« 柊野 | Accueil | 狐が狸に化けた »

15/02/2021

維新飯を再現してみた

維新めしを再現 大阪では、無症感染者が隔離施設を抜け出して、コンビニだとかお好み焼き屋に行くので困ってるらしい。その隔離施設で出されているという食事を再現してみた。

「身を切る改革」とやらで、医療保健体勢を切った大阪では、食事に関しても「中身を切る改革」をやってるようで「維新めし」と言われてるとか。

 朝飯、総菜パン2個と野菜ジュース、297円
 昼食、牛丼、320円
 夕食、スカスカの弁当。これは市販の鶏肉あぶり焼き弁当、321円から、スカスカ感を出すために、中身を切る改革を実施している。
 以上938円。市販品そのままなんで調理費用とか税は「込み」の価格だ。




 しかし、こんなの毎日食ってたら倒れてしまうんじゃないか、さすが食い倒れ、と思ったんで、実は、実際に食う際にはちょびっと追加をしている。
朝ごはん 朝には、ミニオニオンサラダとバナナとコーヒー。税込み155円。
昼ごはん
 昼には、まず菊菜のゴマ和え。菊菜は50円分、ゴマ和えの元を20円分くらいで税込み75円。もひとつ、豆腐とシイタケのあんかけ。豆腐が30円くらい、シイタケは30円分くらい、で調味料をあわせても税込み90円くらい。
夕ごはん
 夕は、まずトマトと卵のオイスター炒め。調味料をあわせても税込み100円。もひとつ、オクラと海藻となめこの和え物。税込み213円の市販品の半分なので107円。
 一食500円までを目安にしたけど、朝455円、昼485円、夕食528円で、トータル1468円なんで、一応、収まった。

|

« 柊野 | Accueil | 狐が狸に化けた »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




« 柊野 | Accueil | 狐が狸に化けた »