« décembre 2020 | Accueil | février 2021 »

15/01/2021

3日、7日、15日

三日とろろ 「三日とろろ」というのは福島あたりの風習だったと思う。半世紀以前に「美味しゅうございました」で知られたけれども、うちらの近所じゃ定着していないようだ。メインはぶりと九条ネギの炒め物。
七草粥 七草粥。旧正月7日なら春の野にいで若菜摘むも可能なんだろうけど、そんな気候でもなし、スーパーで売ってるセットを利用。鶏肉とオイスターソースで中華風玉子粥。
ぜんざい 15日の小豆正月はぜんざい。餅をレンチン、パック入りのぜんざいに入れて、さらにレンチンという手抜き。ただし、餅を食べる前に玄関の鍵を開け、コートや保険証やらをまとめ、手元に携帯電話を置くという手間がいる。

| | Commentaires (0)

14/01/2021

今日の野良鳥(1月14日)

 今年初めて最高気温が2桁の予報だったので、紫外線を浴びに出ることに。ここしばらくは人が疎らということで、山地に行ってたけど、人が多けりゃ帰ればいいやと近所の公園。
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitariusが、近所の家の鬼瓦代わりを務めてた。
ルリビタキ ルリビタキ、Tarsiger cyanurusが右手というか右翼を挙げて挨拶してくれたんで撮ってみた。
ジョウビタキ 人馴れして、ファインダーいっぱいに近づいても逃げんジョウビタキ、Phoenicurus auroreus
マヒワ マヒワ マヒワ マヒワ 昨年末はチラッと見かけただけで撮ってなかったマヒワ、Carduelis spinus
マヒワ マヒワ マヒワ マヒワ マヒワ マヒワ マヒワの水飲み。集団はもっと絞りたいけど、そうするとブレるし悩ましい。じっとしてるとすぐ近くに降りて来るんで、集団全体はおさえきれんけど。
マヒワ 流行りのウィルスみたいな形の実に来てたようだけど、マヒワが実を突いてる絵は撮れなんだ。

| | Commentaires (0)

01/01/2021

あけおめ

お節 一応、市販の総菜を組み合わせた「お節」。海老だけは自分で料理。
 以前に、ミニお節を長方形の陶器のお皿に載せた写真を貼ったら、とあるマダムからスチロールのトレイに載せてると思われたので、今年は円形のお皿。
撫牛 撫牛 神社の「撫牛」。身体の悪い所と同じ部位を撫でると、悪い原因が「移って」良くなるらしい。(古人の感想です。効能を示すものではありません。)でも、抗ウィルス・抗菌加工してあると感染症は移ってくれんのではないのか。
撫牛 「狛牛」ではないんで、阿形吽形で対になってるわけではないが、雌雄で対になってるのはいる。雄の方だけど、この姿勢では、当方の元気のない部位には触れない。
撫牛 こっちは雌。わかりにくいけど子牛が付いている。「撫牛子」というやつか。弘前に行かなくても見られる。
梅 早咲の梅。
蝸牛 ついでに、以前に撮ったけど種がわからずに貼らなかった蝸牛。
天牛 ついでに、昨年とった天牛。なお海牛は撮ったことない。

| | Commentaires (0)

« décembre 2020 | Accueil | février 2021 »