« juin 2016 | Accueil | août 2016 »

31/07/2016

今月末の蝶・トンボ(7/27〜31)

 ちょい用事がつまって、その合間に買いもんにいくついでに見たもんで、全く変わり映えがせん。
コムラサキ コムラサキ。ヤンマ待ちの歳に、横の樹上をよく飛んではいるけど、留まるのは葉の上。
ジャノメチョウ ジャノメチョウ。ボロボロ。
ハグロトンボ ハグロトンボ。
ヤブヤンマ たそがれのヤブヤンマ。
マルタンヤンマ たそがれのマルタンヤンマ。やっぱり撮れるのは♀だけ。
オナガサナエ
オナガサナエ やたらにおるオナガサナエ。
オナガサナエ やっとオナガサナエの♀も撮れた。
コオニヤンマ コオニヤンマもやたら見る。
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ オオヤマトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/07/2016

昨日・今日のトンボ(7/22・23)

 子ども達は夏休みに入ったようだ。川に行けば、そこらじゅうで水遊びしてるし、林縁に行けば甲虫採りをしていて、網の届かんとこにいてるカブトムシを採ってくれと頼まれたりする。
 近所の河川敷や裏山の池の周囲の公園化してるとこじゃ、もうちょい上の年齢層がスマホを片手に探し物をしてる。学生風のメガネ女子に聞いて見たら、裏山の池近くに「ベトベトン」がいたそうな。といっても図鑑も持ってないんで、よーわからんかったけど、帰ってネットでチェックしたら希少種らしい。それで、あのお姉ちゃんは上機嫌だったのかな。
 昨日は昼飯ついで、今日は昼過ぎからなんで、そういう状況の近所。
モノサシトンボ モノサシトンボ。
クロイトトンボ クロイトトンボ。
オナガサナエ
オナガサナエ
オナガサナエ オナガサナエ。先日にミヤマサナエもおったんで、川が山中から平地に出るあたりの砂泥がたまって拾い中州を形成してるあたりまで行ってみた。しかし、この川って、こんなに大量にオナガサナエがおったんかという状況。それに自転車から降りて歩くと、やたらドバトが寄ってきて、トンボがおっても逃げてしまう。ドバトに餌付けしてる馬鹿がおるんだろうな。
 そして、目的地では老「幼」男女が水遊び中。そんな中でもアゲハの類は砂泥で吸水しとるけど、トンボは遠いとこで飛んでるのを見かけただけ。
ウチワヤンマ ウチワヤンマ。
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ オオヤマトンボ。
オニヤンマ オニヤンマ。やっぱしデカイ。
ハッチョウトンボ ついでなんでハッチョウトンボ。ちょうど、オニヤンマのおったとこの池の反対側。で、オニヤンマと同じ縮尺になるように、画面の大きさを設定してみた。
リスアカネ
リスアカネ リスアカネ。今年初遭遇。前回にはマユタテアカネがおった湿地。♀かと思ったら違た。
チョウトンボ チョウトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

昨日・今日の蝶(7/22・23)

アオスジアゲハ・ナミアゲハ アオスジアゲハとナミアゲハ。アオスジアゲハの顔が草で隠れとる、蝶々だからとテキトーに撮らずに、ちゃんと確かめにゃいかんな。
カラスアゲハ カラスアゲハ。
ヤマトシジミ title= ヤマトシジミ。
ウラナミシジミ
ウラナミシジミ ウラナミシジミ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/07/2016

昨日・今日のトンボ(7/20・21)

