« novembre 2016 | Accueil | janvier 2017 »

31/12/2016

今年の野良鳥(2016年)

 今年は、撮ったトリの種類がついに120を切ってしまった。2011年より毎年減ってる、毎年撮ってたけど、今年撮ってないのに何がいるかなと見てみたら、カワセミ、ムギマキ、ミヤマホオジロ、ベニマシコ、シロチドリ、ハマシギというあたりで、それだけ出無精だったようだ。カワセミやベニマシコなら、今日ちょっと出れば撮れるんだろうけど、近所の公園とかにゃ年中カワセミを撮ってる人もおるんで、かえって、今年は撮らなかったいう方が面白いかも知れん。冬鳥の場合には、昨冬は昨年の内に撮ってて、この冬には年が明けたら撮るだろうし、撮らんかったという感覚がないけど。

ヘラサギ 1月は、まだ大賑わいの河川敷の他に、琵琶湖周辺や伊勢湾とかにも出かけていた。そんななかで、数年ぶりに出逢ったヘラサギ。数年前は繁殖羽になりつつある♂と2羽いたし、その前年は4羽いたと思う。今年は芦の影で1羽が寂しく採餌中。それを1人寂しく見ていた。

トラツグミ 2月になるともう出無精で、トリの記事は2件だけしかない。それも近所ばかり。用事のついでに寄った市街地の公園で、えらい近くに寄ってきたトラツグミ。

シノリガモ 3月は最初の記事が23日という状態、なぜか3月には、2012年のウミアイサ、2013年のコクガン、2015年のクロサギと海辺のトリをまとめに載せてる。それで今年はシノリガモ。初めて撮った2009年こそ八戸の海岸で、風吹の合間に1人寂しく撮ったけど、海のカモにしては海岸近くで見られるんで、海岸にシノリガモを見に行くのが早春の恒例行事になってて、今年は3人連れ。

クマタカ 4月は近所ばかりだけど、さすがにこの時期は何なとトリの方がやってくるし、猟期も終わって山にも行きやすくなる。そんな中で留鳥を載せるのもナンだけど、背景の散りかけの山桜が季節モノ。

キアシシギ 5月から蝶々トンボばかり載せてる。近所で見られるのはフツーの夏鳥ばかりで、ちょっと出かければ何なとはいるんだろうけど、人の多いとこは避けてると、トリは声を聞くだけで撮れるのは蝶々トンボということになってしまった。なんで、近所じゃ季節モノのキアシシギ。

アカゲラ 6月もあいかわらず、トリは声だけ、撮れるのは蝶々トンボという状態。新規開拓ということで、ちょっと奥山に行ったりしても近所にフツーにおるアカゲラくらいしか撮れんという状態。もはや季節感というてられん。でもトリ撮りの人は来ないだろうという山道で知った人に会うことがあった。向こうさんも近場にこれといったもんがおらんので新規開拓に来ていたらしい。

キビタキ 7月も、お友達のお嬢さんから、全然トリを載せてないけど、どこにも行ってないんかと電話で叱られる状態。でも蝶々トンボでもシャターは切ってるし、マルタンヤンマが撮れたとか、飛翔を撮ろうと悪戦苦闘したりで、なーんも撮ってないという実感がない。とりあえずフツーの夏鳥も撮ってるんで、その中からキビタキ。

サシバ 8月もトンボの日々。別にトリよりトンボというわけでもないのだが、毎年の夏鳥よりも、これまであまり撮ってないのの方が変わり映えはするというのはある。買い物ついでに裏山の池で飛んでるトンボを見ていたら、その上空にいたサシバ。まだ渡りの時期には早いと思うが、親元を離れた幼鳥だろうが、暫時、裏山に滞在。

ツツドリ そろそろ秋の渡りかと近所の山麓に行ってみたら、一昨年に出来たばかりの池で、オオルリボシヤンマにタカネトンボにネキトンボが産卵しとる。おかげでトンボモードに逆戻り。今年の裏山のトケンは8月にはもう来てたのだが、灰か赤かはっきりせんツツドリも、9月にもまだ滞在していて、ちょいちょい出て来た。

ノビタキ 10月は出無精ながらも、毎年恒例の「四野」を見にお出かけ。でもゴマもジコもスリも撮れず、撮れたのはノビタキだけ。でも串刺しフランクフルトみたいなガマに留まってたのが気に入った。ゴマもジコももううちょい探せばいいんだろうけど、今年もオナガアカネを見たんで、ひょっとしたらイソもおらんかとそっちが気になってしまった。

