30/12/2020

今年のトンボ(2020年)

 今年のトンボは81種見かけたけれど、5種はまともに撮れてはいない。人の多いところは避けたり、長い梅雨や猛暑には出かけていないので、例年よりは少ないはずなんだけど、ちょっと時間が空いた時にでも近所にいて見られのがかなりいるわけで、特に探さなくても何かのついでに出逢うのも含めれば、不調でもこのあたりの數にはおちつく。
 その都度載せてたんで、それぞれえらい小さい画像にしてる。でも私的に「今年のハイライト」という画像を少しセレクトして、クリックしたら大きな絵が出るようにしてみた。
カワトンボ科・アオイトトンボ科 カワトンボ科とアオイトトンボ科は、ほぼ例年通りだけど、オツネントンボは人の多いところを通らないと行けない所でしか見たことなく、また新たに遭遇することもなく、出逢ってない。
グンバイトンボ これまで数度、グンバイトンボを見に行ったけど、見かけることも少なく、まともに撮ってないのが脚のグンバイを拡げて威嚇するシーンがある。今年はたまたま行った日に、水量がやや多く、産卵に適した場所が狭かったので見られた。単に威嚇だけではなく、掴み合いになってるのもいた。
イトトンボ科 イトトンボ科では、近所にいないヒヌマイトトンボが見られず、そこらにフツーにおる他の面々はひととおり見かけている。
ムカシトンボ・ムカシヤンマ・オニヤンマ ムカシトンボは、昨年撮った場所で材木の伐り出しを行ってたし、他で見かけたのも飛び回ってて撮れそうに無かった。ムカシヤンマはサンコウチョウでもおらんかと近所の低山に行くと付きもの。オニヤンマは、産卵を見かけたのがえらい遅い時期だった。
ヤンマ科 夏のヤンマシーズンは長梅雨や猛暑で出かけることが少なく不調で、結局、ぶら下がりは撮りに行けず。なのでネアカヨシヤンマは見られず、マルタンヤンマやカトリヤンマは飛んでるのを見ただけ、ヤブヤンマも産卵に来てた♀を見ただけ。
アオヤンマ アオヤンマ アオヤンマは近所にもおるんで、見かけないということはないのだけれど、抽水植物の間を縫って飛ぶんで、どこかにぶら下がってくれないと撮りにくかった。茂みの中や高い樹上で交尾や産卵をするし、それも撮れなかった。ところが今年は、ちょうど撮りやすいように鹿が抽水植物を食い残した関係で、梅雨に入る前にそこらを一通り撮れた。。
サナエトンボ科 サナエトンボ科では、近所にいるはずのホンサナエやクロサナエに出逢わなかった。近所にいないナゴヤサナエは、出かけずに今年もおあずけ。
ヒラサナエ ヒラサナエ 数年前に♀だけ見かけ、その後ご無沙汰だったヒラサナエは、その場所が裏山の奥ということで、人の多いところを避けるのにも都合良く、捜索に行ってやっと♂に遭遇。どうも以前ろ比べると湿地内の水流が微妙に変わっていたようだ。
ヤマトンボ科・エゾトンボ科 ヤマトンボ科では、昨年に見ただけだったキイロヤマトンボを撮ろうとするも、♂はやはり見ただけで撮れたのは♀だけ、エゾトンボ科は、全般に不調。
コヤマトンボ ヤマトンボ科は、♂はパトロール中を見ることが多いものの、♀は捕食中かぶら下がりを見ることが多く、飛行中は撮れなかったが、産卵していたわけでもないが、コヤマトンボの♀が水上を飛行しているところが撮れた。
トンボ科 トンボ科は例年通り、近所におるのにひととおり遭遇。
シオカラトンボ 交尾しているのを見かけたシオカラトンボの♀が♂色のように見えたのだけど、留まってた場所が悪くて、撮れる角度が限られていたのが残念。
アカネ属 トンボ科のうちアカネ属は、何か例年と違う感じで、いつもいる所で見ないのに、思わぬ所でで見かけるということが多かった。秋の渡り鳥を見に行く湿地で必ず見られたコノシメトンボが見られずに、オオキトンボのついでに見られたり、そこで必ず撮れたタイリクアカネが撮れずに、ナニワトンボのついでに見かけたり。裏山の池のマイコアカネも、これまでは成熟途中の林内で出逢う方が多かったのに、秋も深まってから水辺で見かけたり。結果的には例年並みにはなってる。
コノシメトンボ キトンボ 例年と違った場所で遭遇しているということで、例年は環境のせいで見通せなかったりし、まともに撮れなかったコノシメトンボやキトンボの交尾が、違う場所で遭遇したので撮っている。

| | Commentaires (0)

