21/04/2017

昨日・今日の蝶・トンボ(4/20・21)

コツバメ コツバメ。こんな状態だと見つからないけど、飛んでると濃い紫がチラチラ見えるんでわかる、それが留まったとこ。
ツマキチョウ
ツマキチョウ
ツマキチョウ
ツマキチョウ ツマキチョウ。昨日は河川敷に大量に飛んでた。
 昨日はナミアゲハ、今日はトラフシジミも初認。撮りにくかったんで撮っとらんけど。
クロイトトンボ
クロイトトンボ 今日は、水辺からへろへろと林の中や樹上に飛んで行くイトトンボを見かけた。水辺に残ってたやつと、近くの桜に留まったやつ。羽化したてじゃ何モノかよーわからんけど、たぶんクロイトトンボ。
アジアイトトンボ たぶんアジアイトトンボの方じゃろ。
ヨツボシトンボ ヨツボシトンボにも今年初遭遇。
シオヤトンボ シオヤトンボはもうグレーになってる。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/04/2017

今日のトンボ(4月19日)

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ ヒメクロサナエ。2種目の今年羽化のとんぼ。羽化したてなんだろうけど、飛び方もたよりなく、翅をちゃんと拡げて留まらん。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/04/2017

今日の裏山(4月15日)

 先週に続き、今週も週末に天気が崩れる。お昼をだいぶ過ぎてから晴れてきたんで、10日ぶりに裏山の様子見。でも、暮れるのがえらい早いなと思ったら、曇ってきてた。そして雷鳴とどろき、にわかの雨あられ。
ヨシガモ まだいるヨシガモ、Anas falcata
アマサギ 今年初遭遇の夏モノ、アマサギ、Bubulcus ibis。大小の鷺がいる隅っこにおった。
オオルリ
オオルリ もひとつ今年初遭遇の夏モノ、オオルリ、Cyanoptila cyanomelana。そこらの樹の間をウロウロしてたけど、見通し悪い。
ルリタテハ ルリつながりで、足許のルリタテハ。
シオヤトンボ
シオヤトンボ トンボは10日前と変わらず、シオヤトンボだけ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/04/2017

今日の蝶・トンボとか(4月5日)

シオヤトンボ
シオヤトンボ
シオヤトンボ シオヤトンボがおった。越冬トンボは既に遭遇してるけど、今年産まれのトンボには初遭遇。朝に羽化したのか、へろへろ飛んでた。
コツバメ 裏山のコツバメ。鹿の食害の影響を受けない、というか、むしろ食害のせいで、やたら目立つようになってる。
ルリシジミ ルリシジミ。越冬中のには既に遭遇してるけど、今年産まれの蝶は、2種まとめて初遭遇。
ルリタテハ これは今日じゃなくて、先日ルリビタキを撮ってたとこにおったルリタテハ。
テングチョウ ちょい以前から、どこに行ってもおるテングチョウ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/03/2017

今日のトンボ(3月30日)

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ 今年初遭遇のとんぼはホソミオツネントンボ。越冬しとったんがフラフラ飛んでたんだろけど。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/01/2017