 あいもかわりもせず、近所で黄昏とんぼ。猛暑日になりそうなら、昼間からぶら下がりヤンマを探しに行くか、とも思ったけど凡暑日なので、昼ごはんに出た歳に、近所の川を覗いてみた。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ あいかわらず、黄昏ヤンマは♀しか捕れん。
ギンヤンマ やっと♂も撮ったと思ったらギンヤンマだったんで、ややがっかり。
オナガサナエ
オナガサナエ
オナガサナエ オナガサナエ。今頃、今年初遭遇。アオサナエと同じようなとこにおって、個体数はもっと多いんだけど、見つけにくい。アオサナエは白っぽい石の上におって目立つけど、オナガサナエは目立たない砂利の上におったり、水面に向かっての法面におったりで、河原の道からは見えにくいことが多い。
オナガサナエ たまに目立ってるオナガサナエもおるけど。
ミヤマサナエ 法面にへばりついて撮りにくいとこにおると思ったら何かちゃう。ミヤマサナエのようだ。
 ここにいて不思議はないのだが、それは夏の終わり頃のはずで、なぜに今頃?、ともかくも今年は、ゴールデンウィークにハッチョウトンボの赤いのがおったし、5月からヤブヤンマは交尾しとったし、そういう年なんじゃろ。
コオニヤンマ やや上流というか支流で川が細くなると、おるのはコオニヤンマ。
ハラビロトンボ 黄昏前のハラビロトンボ。
アキアカネ 黄昏前のアキアカネ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今月中旬の野良鳥(7/12〜21)

チュウサギ たぶん、チュウサギ、Ardea intermedia
イカルチドリ
イカルチドリ イカルチドリ、Charadrius placidus。オナガサナエ見てたら対岸におった。今年産まれだろうけど、もうしっかりしとる。
アオバズク
アオバズク アオバズク、Ninox scutulata。雨の合間。
コシアカツバメ
コシアカツバメ コシアカツバメ、Hirundo daurica。黄昏やんまの出待ちに、露光補正用。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/07/2016

昨日・今日のトンボ(7/18・19)

 世間では3連休だったらしく、月曜からは晴れてはいるものの、なぜか用事がつまって、夕方の買い物ついでに黄昏飛翔を見に行っただけ。
ギンヤンマ
ギンヤンマ ギンヤンマ。5時ちょっと過ぎの黄昏前なら、昼間同様に撮れる。黄昏時もこれくらいゆっくり飛んでくれりゃいいんだが。
 晴天と云っても、まだオホーツク高気圧が頑張ってて日本海上から張り出してるんで、風は北より、なので南西側から撮ってると、後姿が多くなるんで、別に手遅れ写真というわけではない。
アオヤンマ アオヤンマ。日が隠れた頃に、まだヨシの間を飛んでたけど、撮っても被写体ブレがはげしい。それでも、この時期まだいたという記録。
アオヤンマ このプロポーションというか尻尾の先はアオヤンマだろう。日没時には上空を飛んだりもする。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ 翅が橙色のは見つけやすいんで、どうしても撮る数が多い。
オオヤマトンボ 上空をヤンマが飛ぶ頃、大きめのが低いとこを高速で飛んでたんで、試しに撮ってみた。かろうじてヤマトンボの類だとわかった。
チョウトンボ
チョウトンボ 黄昏前のチョウトンボ。
マユタテアカネ 黄昏前のマユタテアカネ。


 えらい季節はずれのタイトル画像にしたけど、黄昏時に「撮れる明るさ」のうちに飛んでくれるか、撮れるあたりを、撮れる距離を飛んでくれるか、と待ちつつ、結局、写真はあきらえて上空を乱舞するのを眺めるだけ、というのは数年前にもあったな、ということで。
 そういや、コミミズクだって、今は誰でも簡単に撮れるトリだけど、数年前はそうだった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/07/2016

今週のトンボ(7/12〜17)

ハグロトンボ ハグロトンボ。12日は用事で出かけた際に、雨が止んでたので、オナガサナエが出てる頃かと近所の川沿いを通ったけど、雨の合間じゃ無理。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ 今週後半は天気もモヒトツなんで、晴れたらぶら下がりでも探すかと思っていたものの、結局、夕方の買い物ついでに黄昏飛行を見に行った程度。陽が山に隠れた頃に、山林から湿地に飛んで出てくるのだけど、たまに多少陽のあるうちに飛ぶヤツもいる。
マルタンヤンマ 日没時刻くらいには、そこそこの數が飛び回り出す。
 シルエットでも止まらん程度に暗くなると、3メートルくらいの低いところも飛ぶ。採れても撮れん。
マルタンヤンマ やっぱりちょいちょいおるのが尻尾の先を抱え込んで飛んでる♀。何をしとるのか、私ゃ見たことないけど他のトンボでもよくあるのか、大邱から帰ったらコメント欄で解説してくれるでしょう。
マルタンヤンマ ♂も飛んでるけど撮りにくい。飛び方が撮りにくい上に翅が透明だと、見つけにくい上に胴体だけでフォーカスを合わせにゃならず、合わしにくい。昔は皆MFだったんだけど、今のカメラの方が合わしにくい気がする。それに35mmフィルムって、解像度にすれば200万画素くらいのレベルだったんで、1000万画素を越えてるデジカメじゃ「あってない」感が強いのもあるかも知れない。それに何者かもわからん。これも、翅の透明度が高いんでヤブヤンマかと思ったけど、腹部前部が上に膨れてるんでマルアンヤンマということにしておこう。
 ともかくも、まともにゃ撮れんことがわかったんで、ほとんど見てるだけだけど。
ウスバキトンボ ここんとこ、どこに行っても多いウスバキトンボ。これは12日に大量に飛んでる下で、大量に留まってたやつ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/07/2016