12/11/2020

今日のトンボとか(11月12日)

 晴れて気温も上がりそうとの予報だったけれど、晴れてきたのは昼を過ぎてから。キトンボの活動時刻も過ぎてたので、ぼちぼち何か水鳥でもと古い方の池に行ってみたけど、ヌシのヨシガモはまだだった。赤トンボは大中小3種がまだいて、サバイバルレース状態。「とか」はこの3日のトリ。
ノシメトンボ
ノシメトンボ 「大」のノシメトンボ。
アキアカネ 「中」のアキアカネ。
マイコアカネ
マイコアカネ
マイコアカネ
マイコアカネ
マイコアカネ 「小」のマイコアカネ。数としては最も多く残ってた。
キンクロハジロ 新しい方の池にはキンクロハジロが来てた。
コガモ 古い方の池は、年中いてるアイガモの他には、コガモのワンペアが浮いてただけ。川では以前から見かけたけど。
ハイタカ 遠くを通ったハイタカ。まだ曇り空。
エナガ 一昨日のエナガ。
メジロ よく柿食うメジロ。
ヤマガラ 昨日の手乗りヤマガラ。

| | Commentaires (0)

08/11/2020

今日のトンボとか(11月8日)

 日曜なので裏山の池は人が多そう、雨上がりなんで林内は足許が悪いだろうと、山際の舗装道路をぶらぶら。草地に出来た水溜まりに数匹のアキアカネが集まってた。
アキアカネ アキアカネ アキアカネ アキアカネ アキアカネ アキアカネ アキアカネ。数組が産卵してた。草地の産卵というの面白いんで撮ってた。
紅葉 紅葉はちょぼちょぼ。ここ数年、一斉に紅葉というのは見られない。

| | Commentaires (0)

03/11/2020

今日のトンボとか(11月3日)

 裏山の池。新しい方の池は人が多く、現れたキトンボもそのままどこかに行ってしまったので、古い方の池に移動。
オオアオイトトンボ オオアオイトトンボ。何か食とる。フツーにどこでもおるトンボだけど、今年は近所では少なかった印象がある。
アキアカネ アキアカネ アキアカネ。夏の避暑地や秋口には、今年は少ないのかと思ってたけど、今は例年並みに残ってる。
ノシメトンボ ノシメトンボ ノシメトンボ。
マユタテアカネ マユタテアカネ。これも例年よりも少なかった印象。でもどこでも見るのは例年通り。
マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネ。この時期になって増えた、というわけではなく、石の上とかに留まるようになって、目立つようになっただけだろう。
マイコアカネ マイコアカネの♀。なぜか今頃初撮り。視力の問題で今まで見つけられんかっただけ。
オシドリ オシドリ 「とか」は一昨日のオシドリ。一昨日は池に着いたら曇ってきたんで、今期、初めて見かけたこれだけ撮って帰ってきた。

| | Commentaires (0)

31/10/2020

今日のトンボとか(10月31日)

 もうヤマビルがおらんと聞いて、裏山の奥地にでもというつもりだったけど、早く起きすぎ、もうちょい寝とこと思ったら、出かけるには手遅れの時刻。それで裏山の池に行っただけ。
アキアカネ 古い方の池のアキアカネ。
アキアカネ アキアカネ アキアカネ 新しい方の池ではアキアカネが交尾、産卵してた。
マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネは白っぽいところにへばりついて、陽を浴びてた。
キトンボ キトンボ キトンボ。ホバリングせんので、シーズンも終わりかと思ってたら、飛び立って♀を捕まえて、飛んでった。
キトンボ キトンボ 交尾体勢のキトンボ。おちつかんようで、道路の手摺やそこらの木の上とか位置を変えながら、行方不明に。
キトンボ キトンボ キトンボ しばらくして戻って来て産卵するキトンボ。途中で離れて♀の単独産卵に移行。
オオタカ 「とか」は池の対岸。

| | Commentaires (0)

