« mars 2019 | Accueil | mai 2019 »

30/04/2019

4月の残りモノ

 4月26日に出かけた際に撮ったトンボとか、その他に貼ってなかった残り物。
 今年になって貼ってるトリの傾向がやや変わってる。4月なんぞはコマドリだらけだったのに1枚だけ。別に今年はコマドリが近所にやたらに多くて、誰もが撮ってるんで、あえて逆らってるわけではない。ありていに言えば、1月に膝を痛めたんで山道に行かないから。医者は手術するほどじゃないんで、サポーターでもしとけば治ると言うし、実際3月には山麓あたりには行っていたが、4月に調子に乗って2日ほど山道を歩いたせいか、また傷みが出て、平地ばっかり。
 トリは、少人数で静かに姿勢を低くして見る、と某団体とは反対をココロガケてるんで、トリを撮る際には京劇「扈家荘」の王英みたいな格好で撮ってることも多い。どうもこのスタイルは膝に負担が大きいようだ。
 そんなんで、かえって例年と違うモンを見るチャンスかも知れんとも思ってるのだが。

クロイトトンボ
クロイトトンボ 池ではクロイトトンボが最大勢力になってた。
フタスジサナエ フタスジサナエ初認。
チュウサギ 数は減ったけど、お池のチュウサギ。
ツツドリ 20日頃は鳴き声を聞いたけど、鳴き声を聞かなくなってから、チラッと姿を見せたツツドリ。
アトリ 公園に残ってるアトリ。
イカル ペアで行動してるイカル。
ビンズイ 公園に残ってるビンズイ。
桜 毎年撮ってる山の桜。山裾の樹が昨年の台風で倒れたんで、例年とは違う角度で撮ってみた。
桜 ヤマルリソウ。倒れた樹を伐り出すために、ほとんど草のなくなった崖に残っていた。

| | Commentaires (0)

23/04/2019

今日のトンボとか(4月23日)

クロイトトンボ 今年6種目に見たトンボはクロイトトンボ。
アオモンイトトンボ 一昨日より増えてるアオモンイトトンボ。
ヨツボシトンボ 今年5番目に、一昨日に見たヨツボシトンボ。今日は撮れるとこにいいた。
ミヤマセセリ ミヤマセセリ。
ナミアゲハ ナミアゲハが集団で吸水してた。
ベニスズメ ベニスズメ。
オオスズメバチ オオスズメバチ。女王様とお呼び!!

| | Commentaires (0)

昨日・今日の野良鳥(4/22・23)

キジ トンボを撮ってたら背景に現れたキジ、Phasianus versicolor
ミサゴ トンボを撮ってたら上空に現れたミサゴ、Pandion haliaetus
ツバメ トンボを撮ってたら横で泥を集めてたツバメ、Hirundo rustica
クロツグミ
クロツグミ 公園のクロツグミ、Turdus cardis
キビタキ 公園のキビタキ、Ficedula narcissina
コサメビタキ 公園のコサメビタキ、Muscicapa dauurica

| | Commentaires (0)

21/04/2019

昨日・今日のトンボ(4/20・21)

 例年だとこの時期は、背景のゴチャゴチャしたコマドリがしつこく貼られて、合間にやってきた夏鳥、ということになるのだが、とある事情からなぜかトンボの記事。
オツネントンボ 今年見たトンボ、4種目はオツネントンボ。
オツネントンボ
オツネントンボ 昨年は見なかったオツネントンボの♀。
オツネントンボ 交尾中のオツネントンボ。
オツネントンボ 産卵中のオツネントンボ。抽水植物の組織中に産卵する。
アジアイトトンボ ちなみに今年の3種目は、オツネントンボの直前に見かけたアジアイトトンボ。
アオモンイトトンボ 5種目は、裏山の池のヨツボシトンボだけど貼るような絵はない。そして6種目はアオモンイトトンボ。
アオモンイトトンボ 1種目は、先月に見たシオヤトンボだけど、♂はグレーになってるし、今日は交尾してるのも見かけた。

| | Commentaires (0)

13/04/2019

昨日・今日の野良鳥(4/12・13)

キバシリ
キバシリ
キバシリ 今日はやたらにキバシリ、Certhia familiarisを見た。他にも見たけど、撮ってもしゃーない、という状況ばかり。
コマドリ 昨日はコマドリ、Luscinia akahigeを初認。ここ10年ほどで最も遅い。
2018年4月7日
2017年4月9日
2016年4月8日
2015年4月8日
2014年4月9日
2013年4月10日
2012年4月8日
2011年4月11日
2010年4月8日
 といっても、毎日見に行ってるわけでもないし、単に行くのが遅かっただけという可能性が高く、このトリは天候よりもカレンダー、というパターンなんだろうか。
 この時期にはこのトリというように、スケジュールを消化するようにトリを見るのも何だかなぁ、と思って、この冬はフツーの冬鳥で見てないのも多いけど、その代わりに別のファインディングスがあったりするし、このコマドリのように、毎年、継続して見ててわかることもあるんで、そこらは好みの問題か。

| | Commentaires (0)

11/04/2019

一昨日・今日の野良鳥(4/9・11)