一昨日〜今日のトンボ(7/9〜11)

オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ。
コバネアオイトトンボ コバネアオイトトンボ。眼の色が変わってないうちから、あんまり撮ることもないんだけど。
ベニイトトンボ ベニイトトンボ。
キイトトンボ キイトトンボ。
マルタンヤンマ 土曜日は夕方には晴れてきたので黄昏飛行を見に。日曜は「たそがれ」ではなく、「かはたれ」飛行を見に、そして、今日も黄昏飛行を見に。
 40年前は「採りに行った」というんで、網の届くとこを飛んでたんだろうと思って行ってみたけど、低いとこを飛ぶのは、だいたいが写真にはならん時刻。それに低いと山が背景になって全く見えずに、近くになって急に見えるんで、とても間に合わん。
 これも上空を通り過ぎてからシャターを切るという、手遅れ写真。
 それに「かはたれ」飛行は撮れる、といってもシルエットだけど、時刻にはもう終わる。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ 黄昏飛行は、大量のウスバキトンボ、アオヤンマらしきのも、オオヤマトンボらしきのも飛んでるんで、わかりやすいのはマルタンヤンマの♀だけ。
マルタンヤンマ ここのシルエットもマルタンヤンマの♀だろうけど、何をしとるんだろう。
マルタンヤンマ で、今日は早い目に云ってぶらさがってないか見てみたけど、♀を見ただけ。黄昏飛行の始まる2時間前には林の中は暗くなるんで、夕方に買い物ついでというわけにはいかない。
ウチワヤンマ ウチワヤンマ。
オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ オオシオカラトンボの散乱する♀と上空をガードする♂。
ハラビロトンボ ハラビロトンボ。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

08/07/2016

今日の野良亀(7月8日)

スッポン スッポン。ICUNが新たに絶滅危惧種に指定したらしけど、とりあえず、近所の川にはよくいる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(7月8日)

 半日空いたけど曇ってるんで、えらい久しぶりになるけど、近所の山麓の様子見。一昨年くらいまでは、この時期の定番だったんだけど。けれども、行ってほどなく雨がぱらつき出したんで、早々に退散。
コガラ
コガラ コガラ、Parus montanus。現れた歳には、一瞬、シジュウカラかヤマガラの幼鳥かと思ったけど、もっと小柄だった。
ヤマガラ ヤマガラ、Parus variusの子。早くに出てたようで、もう山吹色への換羽が始まってて、小汚い三毛猫かキョウジョシギみたいになってる。
シジュウカラ シジュウカラ、Parus majorの子。
ウグイス ウグイス、Cettia diphone
メジロ メジロ、Zosterops japonicus
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ
キビタキ キビタキ、Ficedula narcissina一家。といってもようけおるんで、別の一家のとっつぁんとおかんとガキどもかも知らんけど。
オオルリ
オオルリ オオルリ、Cyanoptila cyanomelanaの子。♂と♀。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/07/2016

今日のトンボと蝶(7月7日)

オオアオイトトンボ
オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ マルタンヤンマの♂。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ 薄暗いとこにおったので、普段あんまり使わんストロボの実験台になってもらった。
マルタンヤンマ 見てると、尻尾を曲げだした。何してると思ったら尻尾の先を副性器に。こんな時にと思っても、その瞬間には間に合わず。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ マルタンヤンマの♀。こっちゃは高いとこにぶら下がってた。
 マルタンヤンマ撮った記念に、レミー・マルタンでも飲むかと思ったが、高いので、代わりにマルたんのかれーうろん買って帰った。
ミズイロオナガシジミ ミズイロオナガシジミ。まだいた。
コジャノメ コジャノメ。
シンジュサン シンジュサンらしい。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