29/10/2020

今日のトンボとか(10月29日)

 そろそろトリもと思って、やや上流まで行ってみたけど、結局、余生を過ごす赤トンボを見たくらい。
アキアカネ アキアカネも目立つ茎の先とかにはおらず、白っぽいコンクリートにへばりついてた。
ミヤマアカネ ミヤマアカネ ミヤマアカネもまだいた。やはり、白っぽいとこにへばりついて陽を浴びてる。
オオタカ オオタカ 「とか」。かなりの上空に通りすがりのオオタカ。
ホオジロ エンベリザの声が3種ほどしてたけど、よりによって見られたのは年中おるホオジロだけ。

| | Commentaires (0)

27/10/2020

今日のキトンボとか(10月27日)

 用事で出かけた際に、裏山の新しい方の池。例年、この時期にやたら貼ってるキトンボだけど、いつもの場所に遺棄されたアヒルとその相手をする人がいて、見かけても撮れずだったけど、今日はおらんようで、やっと撮れた。
キトンボ キトンボ キトンボ キトンボ 撮れたといっても用事の時間もあってちょびっと。産卵とかは見られなかったけど、♂が産卵時のような体勢を見せて飛ぶこともあった。
メジロ 近くのカラスザンショを見たらおったのはメジロだけ。
ジョウビタキ ついでにジョウビタキの正面顔。

| | Commentaires (0)

26/10/2020

今日のアカネちゃん(10月26日)

 昨日は好天の日曜だったけど用事。今日の昼には目途もついたし、よう晴れてるしで、裏山の池に。見かけたトンボはアカネ属ばかり。
ナツアカネ ナツアカネ。
リスアカネ リスアカネ。
ノシメトンボ
ノシメトンボ
ノシメトンボ ノシメトンボ。まだようけおる。
アキアカネ アキアカネ。
マイコアカネ
マイコアカネ
マイコアカネ マイコアカネ。そこそこ暖かかったからか飛んでるのもいて、見つけやすく、3カ所で見かけたのはいいけど、いずれも300mmから100mmマクロに交換してる間に姿を消した。
キトンボ 春先にまずシオヤトンボが留まってるのを見かける枯れ木だけど、晩秋の主はキトンボ。

| | Commentaires (0)

24/10/2020

今日のトンボ(10月24日)

 前々回のエントリーと同じとこ。だけど先日は見なかった赤トンボもいた。
アオイトトンボ アオイトトンボ 今日も大勢のアオイトトンボが繁殖活動。
アオモンイトトンボ 先日は貼らんかったけど、アオモンイトトンボもそこそこ飛んでる。
ナツアカネ ナツアカネ。それより、この花は何が気になる。トンボが留まってなかったら気付かんような花。
リスアカネ リスアカネが繋がって飛んで来たけど、風が強くて産卵にはむいてないのか、しばらく葉っぱに留まってた。
ヒメアカネ 先日も見たマユタテアカネかと思ったけど、尻尾の先が違う。顔を見るとヒメアカネのようだ。

| | Commentaires (0)

21/10/2020

今日のトンボとか(10月21日)

 裏山の池に短時間。曇りに時々陽が出る天候で、新しい池で曇ってきたんで、早々に引き上げたら、また晴れてきたんで買い物ついでに古い池。
マユタテアカネ マユタテアカネ。何でか今期は透明翅の♀をよく見てる気がするが、翼端に色づいた♀がいた。
マユタテアカネ 貼ってなかったけど、昨日に見たマユタテアカネの産卵も♀は透明翅だった。
マユタテアカネ 今日のマユタテアカネの♂。白い石の上。
マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネ マイコアカネ。
ホシハジロ ホシハジロが来てた。
アトリ アトリの群れが鳴きながら飛び回ってた。
アトリ キンモクセイ 金木犀が最盛期。

| | Commentaires (0)

より以前の記事一覧