ヤンマの眼

 以前から気になっていたのがヤンマの眼の写り方だ。年末年始に、昨年に撮った画像を整理したついでに、何が気になってるか、その画像をピックアップしてみた。
ミルンヤンマ 昨年に撮ったミルンヤンマのぶら下がりの胴体部分。左が自然光で撮った♀のぶら下がり、右がカメラ内蔵ストロボ使用の♂のぶら下がりだけど、特に違って写っているのが目玉。
ミルンヤンマ こちらは産卵してる♀。左はそんなに暗くなかったので自然光、右はストロボ使用。自然光でも、確かに眼に多少のグラディエーションがついてはいるけど、右のほど極端じゃない。
ミルンヤンマ それで、以前に自然光で撮った♂を引っ張り出して来たのだが。やはりグラディエーションは付いてるけど、ストロボを使用したほどじゃない。
 実際には眼の表面部分は透明で、それぞれの個眼の奥が写っていて、個眼の方向がが違うため、写る部分がずれてグラディエーションが出来るんだろうと思う。なので、表面で光が反射しているハイライト部分以外は、ストロボ使用の方が「正しく」写っている。けれども、やはり自然光で見ることが圧倒的で、ミルンヤンマって、薄暗いとこにおったり、ぶら下がってるのを逆光で見たりするんで、最初のぶら下がりの左の写真のように見えることも多い。なので、どうしてもストロボ使用した眼の、青やら緑やら黄色やらの強いグラディエーションに違和感を感じてしまう。
カトリヤンマ 別のトンボで、一昨年のカトリヤンマ。やっぱり暗いとのっぺり、ストロボを使うと派手なグラディエーションになっている。なにしろ自然光だと暗すぎで色が出てないんで、ストロボを使わざるを得ないのだけど、やはり見た目と違う「正確」な眼に違和感を感じてしまう。
 この「正確だが違和感」か「見た感じに近い」のどちらかというのが、どうも気になっている。トンボ屋さんが撮った写真を見るとけっこうストロボを使って、目玉のグラディエーションが強い。単に私が違和感を感じるだけで、その方が「正確」だからだろう。
サラサヤンマ サラサヤンマ、明るいとこを飛んでくれるんで、もちろん自然光。眼には自然光で撮ったミルンヤンマの♂に近い模様が付いて写っている。ミルンヤンマの場合もそうだけど、これくらいに写ってくれるのが好きなのだが、明るいとこにいてくれるのばかりじゃない。
マルタンヤンマ こちらはマルタンヤンマ。両方ともグラディエーションがついて写っているんだけど、ストロボ使用の方は胸のコントラストに対し眼のコントラストが強調されてる。だけどハイライトが強い以外は、ミルンヤンマやカトリヤンマの眼ほど違和感がない。ストロボを使うにしても、この程度ならいいんだけど。これは、カメラ内蔵のではなく、マクロ用のレンズの4方向に光源の付いたストロボを使用しているけど、近いっても,50cmくらいは離れてるんで、その効果というわけじゃないんだろう。このストロボでさえ面倒なのに。銀の「傘」まで持っては出られん。
オオルリボシヤンマ やっぱり昼間っから飛んでくれるのがいいということで、オオルリボシヤンマ。昼間っから飛んでるんで、ストロボを使用したことはない。上段は飛翔中の♂、下段は産卵中の♀。斑点があるみたいに見える。ちなみに、左下だけ違った色に写ってるけど、これは黄緑型の♀。腹に青みのないのは、眼にも青みがないのか、単に成熟度なのかはわからん。
ルリボシヤンマ ついでに、昨年は出逢わなかったけど、一昨年に撮ったルリボシヤンマも、同じように斑点模様に見える。
 他のヤンマも斑点が付いたように写ってるのがあるけど、これってヤンマの類の特徴なんだろうか。そして、それは個眼の位置によって色が違ってるのか、それとも、個眼の中の色が一様じゃなく、その見える角度によって複眼に模様が付いて見えるのか、識者のコメントを待とう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

30/12/2016

今年のトンボ(2016年)