 一昨日は昼間に用事、その前と後に河原にちょっと。昨日は雨。今日も朝は雨でお山には行かずだったけど、昼前に晴れてたんで、お昼ご飯ついでに裏山の池。でも雨上がりの風の強い日に立ち枯れの樹だらけの裏山に入る気にならず、やはり河原によってみた。
キジ 池に白い鷺がいたんで何サギかと見てたら、「ごめんやっしゃ」とも言わずに前を横切ったキジ、Phasianus versicolor。行動までおっさん化しとるのか。
チュウサギ
チュウサギ その鷺はチュウサギ、Ardea intermediaだった。十数羽で嘴や飾り羽にバリエーションがある。
イカルチドリ 先日のイカルチドリ、Charadrius placidusの雛の一週間後。じっとしてるとどこにおるかわからんけど、走り回ってる。
ツバメ ツバメ、Hirundo rustica
ツバメ で、ツバメと桜。九州新幹線のコンビ。
イワツバメ イワツバメ、Delichon dasypus
イワツバメ ついでに、イワツバメと桜。
ノビタキ
ノビタキ
ノビタキ 一昨日の朝、今期初遭遇のノビタキ、Saxicola torquata
ノビタキ 一昨日の夕刻にも、ずっと下流で見かけた。
ノビタキ 今日のノビタキは、風が強く、川面近くで採餌してた。
ノビタキ なので、フライングキャッチを撮ろうとしても、手前の草が被ってしまう。

| | Commentaires (0)

08/04/2019

今日の野良鳥(4月8日)

チュウサギ ツバメの次に撮った夏鳥は、チュウサギ、Ardea intermediaだった。
ツバメ で、ツバメ、Hirundo rustica。止まってる方が撮りやすいけど、オモロナイ。
ニュウナイスズメ ニュウナイスズメ、Passer rutilans。冬鳥だけど、冬に撮る人は少なくて、桜の時期のトリ扱いされてる。
ニュウナイスズメ・カワラヒワ ニュウナイスズメにカワラヒワ、Chloris sinicaも混じってる、そせいかどうかはわからんが、電線と田んぼを往復してばかり。
ニュウナイスズメ やっと桜に行ったけど、花のかたまりに隠れてばかり。ラッパはのぞむべくもなし。
アオジ アオジ、Emberiza spodocephalaが花見をしてた。

| | Commentaires (0)

07/04/2019

今週末の虫(4/5〜7)

ホソミオツネントンボ 今年2種目のトンボはホソミオツネントンボ。まだ青くなってないし、林内にいた。
シオヤトンボ
シオヤトンボ シオヤトンボが増えてる。
コツバメ
コツバメ コツバメ。他に今年に羽化したんでは、ルリシジミやツマキチョウも飛んでたけど、止まるのを待って撮る気もなかった。
ウラギンシジミ ウラギンシジミ。
アカタテハ アカタテハ。

| | Commentaires (0)

06/04/2019

今週の野良鳥とか(4/3〜6)

 あいかわらず用事の合間。近所の山麓にも寄ってみたけど、夏モノはセンダイムシクイとヤブサメが鳴いてたけど、姿は見せず。とりあえずヤブサメの鳴き声を聞けたということで、耳の老化チェックをクリアーできたのでいいか。
コチドリ
コチドリ コチドリ、Charadrius dubius.たぶんディスプレイフライトだろうけど、飛び回ってた。降りてきたら羽根が乱れてる。
エナガ 春の名物、尻尾の曲がったエナガ、Aegithalos caudatus。この角度からじゃ曲がり具合がわからんけど。
エゾビタキ
エゾビタキ せっかく越冬してるんだし、桜にエゾビタキ、Muscicapa griseisticta
シメ 山麓で出てくるのはまだ冬モノ。シメ、Coccothraustes coccothraustes
アオジ アオジ、Emberiza spodocephala
クロジ
クロジ
クロジ
クロジ クロジ、Emberiza variabilisもいる。秋のコマドリと同時期に来て、春のコマドリと同時期にいなくなるのが例年だし。
シマアジ えらい小さいシマアジを売ってた。安かった。養殖では1キロくらいで出荷するらしいけど、途中で選別されたんだろうか。

| | Commentaires (0)

01/04/2019

今日の野良鳥(4月1日)

 小雨がパラつく天気だったけど、晴れてきたのでお昼頃に近所の河原にちょびっと。
ハシビロガモ ハシビロガモ、Anas clypeata
ハシビロガモ ひさしぶりのハシビロガモだけど、以前に見た時にはサブエクリプスだった個体じゃないかと思う。
イカルチドリ
イカルチドリ
イカルチドリ 抱卵していた2組のイカルチドリ、Charadrius placidusの巣は、ともにもぬけのカラ。卵が4個見えてた方は、雛が走り回ってた。親が鳴けば、その下に潜り込むんで、数がわかるのだけど、そういうシーンはなく、複数いることだけは確か。
ツバメ
ツバメ
ツバメ 夏鳥がいるかと行ったんで、夏鳥を撮ってみた。ツバメ、Hirundo rustica。曇りの時に撮るモンじゃないな。
イワツバメ
イワツバメ 同じく、イワツバメ、Delichon dasypus
 イカルチドリの雛を見に行くと、ノビタキやホオアカ、チュウジシギが見られる、というのは4月の中旬に孵った時のハナシだった。

| | Commentaires (0)

« mars 2019 | Accueil | mai 2019 »