クロジ 今年は夏鳥はサボっていたけど、毎年のことながら、飽きもせずに近所のお山に見に行くのは4月のコマドリと11月のクロジ。珍しいトリではないけど、季節が変わったと実感できる。ともに背景がサッパリで暗くて止まらんので歩留まりが悪いので、回数行ってしまうことになる。ついでにクロジを待ってると現れるルリビタキとミソサザイのヘビーローテーション。

コハクチョウ 12月も山のクロジと川のカワアイサのヘビーローテーション。出かけたのは湖北くらいだが、1月には飛ぶとこが見られんかったオオワシがその埋め合わせに何度か飛んでくれたのはいいんだけど、コースの読みが甘くてモヒトツの状態。なので、飛んでくれんかったけど、コハクチョウ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/12/2016

今年のトンボ(2016年)

 今年撮ったトンボ。昨年に行った時にはおったのが、今年は見られんというのがあって、昨年より少ないと思ってた。けれど、まとめてみたら、なぜか昨年より多かった。
 今年の夏はトリさんに関しては、例年同じとこに行ったり、どこに何がおると聞いて見に行くというのも、モヒトツおもろないということで、新規の場所を開拓というか、以前に行ったことはあるが違う時期に行ったりしてたのだが、トリはおったけど声ばかりで姿が見られんというのが多かった。でも、ここにこんなのがおったんかとトンボだけ撮ってきたというケースがだいぶあって、それが増えた理由か。
2016年のトンボ モートンイトトンボは、昨年も一昨年も行って、ピロロローンという声だけ聞いたたとこにいた。いた湿地の道路の反対側には笹藪があり、ここにゴイシシジミがいるんで、昨年までは現れるかと見ながら弁当を食ってたんだけど、今年はあまり気にせずにいたら、足許にモートンイトトンボがおるのに気付いた。
2016年のトンボ マルタンヤンマは裏山の池に「昔は採った」という話を聞いてたのだが、夕方の買い物ついでに何んぞ黄昏飛翔しとるかと見に行ったら、今でもおった。昨年も行った南の池にもおった。それで満足してしまって、カトリ君を探さなかったんで、今年は撮ってない。この池は、それまで撮ったことはあるが不満足、というのによく遭遇する。
2016年のトンボ 昨年はサナエちゃんが手薄だったので、今年は、と思ってたにもかかわらず、昨年会えてない春のサナエちゃんはもちろん、クロサナエにも会えず。オジロサナエも近所に確実におるとこにはあるんだけど、トリもおらんとこより、どこかで会えるかと思ってたら、シーズンが終わってた。
 それでも、上流部に行かずともミヤマサナエがおったり、久々にヒメサナエにも逢えた。モイワサナエはアカショウビン、ジュウイチ、ヤマセミの声だけ聞いたとこにおった。周辺に飛んでたウスバシロチョウを追ってたら気付かなかったとこだが、声の主を探しに行ったとこにおった。
2016年のトンボ 今もって正体不明なのが、裏山の湿地におったエゾトンボの類。今年はタカネトンボの産卵はよく見たので、そうじゃないことは確か。薄暗いのでどうにも止まって写らんかったけど、産卵弁が長く見えるんで、ひょっとしたらとは思うんだが、確かじゃないんでここには入れていない。
2016年のトンボ オオキトンボは久しぶりに行ったため池にいた。この池は水を干す頃になると、いろんな水鳥が来るのだが、今年は、時期的にまだ早かったのか、これというトリはおらんかった。ちょい早かったのは、ここにオオキトンボがいると聞いてたんで、いるうちにと思ったから。ところが行った時刻が遅かったためか、留まったままで、たまに移動するだけ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年の蝶(2016年)

