラ、Turdus pallidus。まだようけいる。
アカハラ
アカハラ
アカハラ アカハラ、Turdus chrysolaus
ツグミ
ツグミ
ツグミ
ツグミ ツグミ、Turdus naumanniというかハチジョウツグミ。ただツグミの方が独立種のTurdus eunomusになったとかいうハナシもあるけど、こっちは変わらんし、当面は第7版準拠。
 今日はゲートボール場をうろうろしてて、まあ全身を見るにはいいんだけど、それだけオモロない。
シメ シメ、Coccothraustes coccothraustes。嘴が鉛色になってる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/03/2016

たぬき

 またまた、おあげさんと九条ネギを使った簡単料理で、今日はたぬきうどん。
桜 先日の衣笠丼で、大阪のきつね丼は厳密には衣笠丼と違うもの、京都のかもなんばは厳密にはかもなんばではないと、コメントに書いたけど、京都と大阪ではかなり違うのだ。例えば「千中」を京都では「せんなか」と読むが、大阪では「せんちゅう」と読む。そして、大阪にはたぬきうどんはないらしい。
 タヌキとよく対比されるキツネが芝居の分野じゃ、いろいろ活躍しているわけで、千本桜や二十四孝、葛の葉なんぞはいい役だけど、玉藻の前じゃ悪役だ。それに比べて、タヌキは陰が薄い。でも音楽の分野ではそれなりに活躍されてるようだ。
 wikipediaのタヌキの項目に地歌の「たぬき」が紹介されていた。「猟師が鉄砲で狸を撃とうとすると…」、え、猟師だったっけ、と思って、調べて見たら、宮守が神殿を荒らすタヌキを駆除するというのが発端だった。動画サイトにも演奏が出ていた。
 長唄にも「たぬき」があって、こっちは、グンマーの「分福茶釜の茂林寺」の伝説を基にした曲で、やはり動画サイトにも演奏が出ている。でも、最も有名なのは、山田五十鈴の舞台で知られている「浮世節」の「たぬき」だろう。長唄の「たぬき」を基にしたらしく、作ったのは立花家橘之助という明治期に大人気だった「女道楽」という女流の音曲師で、山田五十鈴の舞台も彼女を描いたものだ。
 この「女道楽」という芸も、記憶にあるのは、吾妻ひな子さんの最後のお決まりのノンキ節と、後は金田一探偵の映画で岸惠子が扮していた一瞬のシーンくらいだ。
 現在、「女道楽」の伝承をしている内海英華さんが、この「浮世節」の「たぬき」を演奏するそうだ。しかし、残念ながら聴いたことがない。以前に落語を聞きに行った際、帰りがけに三味線ケースを持った英華さんを見かけたこともよくあって、下座三味線の英華さんは聴いているはずなのだが、まだ舞台でおみかけしたことはない。観たいとは思っているし、寄席にも出てられるらしいのだが、まあ、寄席の他の出演者が個人的な好みとは違ったりで、機会がない。
 ちなみに内海という屋号は師事した内海カッパという人からのものらしく、その師匠が内海突破という人らしい。全く知らなかった人だけど。ここんとこtwitterのTLで内海桂子という人がよくRTされている。この人は、人気が高かった内海突破にあやかって、勝手に内海を名乗ったが、後に人気が出たんで、内海突破の方が弟子だと言いだして、一門に加わったらしい。なので、英華さんは、内海桂子の「姪」弟子ということになる。
 立花家橘之助に話を戻すと、彼女は1935年に京都に転居する。そして、その数日後、氾濫した紙屋川に飲まれて亡くなったらしい。この水害のことは「鴨川に牛が流されてきた」とか、よく話に聞くのだが、その前年の室戸台風の記憶と混同していた人もけっこういた。
 この紙屋川、2012年7月15日の大雨でも約20軒の浸水被害があり住民4人をボードで救出する騒ぎがあった。大雨ですぐに川があふれる、以前も書いたが鹿のせいだ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

29/03/2016

今日の野良鳥(3月29日)

 プチ花見の際に見かけたトリ。春モノはまだ。
キンクロハジロ
キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ チョウゲンボウ、Falco tinnunculus
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ
アカハラ アカハラ、Turdus chrysolaus。以前は春モノだったけど、ここ数年は越冬しとる。
ツグミ
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus
ビンズイ ビンズイ、Anthus hodgsoni

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

さくら咲くら

 ぼちぼち桜が咲いてるんで、昼過ぎからプチ花見。
桜
桜
桜
桜
桜
桜 満開なのはしだれ桜。そこらの道ばたのは、まだ。
桃 これは桃。
桜餅

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/03/2016

昨日・今日の野良鳥2(3/22・23)

ウミネコ ウミネコ、Larus crassirostrisの「ぬこ団子」。
ウミネコ
ウミネコ ウミネコのカモメとの識別点というのは、嘴の先から尾っぽの先まであるんだけど、何かカモメがたぬき顔に対して、ウミネコがきつね顔という感じもあるかな。
セグロカモメ たぶん、こっちはセグロカモメ、Larus argentatus
オオセグロカモメ たぶん、こっちはオオセグロカモメ、Larus schistisagus
ワシカモメ
ワシカモメ 成鳥でもちゃうとこにおったら見分けられんのに幼鳥はわからん、と思ってたら風切り羽の色が薄い。ひょっとしてワシカモメ、Larus glaucescensか。
ツグミ
ツグミ
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius。よう鳴いとる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥1(3月23日)

 トリを載せるのは40日ぶりくらいか。
シノリガモ この時期になると載せてるシノリガモ、Histrionicus histrionicus。消波ブロックの上のペア。
シノリガモ シノリガモの別のペア。
シノリガモ
シノリガモ 2番目のと同じシノリガモのペアだけど、時々、泳ぐ。
シノリガモ
シノリガモ
シノリガモ 岩の上には♂だけ4羽のシノリガモが載ってたけど、ほとんど寝てた。大きな波が来ると、ちょっとだけおきる。
ウミウ・ヒメウ ウミウ、Phalacrocorax capillatusとヒメウ、Phalacrocorax pelagicus
クロサギ
クロサギ
クロサギ
クロサギ やっぱり、この時期に載せてるクロサギ、Egretta sacra

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/03/2016

桜はまだか?否!

桜
桜 気の早い桜は咲き出している。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/03/2016

桜はまだかいな

 先月に撮った梅。
紅梅
紅梅 毎年、撮って、毎年、載せてるんで、遅ればせながら載せとく。
 桜はまだ咲いていないけど、スーパーで見つけた揚げシューマイ。
桜姫 「桜姫」というブランドの鶏肉があるらしい。八重垣姫「油揚」、時姫「豆腐」、雪姫「ボンレスハム」とかもあるんだろうか。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

« février 2016 | Accueil | avril 2016 »