« 今年のトンボ(2018年) | Accueil | あけおめ »

31/12/2018

今年の野良鳥(2018年)

 ここ数年とトリを見るのは低調なんで、今年は、と思ったものの、それも春くらいまで。どこどこに何がいるという話を聞いても、ここ数年はすぐに行くということをほとんどしなくなってしまった。なので、今年に初めて撮ったというのは3種だけ。この3種も、以前からちょいちょい行ってた所で、行った時にまだいたから。

アカゲラ 1月は、近頃にしては変わったのも撮っているのだけど、季節感もなく普通に見かけるアカゲラが印象に残っている。というのも、アカゲラが樹の下側に留まってるのを初めて見たから。垂直やナナメはともかく、ここまで重力に逆らっても留まれるというのは、個人的な発見だった。それにしっかり尾羽を樹に付けてる。こういう、しょっちゅう見かけるアタリマエのトリでも新しい発見はある。

キクイタダキ 2月は、お出かけもしたけれど、近所の山麓で見かけたキクイタダキの水浴びを貼っておく。この冬はキクイタダキが多かったけれど、それだけに樹上でチョロチョロしてるのを見かけても、変わり映えせん絵になると思うと、何とか撮るという気力があまり起きずに、撮れたら撮ろかという気で見るが、水浴びに来てくれるとカメラを動かさずに、シャターのタイミングだけに集中できる。

赤い眼の鴨 3月は、例年通りに海辺にお出かけ。近所とは違う種もいるんで、気分がリフレッシュされる。北の方は天気が良すぎで、磯釣りの面々がいて、例年よりは成果は寂しかった。西にズグロカモメを見に行っても頭の黒いのはおらず、久々のツリスガラを撮ったりしてた。南の方では、オオホシハジロが手前の岸辺に来てくれた。それで、ホシハジロ、ウミアイサと、赤い眼が三羽並んで泳いでるとこ。

コガラ 4月は、例年通りコマドリ中心。コマドリを探しに行くと、副産物でやって来た他の夏鳥も見られるし、ムカシトンボやヒメクロサナエもおるから。今年は分散してたというか、いろんなとこにいたんだけど、一日に数を見ることはなく、数羽だけ。近所の山麓でも、例年より寂しい状況だった。見ていると、環境の違いや個体差もあって面白いんだけれど、絵にすると例年と変わり映えがせんので、近くで繁殖していたらしくコガラがちょいちょい現れてくれたんでそっちを貼っておく。

ミソサザイ 5月は、夏鳥をちょいちょい撮ったけれど、むしろトンボを撮る方が多かった。前月にモヒトツだったムカシトンボを撮ろうと行った渓谷では、ちょうどミソサザイが子育て中で、トンボを待ってる前を行ったり来たりしとったんで、お土産を持ってるとこ。

チュウヒ 6月は、撮ったのはほとんどトンボ。トンボだけを撮ろうとしてたわけではなくて、そもそもアカショウビンやトケンがいるんで行くようになったとこで、近所におらんトンボも見かける。でもトリは見るだけ、聞くだけで、撮ったのはトンボということに。そういう環境で過ごせる、というのはそれはそれでいい。さすがに、チュウヒとオオヨシキリを見に行ったとこでは、チュウヒはもう巣立ちしていたけれど、おるにはおったので、それぞれは撮れた。絵は親の方。

コシアカツバメ 7月は天気がモヒトツ。そんなんで、ほとんどトリは撮っていない。お出かけせずに買い物ついでにヤンマの黄昏飛行を見に行った裏山の池で盛んに飛んでたコシアカツバメくらいしか載せるモンがない。

オオアカゲラ 8月はクソ暑かった。なので近所の山麓に行っても、変わり映えせん夏鳥を見に山道を登るよりも、低いとこのオオルリボシヤンマと遊ぶことの方が多かった。ちょい離れた山の方にも行って見たが、ここでも暑さで登る気が失せて、山裾をぶらぶらしてる時に見かけたオオアカゲラを撮ったくらい。

ミゾゴイ 9月は暑さが過ぎると秋雨と台風で、別用で出かけたついでに、と思ったとこでも雨中の外来種が見られたくらいで低調。近所で繁殖しているらしく、声は聞いたことがあるけど見たことのないミゾゴイが市街地の公園におって、夕方近くに寄ってみたら、薄暗いながらも撮れた。いずれ出会うだろうと思って数年、ウレシイというより肩の荷が下りた気分。

ムギマキ 10月は、例年だと秋モノで賑やかなはずだが、タカの渡りは見に行ってないし、草原系のノジコ、ノビタキ、ノゴマはチャンスが少なかった。樹上系もサメビタキ類3種にもほとんど遭わず。ようやく出かけた先でムギマキは見られたけれど、絵としてはモヒトツ。でも遠くて明かりも良くないけど久しぶりの丸見え成鳥♂。

クロジ 11月には冬鳥がやってくるけれど、何か少なめ。そんな中でもカワアイサとクロジだけはちゃんと近所に来てくれた。天気のスッキリせんケースが多いことや、そもそもクロジのおるあたりは暗いので、たいした絵にはならないけれど。

オオワシ 12月は、近所ではカワアイサくらい。クロジを見に行ったとこにはルリビタキやミソサザイも来てるけど、撮ろうと思うような状況じゃなく、見てるだけ。出かけた先でのオオワシは、これまで湖岸にいることが多かったので飛んでるところは撮ってるけれど、お食事中を撮ることはあまりなかった。昨年も12月にオオワシだったけれど。

|

« 今年のトンボ(2018年) | Accueil | あけおめ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 今年の野良鳥(2018年):

« 今年のトンボ(2018年) | Accueil | あけおめ »