06/07/2016

今日のトンボとか(7月6日)

 今日も夕方に、黄昏飛行見物。
ベニイトトンボ ベニイトトンボ。着いた時にはまだ陽が出てたので、ついでに。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ 昨日より高いとこ飛んでたけど、マルタンヤンマだとはわかりやすい。
マルタンヤンマ 羽の透明度の高いの。くびれがあるし、翅にうっすらと色も着いてるんでマルタンヤンマの♂だろう。
ウスバキトンボ
ウスバキトンボ ヤンマの出待ちの間に撮ってたウスバキトンボ。こっちはまだ陽が残ってる時。で、ヤンマが出てきてもまだ飛んでる。
ショウジョウトンボ ついでのショウジョウトンボ。
コシアカツバメ 「とか」のコシアカツバメ。暗くなってもまだ飛んでる。ヤンマが食われるとこは見てない。
 この池って、逢魔が時には風情があるんで、ろくな絵が撮れんでも、また行くと思う。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/07/2016

今日のトンボ(7月5日)

 例によって、晩ご飯の買い物ついでの裏山の池。何ぞ黄昏飛行しとるか見てみた。
マルタンヤンマ
マルタンヤンマ とりあえず何者かわかるように撮れたのはこれだけ。このプロポーションにこの翅はマルタンヤンマの♀じゃろ。だいたい皆シルエットなんだけど、もっと翅の薄いのは高くてどーにもならん。
 ヤンマは飛んでてホバリングせんでも捕りやすいんだけど、それは明るいとこでパトロールしてるギンヤンマとかオオルリボシヤンマで、摂食飛行しとるとヤマトンボの類より難易度は高い。
 そういや、40年くらい前には、この池にマルタンヤンマを採りに来たという話を、大阪の人やチェンマイの人や名古屋の人に聞いたことがある。それを40年くらい前にはいたと解釈してたんだけど、30年くらい前から採ってはいけないことになったからだったようで、今でもおることはおるようだ。
コオニヤンマ 日没前にあたりを見てたらコオニヤンマが産卵しとった。羽が写ってないようにもう暗いので、打水の瞬間はブレブレ。
ウスバキトンボ ウスバキトンボ。こいつらも日没前後にやたら飛び回るんでややこしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/07/2016

今日の野良蛙(7月2日)

モリアオガエル モリアオガエルが上陸してた。まだ尻尾の痕跡がある。
カジカガエル
カジカガエル カジカガエル・

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

けふのてふ(7月2日)

ヒメキマダラセセリ ヒメキマダラセセリ。
オオミドリシジミ
オオミドリシジミ 何やらせわしなく飛んでる白っぽい蝶が近くに留まったんで見てみたらミドリシジミ?……にしては白っぽいんで、撮っといた。オオミドリシジミらしい。お産しとる。
オオミドリシジミ 別個体のオオミドリシジミ。林内に他にもおった。
ウラギンヒョウモン ヒョウモンチョウがそこそこ飛んでた。トリやトンボなら飛んでても撮るけど、蝶は留まってるのを見かけたら撮るだけ。留まってたのはウラギンヒョウモンのくたびれたのだけ。

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

昨日・今日のトンボ(7/1・2)

 久々に晴れたけど、昨日は昼ご飯ついでに裏山の池、今日は朝から、裏山よりちょい奥。
コオニヤンマ コオニヤンマ。
ウチワヤンマ ウチワヤンマ。
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ
オオヤマトンボ オオヤマトンボ。ここんとこの雨で水位が上がり、以前にバックに写ってた杭が水没してる。
オオシオカラトンボ オオシオカラトンボ。
ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ ハッチョウトンボ。先日交接しとったのが昼前だったけど、その気配がない。朝から晴れてる日はもっと早い時間ということか。
アキアカネ
アキアカネ アキアカネ。今日のお山にはようけ飛んでた。
ミヤマカワトンボ ミヤマカワトンボ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juin 2016 | Accueil | août 2016 »