 今年撮った蝶。昨年より少ない。元より探しに行って撮ってるわけじゃなく、偶然おったもんを撮ってるわけで、フツーにそこらで見るもんばかり。さらに昨年は見かけた蝶はなるべく撮るようにしてたけれど、今年は「何でも」という感じじゃなかったので減ったようだ。
2016年の蝶
2016年の蝶
2016年の蝶
2016年の蝶 見てみると、ウラナミアカシジミ、ヒオドシチョウ、ヒメアカタテハとか裏山におるのに撮ってない、昨年は撮ったはいいけど何者か調べるのに手間だった、なので避けたわけじゃないけど、セセリチョウやヒョウモンチョウも少ない。
 たまに、そこらの公園で出会う人で、蝶が好きな人、わざわざ蝶を撮りに出かけている人がいるのだが、その人が裏山の池でトンボも撮っている。私がその池で主に撮ってたコバネアオイトトンボ、ハッチョウトンボ、トラフトンボ、フタスジサナエ、マイコアカネあたりは撮らず、目立つとこにおるのだけのようで、興味のありようが違うとこういうもんだろう。なので、その人から見れば、あそこに行ったなら探しゃこんな蝶もおるやろにと思われるんだろう。
 実際、今年、初めて撮った蝶はオオミドリシジミだけ。これも裏山のちょい奥に行った帰り、バスの待ち時間が長いんで、近くの雑木林にヒラヒラするのはなんじゃいな、と思って見に行ったらオオミドリシジミだったし、昨年に初めてコジャノメを撮ったんだけど、ところが、そういうのがいるとわかると、近所にナンボでもおる。暗いとこにおるんでヒメジャノメと思って撮ってなかっただけのようだ。
 ゴイシシジミも、数年前まで「珍しい」と思ってたけど、これは肉食性という蝶が珍しい、日本におるのが1科1種だけというのが珍しいというのを錯覚してただけで、そこらにけっこうフツーにいるようだ。カワイらしいんで、何も撮れん時には、いそうな笹藪を見かけると叩いたりするようになった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/12/2016

今週の野良鳥(12/21〜24)

 近所のあいかわらずのトリだけど、カワアイサとクロジって、好みなわりに撮りにくいので、飽きないで撮ってる。
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser。今日は飛んでくれん、というか飛ぶまで待たんかった。
ジョウビタキ
ジョウビタキ 公園のジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
イカル 公園のイカル、Eophona personata
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。公園のは簡単に撮れるのに、お山のはやっと撮れた。
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。例によって。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/12/2016

今日の野良鳥(12月19日)

 好天3日目、でも今日も昼過ぎまで用事で、帰りに近所の河原を歩いてみただけ。
オナガガモ オナガガモ、Anas acuta。シンクロ・デュエット。
オナガガモ オナガガモのシンクロ・ペア。
コガモ 同じような格好をしてるのがおったけど。
コガモ 見た目はコガモ、Anas crecca。こいつが世間を騒がせて……いないけど、コガモ・オナガガモのハイブリッドちゅうやつなのか。しかし、コガモにしか見えないので、コガモにも逆立ちするのがおるくらいにしか思わんとこ。
カワアイサ
カワアイサ
カワアイサ 今日もカワアイサ、Mergus merganser
カワアイサ 帰りがけ川面を飛んで追いかけてきたカワアイサ、気付いた時には後姿にしかならんと、カメラを構えもしなかったけど、前方で上昇Uターン、慌てて撮ってみた。ここんとこ贔屓にしとるんでお見送りらしい。でも、それなら順光側にUターンするなり、群全部が収まる程度に離れてからすりゃええのに。気が利いてるようで間が抜けとる。
ダイサギ ダイサギ、Ardea alba。コサギもおったけど撮ってない。
オオバン オオバン、Fulica atra。コバンは見なかった。
イカルチドリ
イカルチドリ イカルチドリ、Charadrius placidus。今日、最も目立たんかったやつ。相変わらず追いかけ合いをしてる。
イソシギ イソシギ、Actitis hypoleucos。格好としては、こっちの方が目立たんけど、目立つとこにおる。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

18/12/2016

昨日・今日の野良鳥(12/17・18)

キンクロハジロ キンクロハジロ、Aythya fuligula。昨冬だったか、近所に嘴に白い線の入ったキンクロハジロがいるんで見てくれ、と言われて見に行ったらタダのキンクロハジロだった、同じとこに同じようなのがいた。
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser。先日もおったけど、今日の方が晴れてるんで緑が出るかと思ったら、今度は白トビ。
カワアイサ
カワアイサ 突如、飛び出したカワアイサ。川幅が狭くて近いんで、♂♀が並んでる時には、奥の♀の羽先が切れたり、手前の♂の水に映った影が半端に切れたり。
ミサゴ ミサゴ、Pandion haliaetus。昨日の用事の後に寄った河川敷の送電鉄塔の上で何か食うとった。川の中州で食うてるのは何度か見たことあるが。このあたりの川岸は「ゴルフ練習禁止」という札が立ってて、他に練習場もあるだろうに、中州に向かってゴルフボールを打っては拾って回るというクソビンボくさいおっさんらが土・日にはよく出没するんでそのせいか。
ミサゴ
ミサゴ
ミサゴ 他のミサゴが上空から近づいて来たんで、食べかけの魚を持って、逃げてった。
ノスリ
ノスリ
ノスリ
ノスリ 他の鉄塔にはノスリ、Buteo japonicus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/12/2016

