18/02/2018

今日のおこない(2月18日)

ドバト 朝からやたらにドバトの群れが飛んでるんで、オオワシが飛ぶのを待ってる皆さん、何が現れたのかとさかんにあたりを見回してた。
 実はこれ、近所の神社で「おこない」が行われ、人が集まってたのと騒がしいので、そこのドバトが飛び出してたらしい。午後も、神主が掛け持ちで、オオワシの地区の「おこない」だというので、見に行った。
おみやげ いつもは道の駅でお昼を調達するけど、今日はコンビニエンスストアで。ご飯類は売ってないらしいけど、従業員の昼食用かごはんをわけてもらい、適当にお総菜を買う。別にお持ち帰り用に地元の名物も。
 レジのおばちゃんと話し込んでる地元の婆ちゃんに、昔の「おかない」のことを離してくれる。
朝日山神社 「おこない」の行われる神社。
 他所のおまつりに行く時にはご祝儀の一封も持って行くのが普通だが、そうすると直会にまで呼ばれることがある。それは困るので、今日は賽銭だけ。
シロハラ 川道という集落のおこないには観光客も多数来るとかだが、こちらは開始前は閑散としており、石灯籠の前にはシロハラ。境内のカエデにはイカルとアトリもおった。
おこない
おこない 時間が来ると地元の人たちが、集落の各組ごとに語弊と餅と御神酒を持って、鉦を叩きながら集まってくる。
おこない 昔は「まゆだま」というか「花餅」を持って集まったらしいが、その名残か枝に風船だの玩具だの餅をくくりつけて持ってくる組もある。
おこない 神事が行われる。子どもは無関心。
おこない 社務所ではチョコチップクッキーのピラミッドが作られてる。
おこない で、餅撒きが始まる。
おこない 神主も撒く。
おこない 餅の中に「福」と書いた紙が封入されてるのがあり、これを社務所に持って行くとチョコチップクッキーが貰える。
 撒く人には、明らかに他所から来た人にサービスする人もいるらしく、こちらにめがけて飛んできた餅を3個拾ったら、皆。福入りだった。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/02/2018

コロッケとサラダとパン

サラダパンとコロッケ 昨日のお昼というより、お昼はちゃんと食べなかったんで、早めに引き上げた車内のおやつ。サラダパンとコロッケ。
コロッケパンとサラダ で、今日のお昼はコロッケパンとサラダ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/02/2018

今日の野良鳥とか(2月2日)

 夕方でいい用事、というか単なる買い物のために朝から出かけて、途中2カ所に寄り道。トリ待ちの間は電車だの飛行機を撮ってた。
コガモ コガモ、Anas crecca。手前が基亜種、奥が亜種アメリカコガモ、Anas crecca carolinensis
コガモ
コガモ
コガモ アメリカコガモ。先日のオナガガモとの雑種同様に、昨冬からおったのに、ついでがあればと思ってるうちに昨年は春になってしまったんで、やっと見てきた。
チュウヒ
チュウヒ チュウヒ、Circus spilonotus
チュウヒ 阪急9300系とチュウヒ。
チュウヒ 別個体のチュウヒ。
モズ モズ、Lanius bucephalus
イソヒヨドリ イソヒヨドリ、Monticola solitarius
ベニマシコ ベニマシコ、Uragus sibiricus
オオジュリン オオジュリン、Emberiza schoeniclus
737 全日空の737シリーズ「スーパードルフィン」
AS 365 毎日放送のAS365。「シュペルド−ファン」というと思ってたけど、帰ってチェックしたら「ドーファン2」らしい。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

31/01/2018

今日のエクリプス

 月は見えるがほとんど星は見えず、何となく薄明るい空。
月食 月の表面のディテールがほとんど見えない。どうやら欠け始めたようだ。
月食
月食 徐々に欠けていくのは見える。
月食 ここまで来ると残った部分が赤黒く見えるはずなのに全く見えない。
 そして、全く見えなくなった。ゲッ!ショック”。あきらめて寝る。
ハシビロガモ 代わりにハシビロガモのエクリプス。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24/01/2018

