« 今日の野良蛙(6月8日) | Accueil | 昨日・今日の蝶(6/8・9) »

08/06/2016

昨日・今日のトンボ(6/7・8)

ミヤマカワトンボ
ミヤマカワトンボ ミヤマカワトンボ。
ムカシヤンマ ムカシヤンマ。ちょっと山地に入れば、まだいてはります。
コオニヤンマ コオニヤンマ。うちのあたりじゃ最もありふれた大形サナエちゃん。
ヤマサナエ ヤマサナエ。うちのあたりじゃ最もありふれた中形サナエちゃん。
ダビドサナエ
ダビドサナエ
ダビドサナエ ダビドサナエ。うちのあたりじゃ最もありふれた小形サナエちゃん。
ダビドサナエ 他の小形サナエもおらんかと撮れるもんは一通り撮ったんだけど、4月末にはおったヒメクロサナエさえおらん。その中に混じってたのがこれ。先週の小形サナエと同じく前の「スジ」が途切れとる。ただし、先週のは顎の根本に黄色い点はなかったけど、今日のはある。それで、こういうダビドサナエもおるんだろう、と思うことにした。ここらについてはコメント欄にて解説していただこう。
 ネット上で調べたら、兵庫県のトンボじゃ、こういう場合、頭を外すように書いてあるんだけど、うちのあたりじゃ、そんなアラレちゃんみたいなトンボはいないと思うし。
 そんなんで、先週のはちゃう種と判断したんで、あの場所にもっかい行って♂を探した方がええかと思い始めた。
フタスジサナエ 昨日の裏山のフタスジサナエ。
ハッチョウトンボ 昨日のハッチョウトンボ、まだ未熟モノがおった。

|

« 今日の野良蛙(6月8日) | Accueil | 昨日・今日の蝶(6/8・9) »

Commentaires

えらく難しい問題を出してくれたもんだが、結論は俺より頭のいい人たちの意見を聞くとして基本的には指摘されている顎の黄斑と前肢基部の黄斑からダビドサナエでいいんではなかろか、この類の特に♀の胸紋は判断の決め手には難しいぜ

Rédigé par: norton3rd | le 09/06/2016 à 01:49

 ともかくも、先日のヒラサナエがホンマにそうか、♂がおるか探しに行かないかんなぁ、と。
 でも、同じ区内だけどえらい不便なとこなんで、おるうちに行けるか。

Rédigé par: 南郷力丸 | le 09/06/2016 à 23:57

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23135/63750807

Voici les sites qui parlent de 昨日・今日のトンボ(6/7・8):

« 今日の野良蛙(6月8日) | Accueil | 昨日・今日の蝶(6/8・9) »