昨日・今日の野良鳥(12/14・15)

 買い物ついでの公園と、午後からの山麓とあいかわらず。公園じゃ爺ちゃんの運動会はやってなかった。先頭のアオゲラが出てこんとか。昨年はエノキとかの高い樹上を移動してたアオゲラだけど、今年は柿やクロガネモチの低いとこを移動してたらしいんで、走って追いかけ回されるのに、早々に嫌気がさしたのか。
 山麓も、山腹の上に大きなエノキの類が数本あって、ヒヨドリ、ツグミ、アオゲラが鷹って賑やかだったのが、前回くらいから静まりかえってる。実が皆、落ちきったのか。落ちた実を拾ってるクロジもいつまでおるやら。
シロハラ 公園のシロハラ、Turdus pallidus
ツグミ ツグミ、Turdus naumanni。公園にはえらい増えてるし、高い樹上から低いとこに移ってる。
イカル
イカル
イカル イカル、Eophona personata。やはり低い樹に移ってる。他にこれといったもんがおらん今日この頃でないと、ゆっくり見ることも少ないトリなんで、これはこれでいいか。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。クロジの群に混じってるのが出てこないんで、公園におるやつは、つい撮ってしまう。
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。またもだけど、すっきりと撮れそうで撮れないこともあって、なんか飽きない。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/12/2016

この3日の野良鳥(12/10〜12)

 土曜は朝から出かけられたのだけど天気がモヒトツ。結局、昼頃に晴れてたんで出かけたり、日曜は用事があってその合間、今日は用事の後でちょっと。そんなわけで近所の様子見。夏の間は特にこれといったトリはおらんでも、虫で遊んでたとこだけど、もうトンボもおらん。
ヨシガモ 夕方近くなると、初夏にはトラフトンボ、夏には黄昏ヤンマを見た池には、ヨシガモ、Anas falcataの団体さん。
カワアイサ
カワアイサ アオサナエやホンサナエを見てた川には、カワアイサ、Mergus merganser。とりあえずは♀。
カワアイサ
カワアイサ ちょっと上流にはカワアイサの♂。先日は遠くを飛んでるのを見てたけど、川幅もないので近い。
カワアイサ
カワアイサ さらに上流にはカワアイサの♂と♀。
イソシギ ついでのイソシギ、Actitis hypoleucos
シロハラ 昨年秋はゴイシシジミがおったりして、その後もムシクイとか見てたとこだけど、そもそも今年はほとんど行ってない。変わらないのは爺ちゃんがアオゲラを先頭に運動会をしているとこ。お山じゃおっても出てこん、すぐ逃げるシロハラ、Turdus pallidusも、ここのはすぐ近くで撮らせてくれる。
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus。やっぱり逃げない。
セグロセキレイ まだキトンボがいるかと行ってみた裏山の池。陽は照ってても寒かったんで見あたらず。オオヤマトンボの背景に写っていた杭の上には、セグロセキレイ、Motacilla grandis。こいつが食ったのかも。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/12/2016

今日の紅葉(12月9日)

紅葉
紅葉
紅葉
紅葉 ほとんど終了。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今週の野良鳥(12/5〜9)

 またまた近場のお山。早起きして朝からだと行くアテもあるけど、用事の合間に数時間だと他に行くアテがない。
ルリビタキ
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurus。いつもの。
ウソ
ウソ ウソ、Pyrrhula pyrrhula。上の方で鳴いてるなと思って、尾根道に行ってみると、はるか下におるという、お山ではよくあるパターン。昨年は11月のうちに目の前におりてきたために、いきなりハードルが上がって、遠いの高いのは撮らんでええと思ってしまったがために、今期どころか今年初遭遇。今回みたいなのがシーズン初だと、もうちょいマトモに撮らにゃ、という気になる。
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。またもお馴染みの成鳥♂。
クロジ 今日、初めて現れた、というか見た、ほとんど成鳥の♂。
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ 4日から見るようになった、若い♂と♀。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

まむしぐさ

マムシグサ かつて、まむ城下の町人たちによって広く栽培されていた植物である。しかし新政府は新しい支配体制を固めるために、旧来の風習を徹底的に弾圧し、栽培していた人たち「まむっ子」を虐殺してまい、栽培は途絶えたかに見えた。しかしながら、栽培法は、密かに一子相伝によって伝えられていたのだ。そして、近年に知られることとなり、脚光をあびているのが、この「まむしぐさ」である。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/12/2016

昨日・今日の野良鳥(12/3・4)