今日の野良鳥とか(1月24日)

 今日は先週の宿題とそのついで。
タカサゴクロサギ
タカサゴクロサギ
タカサゴクロサギ
タカサゴクロサギ
タカサゴクロサギ タカサゴクロサギ、Ixobrychus flavicollis。胸の模様は抽水植物に紛れるためだろうし、先週に撮れなかった草の隙間から見える「被りモノ」と、離着陸時じゃない「飛びモノ」を目当てに行ったのだが、やっぱしこんなの。
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク
ヒレンジャク ヒレンジャク、Bombycilla japonica。先週に遠くで見かけたんで、今日は7・8年ぶりのとこに寄ってみた。近年は近所でばかり見てるし、また来るやろとは思うけども、近所じゃヤドリギの実を食ってるのを見ない。やっぱりレンジャクといえばヤドリギということで寄ってみた。で、ヤドリギも写ってるのだけ載せた。
ヒレンジャク ヤドリギは写ってないけど、ヤトリギとヒレンジャクといえば、この糞。中にはヤドリギの種が入ってるし。
寺田屋 オットセイはいなかった。
とら トラはいた。女子高生に愛想を振りまいてた。
かっぱ かっぱもいたでやんす。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/01/2018

ここんとこの飛びモノ

 出かけた際、休憩がてら何ぞ飛ばんかなと座ってた時に飛んだもんとか。トリさんよりもよく飛んでる。タカの渡りとか見る人はシルエットだけで種がわかるようだけど、スポッターじゃないんでプロポーションだけじゃ機種がわからん。
767 レジが読めると何モノかわかりやすい。日航のボーイング767。後継機種が現れ、もう退役が始まってるそうで、いつまで見られるか。
737 わかりやすいのがボーイング737シリーズで、脚が、というかタイヤが見える。大量に生産された機種でローカル線の主役。垂直安定板がチラッと見えてて「ANA」だとわかる。
737 同じく737シリーズ。ティーウェイ航空とスカイマーク。
DHC-8 たまに見かける直線翼機。ボンバルディアDHC-8。右は昨日の河川敷。
747 今では珍しい4発機。それにアタマが膨らんでるんでボーイング747シリーズ。NCAが読めるんで日本貨物航空。
777 これは上を飛んどったんじゃなくて、昨日の河川敷出見かけた。全日空のボーイング777。C3PO塗装。
EC135-P2 ヘリコプターは近いとこを飛ぶんで撮りやすい。ユーロコプター EC 135。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14/01/2018

駅伝をやってた

 昨夜、雪が降ったようで、近所の山の上が白い。それで、上におったトリが麓まで降りてるかもしれんと、陽当たりのよくなるお昼から様子見に出かけた。
 ところが途中の道が交通規制。駅伝をやってるようだ。それで、ついでなんでそっちを見ることに。
駅伝 先導の白バイのおねえさん。往路で撮ろうとしたけど、撮れんかったので、これは復路。
 イベントの先導と言えば騎馬警官が相場なんだけど、さすがにマラソンや駅伝じゃ、白バイのようだ。
 背景の屋根の上には雪。この程度の雪しかないんで青森の人は、また雪があるんで沖縄の人は、それぞれ調子が出なかったんじゃないかな。
駅伝 先導の白バイとランナーをと思ってたけど、中継車だの何だのでゴチャゴチャしてたりで、白バイとトップを入れた絵はダメ。それで上位グループ。
駅伝 走ってるのは知らん人ばっかり。なので、知ってる人の地元かと思って見てた。ピーマンの嫌いな人の出身地とトンボの好きな人のとこ。なお、この2人が知り合った掲示板をやってた内科医の地元。
駅伝 ナニナニ島という県名は日本に4つ。そのうち、福島、広島、徳島。鹿児島がないなと思ったら……。
駅伝 どうやら薩長連合を優先したようだ。で、土佐はと……
駅伝 高知は東京と消耗してた。
駅伝 岩手の人はメガネかけてた。岩手の左は秋田。
駅伝 右が鳥取で、左が島根。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/02/2017