 今年撮ったトンボ。昨年に行った時にはおったのが、今年は見られんというのがあって、昨年より少ないと思ってた。けれど、まとめてみたら、なぜか昨年より多かった。
 今年の夏はトリさんに関しては、例年同じとこに行ったり、どこに何がおると聞いて見に行くというのも、モヒトツおもろないということで、新規の場所を開拓というか、以前に行ったことはあるが違う時期に行ったりしてたのだが、トリはおったけど声ばかりで姿が見られんというのが多かった。でも、ここにこんなのがおったんかとトンボだけ撮ってきたというケースがだいぶあって、それが増えた理由か。
2016年のトンボ モートンイトトンボは、昨年も一昨年も行って、ピロロローンという声だけ聞いたたとこにいた。いた湿地の道路の反対側には笹藪があり、ここにゴイシシジミがいるんで、昨年までは現れるかと見ながら弁当を食ってたんだけど、今年はあまり気にせずにいたら、足許にモートンイトトンボがおるのに気付いた。
2016年のトンボ マルタンヤンマは裏山の池に「昔は採った」という話を聞いてたのだが、夕方の買い物ついでに何んぞ黄昏飛翔しとるかと見に行ったら、今でもおった。昨年も行った南の池にもおった。それで満足してしまって、カトリ君を探さなかったんで、今年は撮ってない。この池は、それまで撮ったことはあるが不満足、というのによく遭遇する。
2016年のトンボ 昨年はサナエちゃんが手薄だったので、今年は、と思ってたにもかかわらず、昨年会えてない春のサナエちゃんはもちろん、クロサナエにも会えず。オジロサナエも近所に確実におるとこにはあるんだけど、トリもおらんとこより、どこかで会えるかと思ってたら、シーズンが終わってた。
 それでも、上流部に行かずともミヤマサナエがおったり、久々にヒメサナエにも逢えた。モイワサナエはアカショウビン、ジュウイチ、ヤマセミの声だけ聞いたとこにおった。周辺に飛んでたウスバシロチョウを追ってたら気付かなかったとこだが、声の主を探しに行ったとこにおった。
2016年のトンボ 今もって正体不明なのが、裏山の湿地におったエゾトンボの類。今年はタカネトンボの産卵はよく見たので、そうじゃないことは確か。薄暗いのでどうにも止まって写らんかったけど、産卵弁が長く見えるんで、ひょっとしたらとは思うんだが、確かじゃないんでここには入れていない。
2016年のトンボ オオキトンボは久しぶりに行ったため池にいた。この池は水を干す頃になると、いろんな水鳥が来るのだが、今年は、時期的にまだ早かったのか、これというトリはおらんかった。ちょい早かったのは、ここにオオキトンボがいると聞いてたんで、いるうちにと思ったから。ところが行った時刻が遅かったためか、留まったままで、たまに移動するだけ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/12/2016

今日のトンボ(12月2日)

アキアカネ アキアカネがいた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26/10/2016

今日のトンボ(10月26日)

 用事のついでに、確か前回の米大統領選挙の頃に行ったため池に行ってみた。4年前はトリだけ撮ったけど、今日はトンボだけ。
アキアカネ アキアカネ。
タイリクアカネ タイリクアカネ。留まったきりで、この角度でしか撮れんかった。近所ではたまに見る程度で、名古屋にゃおらんそうだけど、このあたりだと普通にいるようだ。
マユタテアカネ
マユタテアカネ マユタテアカネ。
オオキトンボ
オオキトンボ
オオキトンボ
オオキトンボ
オオキトンボ
オオキトンボ
オオキトンボ 大木凡人……じゃなくて、オオキトンボ。裏山のキトンボだと、午前10時前後には、ホバリングしたりタンデムで飛んだりしてるんだけど、午後には留まったきり。似たような生態なのか、留まってて、たまにちょっと飛んで移動する程度あので、やはり午前中に来るべきのようだ。あっさり見つかったし、動きはないし、撮りたいトリもおらんので、再度、タイリクアカネをと思ったけど、探すと見つからん。雲行きが怪しくなってきたので退散。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/10/2016

今日のみるん(10月19日)

 1昨日と同じとこの用事なので、お昼は山麓に上がってお弁当。でもミルンヤンマの産卵をとったところで曇ってきて、飛んでる♂はブレブレ。
ミルンヤンマ つるにぶら下がってたのがおったけど、撮ってる最中に降りて来て産卵を始めた。
ミルンヤンマ
ミルンヤンマ
ミルンヤンマ
ミルンヤンマ
ミルンヤンマ この時期だと、正午すぎでも産卵、陽が当たるとこにも留まるけど、すぐに移動。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