 今日はお昼前に晴れてたんで、昨日は素通りしたいつもの山麓に。でも着いた頃には雲が広がり、えらい薄暗くなってきたんで、クロジだけで退散。
アトリ 昨日のアトリ、Fringilla montifringilla。今期初撮りなんで。
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilis。いつもの♂成鳥。でも、今日は、これまで声だけで姿を見せなかった他の個体も現れた。
クロジ
クロジ 若いクロジ。
クロジ
クロジ ♀のクロジ。やっぱり、最も見たいのは♂成鳥なんだけど、こういうラインナップを見て、今期もクロジを見たという気になる。でも今日は暗すぎ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/12/2016

けふのてふ(12月3日)

 いつもの山麓と思ったけど、せっかくのいい天気なので、谷に籠もるのをやめて、そのまま山の南斜面に。最も期待してた、というかひょっとしたらと思ってたのは7年前に、まともに撮れないまま、再会してないトンボなんだったけど、撮ったのは蝶だけ。
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ ムラサキシジミ。ようけおった。
テングチョウ テングチョウ。
 トリさんは、南側に回ったとたんにソウシチョウの群れがおって、嫌な予感がした通り、こっちゃ側の山麓と同じもんしか見かけず。7年前の時も撮ってないんで、こういう時はあかんのやろ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/12/2016

今日の婆さん(12月2日)

 オオワシ、Haliaeetus pelagicusの「山本山の婆ちゃん」。冬の「年中行事」だけども、昨冬は1回きりで、それも行った時にはお食事が済んでたので、高いとこにに留まってたのを撮っただけ。さて今年はどうかと行ってみた。
オオワシ 行って、さて婆さん、どこにおるかと見たら、ちょうど飛んでた。でも湖岸に出る前にUターン。遠くから戻りだけ撮った。
オオワシ こりゃ、またすぐに飛ぶじゃろと湖岸に向かおうとするも、野田沼の横を歩いてたら、また飛び出す。
オオワシ
オオワシ ところが、湖上に出てはすぐに戻って来た。ここ数年、山麓で待つことをしなくなったんで、久々に山麓からの絵。
オオワシ
オオワシ まだごはんを撮ってないんようなので、また飛ぶじゃろと、湖岸に出て、しばし待つと、こっちゃに向かってやってきた。この絵とこの絵の間くらいがいいのにというコマには、なぜかハイルーフトラックの荷台が写ってた。そして、頭上を通過して湖上に。
オオワシ
オオワシ そして、何も獲らずに尾上沖でUターンし、また頭上を通ってお帰りに。なので正面ばかり。
 けっこう風があって波があるんで、今日のごはんは魚じゃなくトリかも、とオオバンの集まってる尾上に行くことに。
オオワシ
オオワシ ところが、風が止んで並が穏やかになった所で、お出まし。なので、尾上沖には来ずに、片山側の遠いとこで何やら獲ったけど、残念ながら後向き。
オオワシ
オオワシ
オオワシ 撮った鯉を狙って追いかけるセグロカモメをお供にお帰りに。さきほどいてた石川あたりにいた方が近かったんだけど、またも頭上を通過されたり、モロ後ろ向きで魚を獲られるよりもええか、と思うことに。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日の野良鳥(12月2日)

 近所じゃスズメ目ばっかり撮ってるんで、目先を変えにちょっとお出かけ。今日はスズメ目は撮らず。
コハクチョウ コハクチョウ、Cygnus columbianus。ちょいアメリカンなのもおるらしいけど、泥に嘴をつっこんどったりしてたんではわからん。
コハクチョウ
コハクチョウ
コハクチョウ 定番のぱたぱたコハクチョウ。
ミコアイサ ミコアイサ、Mergus albellus。パンダは見られず。
カワアイサ
カワアイサ カワアイサ、Mergus merganser
カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、Podiceps cristatus
ケリ ケリ、Vanellus cinereus。いつもはタゲリがおることが多い田んぼに。
カモメ カモメ、Larus canus

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今日のトンボ(12月2日)

アキアカネ アキアカネがいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/12/2016

今日の野良鳥(12月1日)

 時間もないし、天気も良うないしと、ずいぶんと久しぶりに近所の公園に。イカルが100以上おって、音だけは賑やかなんだけど、これといったもんもおらず。
エナガ エナガ、Aegithalos caudatus
メジロ メジロ、Zosterops japonicus
ジョウビタキ
ジョウビタキ ジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
イカル
イカル イカル、Eophona personata。ようけっても撮れるのはちょっと。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala。お山じゃすぐ隠れるけど、市街地のは撮りやすい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« novembre 2016 | Accueil | janvier 2017 »