我が凍瘡

 全然トリが出てこなかったのに、2月になって、同じもんばかりでも出てくるようになったこのblog。でも、この2日、トリさんはなし。なぜか土日休日には本来の用事の他の「小商い」が入ることが多いからなんだが。
 もひとつ、金曜あたりから指がむくみだした。グーできない。赤っぽく変色し、かゆみもある。病院に行く前に調べて見たら、どうやら凍瘡ひらたく言えば「しもやけ」らしい。御幼少のみぎりにはなったこともあるかも知れないが、記憶にあるかぎりはなったことがないんで、わからんかった。
 寒風吹きすさぶ河原、雪の山、こういうとこにはスキー用の手袋をしていくんだけど、ここんとこの近所だと、自転車にも乗らんので、安モンのニットの手袋や素手でうろついてたのが原因だろうか。それと小雪がちらついてるのに、塗れたままにしてたのもいかんかったらしい。ともかくも、玉じゃないけど、温湯と水に交互に漬けるといいらしいんで、やってみてる。
 そして、塗れたままというのが良くないらしい。一応、撮影時にはタオルは持って出てるんだけど、コマメに拭くように、ちゃんと乾いた布をモヒトツ持って出ないといかんな。マイン乾布というやつである。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/09/2016

ある砂防ダムのこと

オオルリ 毎年載せている水が落ちる堰でのオオルリの水浴び。ちょいちょい行く近所の山麓にある砂防ダムでの光景だ。
 このあたりの山は高さはそうないものの、山の向こう側や裏山に比べれば、けっこう急傾斜になっている。そして崩れやすい花崗岩が多い。
 この砂防ダムは30年くらい前に出来たようで、かつての地図を見ると、ダムの上には水が溜まり池になっていたようだが、近年ではほとんど砂に埋まってしまい、砂の上に残った浅い流れの周囲には笹藪が出来ていた。
 その藪や周囲の樹林が隠れ場所になって、この細流に鳥が水浴びに来るので、近くて麓の自転車置き場から400m程度という手軽さから、ちょいちょい見に行ってた。砂が石英質なので、陽が反射し、キビタキあたりは胸の黄色が鮮やかで写りがいい。
ノジコ これは、昨年の4月29日、ノジコが水浴びに来た時のもので、笹藪から出て来て、水飲み、水浴びをしていた。
キマダラルリツバメ また、麓には桜並木があるからか、一昨年の7月1日にはキマダラルリツバメが給水に来ていた。

 山間の川の一部なので、春にはヒメクロサナエ、秋にはミルンヤンマが見られる。そして、ダムで樹林が開けて下流側も開けている状況なので、他では暗くて撮りにくいことが多いこれらのトンボが、ダムの上流では普通に撮れる。
ミルンヤンマ 一昨年の9月26日に飛んでいたミルンヤンマ。背景はダムにともなって造られた土留めのコンクリートだけど、苔が付いてる。

 さて、砂防ダムが砂に埋もれてしまっては、その役に立たないわけで、昨年の夏には、溜まった砂がかなり掘り出されてしまった。掘り出された砂は、周囲にナラ枯れ対策で伐られて置かれていた木を埋めるように積まれていた。流れに被さるような笹藪もなくなった。浅い細流が池になったわけである。
 工事の直後に行ってみたけれど、こら鳥はアカンな、という印象だった。来るとしても数は限られるだろうな、という感じで、実際にこの春はそうだった。

キオオルリボシヤンマ ただ、池が出来たためか、工事直後の9月15日には早速オオルリボシヤンマが産卵に来てるのを見かけた。この山でオオルリボシヤンマを見るのは初めて、というか自転車で行けるような近所で見るのも初めてだった。止水がなかったから当然かもしれないが。
ミルンヤンマ 一方、10月3日には、池に流入する流れの朽ち木に産卵するミルンヤンマも見られてるし、今年も、先日は♂がパトロールしていた。途中に池が出来ても、通過してるようだ。

 鳥の方は予想通りで、来ないことはないのだが、池には来なくて、やはり池に注ぐ細流に来る程度で、レフ効果もない。渡りのコマドリは、隠れ場所になっていた場所が砂で埋められたので、この春には見なかった。ノジコも見なかった。けれども両方とも、すぐ近くの別のとこで見たんで、この山麓には来ていたし、そっちで撮ってるんでいいんだけど。そんなんで、この夏は、この砂防ダムには、ほとんど行ってない。

 この砂防ダムから、数十メートル下流で合流する沢がある。その谷は尾根まで200mくらいと短く、そして沢も急で、1mちょいくらいの堰が何箇所かに設けられていて、その堰では、やはりオオルリが水浴びに来たりしていた。沢の両側も急斜面で、樹木も高く薄暗い谷になっていた。
サンコウチョウ 数年前までは、この谷を餌場にしていたサンコウチョウがおった。これは2011年6月6日に撮ったもので、谷の両側が急なために、斜面を上がれば、見上げなくても、そう遠くない距離で見られる。
 なので、時々行ったのだけど、急斜面を登るのがけっこう難儀で、やはり林内は暗いし、鳥がよく樹の陰になるのだけど、足許が良くないために、横に移動するのも容易ではない。
フクロウ 同じく2011年の5月18日に撮ったフクロウだけど、この絵のすぐ右には手前の樹が写っている。暗い、足許が悪い、障害物が多い、ということで、近年は年に1度、行くか行かないかという状況になっていた。
 この谷の出口付近にも一昨年に砂防ダムが造られた。2段になっていて、上部には水が溜まって池に成り、周囲の樹は伐られて、土留めがされている。
 短い谷なので、出口周辺がは開けてしまうと、奥は従来のままなんだけど、伏流水になっていて、鳥が水浴びするような溜まりは見あたらない。

 その新しい砂防ダムの上を何やらトンボが飛んでると気付いたのが、今年の8月23日。ダムの池に上がって見たらオオルリボシヤンマの♂がパトロールしていた。
 その後の状況は、ここんとこに載せてるとおりで、来る鳥はキセキレイくらいだけど、オオルリボシヤンマの他にタカネトンボやネキトンボも来ている
ヤマアカがエル タゴガエルしか見なかった谷だけど、池にはヤマアカがエルも浮かんでた。
 オオルリが来なくなって、オオルリボシヤンマが来るようになったわけだけど、オオルリはいなくなったわけでもなく、他で水浴びしてるだけ。鳥だけなら、面白みは減ったし、トンボ類が定着するかどうかもわからんけど、この2年の局所的な環境変化をけっこう面白がっている。
 大規模なダム工事だと、事前に環境アセスメントが行われたり、事後の環境調査も行われるんだろうけど、小規模の砂防ダムなんで、そんなこともされてないだろう。というわけで、ほんの少数の生物だけにしろ、せっかく前後の状況を見てるんで、個人的な記録。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/05/2016

2020年ロンドン・オリンピック

 今年のオリンピックはブラジルで開催されるそうだ、それが決まる前に、東京在住の知人達と、リオ開催を応援するために、リオオリンピックの招致マークをブログに貼り付けていた。そして、めでたくリオ開催が決定した。
 そして2020年オリンピック。やはりイスタンブール開催を応援するために、そのマークを貼り付けていたのだが、残念ながら開催地には選ばれなかった。
 しかし、ここにきて、2020年のオリンピック開催地として、ロンドンが急浮上しているとのこと。これは支持したいところだが、シンボルマークがない。それで、勝手に2012年の時のマークをアレンジして貼ってみた。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